【トラッドスタイルのすゝめ】
FASHION

【トラッドスタイルのすゝめ】手持ちアイテムで簡単メイク!

2019/04/23

メンズライクかつ、品がある装いといえば「トラッドスタイル」。でも名前を知っているだけで、いざコーデを考えるとなると難しい…。そんなトラッドスタイルは、意外と身近にあるアイテムたちでメイクできるんです。ワードローブのアイテムを上手に組み合わせて、トラッドスタイルなコーデを楽しんで。

トラッドスタイルとは?

「トラッドスタイル」とは、トラディショナル・スタイル(traditional style)の略で、伝統的なメンズ・スタイルのこと。肌の露出は少なめで、まるで英国紳士のような、ハンサムなのに上品なスタイリングが特徴。トラッドスタイルに取り入れる代表的なアイテムは、ジャケット、トレンチコート、おじパンツ(チノパンなどのメンズライクなパンツ)、レザーシューズ、チェック柄アイテムなど。ワードローブのアイテムも、工夫して着こなせば憧れのトラッドスタイルに早変わり!

トラッドスタイル『5つの鉄板アイテム』でコーデ

まずはトラッドスタイルによく使われる 5つのアイテムの使い方をチェック。あなたのワードローブにも、トラッドスタイルにぴったりなアイテムがきっとあるはず。

トラッドなアウターの代表格「ジャケット」

▼ネイビージャケット×ネイビーパンツ

オフィスカジュアルなコーデにも使えるジャケットは、トラッドなアウターの代表格。同時にネイビー×白×赤のマリンルックも叶えた、春を感じさせる爽やかなトラッドスタイルの完成。

▼ブラウンブレザー×ストレートデニム

ニット×デニムのカジュアルスタイルを、金のボタンが付いたブラウンのブレザーを合わせてクラシカルに格上げ。ピンヒールで女っぽさも忘れない、トラッドとレディの両立コーデ。

「おじパンツ」で作るトラッドスタイル

▼黒ジャケット×チノパンツ

フォーマルにもカジュアルにも着こなせる、おじパンツの代表チノパン。黒ジャケット×チノパン×ローファーのジェントルな装いに、唯一レディなきれい色バッグを投入して、いっそう映えさせたパーフェクトなスタイリング。

▼白トップス×グレースティックパンツ

ゆったりしたシルエットの「スティックパンツ」を使ったトラッドなワンカラーコーデ。コンパクトなキレイめショルダーバッグや、シルバーの華奢アクセサリーを忍ばせて、おじパンツとのメリハリをつけて。

一枚でキマる「トレンチコート」

▼ベージュトレンチコート×カーキパンツ

ハンサムコーデにぴったりのアウター「トレンチコート」は、細身パンツと合わせるだけであっという間にトラッドスタイルに。コルセットベルトとパンツのカラーをリンクさせて、ベージュとカーキをバランス良く共存させたお手本コーデ。

▼ベージュトレンチコート×デニムパンツ

アイボリーに近いトレンチに、白ニットと濃いめデニムを合わせた、寒色系の洗練トラッド。ピンヒールはメインアイテムと近いカラーを合わせれば失敗しない。リップはぽってりした赤を選んで、血色感をプラスして。

「レザーシューズ」でハンサムに

▼トレンチコート×デニムパンツ

コーデをバシッと引き締めてくれるレザーシューズは、最上級にハンサムなアイテム。硬めなジャケットやトレンチはもちろん、甘めアイテムと合わせてもカッコよくキマるから重宝したい。ショート丈のトレンチコートがトレンド感たっぷり。

マニッシュな「チェック柄アイテム」

▼グレンチェックコート×カーキベイカーパンツ

チェックのアイテムは、コーデをグッとマニッシュな印象に変えてくれる魔法のアイテム。ロング丈のコートは、ピンヒールと合わせて足元をスッキリさせて。袖口からのぞくイエローが、コーデが地味見えしない良いアクセントに。

▼ネイビーコート×チェックストレートパンツ

着回しやすいチェックのパンツは、モノトーンコーデに合わせてとことんハンサムに履きこなしても◎。細身だから、オーバーなアウターを羽織ってもだらしなく見えない。グリーンを差し色に入れてノーブルに。

『スカート』を使ったトラッドスタイル

トラッドスタイルの定番ボトムスはパンツ。だからこそ、あえてスカートと合わせると、レディな仕上がりに格上げできる。ジェントルマンな恰好とのギャップを狙いたいときは試してみて。

黒ライダース×チェックフレアスカート

ライダースのハードさを、チェックのフレアスカートで中和。フロントの金ボタンが、ダークトーンのコーデを華やかに盛り上げてくれる。女性らしさとトラッド感が絶妙にマッチしたコーデに。

ベージュトレンチコート×グレーワンピース

べっこう柄のボタンがあしらわれたトレンチは、ハンサムなのにどこか優しい印象。チラッと見えるワンピースの裾、レイヤード風でオシャレ見えするテクニック。ミモレ丈にショートブーツを合わせると、自然と脚長効果も狙える。

トラッドスタイルの『季節別』コーデ

トラッドスタイルは季節を選ばず楽しめるジャンル。特に薄着になる春夏は、ボトムスでトラッド感を意識してみて。

春夏コーデ

▼カーキトレンチコート×デニムパンツ

カーキのトレンチコートに、ライトブルーの切りっぱなしデニムで爽やかなトラッドスタイル。カーキはもともと黄色系の色味だから、レモンイエローのバッグとも相性が良い。

▼ボーダーTシャツ×チノパンツ

ラフなボーダーのTシャツを、ワイドチノパンにタックインした夏のトラッドスタイル。足元にはバレエシューズを投入して、女性らしさをひとさじ加えるのも忘れずに。

▼ネイビートップス×チノワイドパンツ

ネイビー×ベージュの組み合わせは相性が良いから、色のバランスが重要な無地トップス×ボトムスでもまったくケンカしない。バッグはコンパクトなものをチョイスして、シンプルコーデを格上げさせるワンポイント程度に取り入れて。

秋冬コーデ

▼グレーロングコート×黒スキニー

グレーのロングコートを、黒、白でまとめた大人モノトーン。トップスと足元に白を挟んでいるのが、ダークトーンを重ねても暗い印象にならない秘訣。トラッドに着るならロングコートには細身のボトムスを合わせて。

▼チェックジャケット×黒スキニーパンツ

フォーマルにも着られるグレーのチェックジャケットに、存在感のあるTシャツをイン。スニーカーやバッグはキレイめなアイテムを合わせると、上半身のカジュアルさが引き締まってちょうど良い仕上がりに。

▼チェックロングコート×デニムパンツ

タートルネックの肉厚ニットに、グレーのロングチェックコートを合わせて、真冬でも楽しめるトラッドスタイルに。イエローのパンプスとデニムの間にソックスを挟むことで、トップスから足元が寸断された印象にならず上品さをキープできる。

▼チェックロングコート×チノワイドパンツ

インパクトの強い赤ニットを、チェックコートとワイドチノパンでナチュラルに仕上げたコーデ。ロングコートが広がったシルエットだから、ワイドチノをスカートとのレイヤード風に着こなしても◎。

▼紺ブレ×ボーダートップス×カーキパンツ

トラッド感たっぷりの紺ブレ(=紺ブレザー)をチノパン、ポインテッドトゥパンプスと上品にまとめてボーダートップスでハズしたトラッド×カジュアルコーデ。ざっくり編みのバッグを提げて、こなれ感を演出して。

▼ネイビーロングコート×ワイドパンツ

ネイビーを中心にメイクした、マリンなトラッドスタイル。マキシ丈のコートが大人の余裕を感じさせてくれる。大人っぽく仕上げるなら、デニムは圧倒的に濃いカラーがオススメ。

▼ベージュトレンチコート×黒スキニー

飾りがないシンプルなトレンチは、羽織るだけで洗練された印象に。カジュアルコーデに使われがちな太めボーダーのトップスも、エナメルシューズと白靴下と合わせればクラシカルに着こなせる。

▼ブラウンコート×チェックワイドパンツ

こっくりカラーの赤みブラウンコートから、チェックのワイドパンツをのぞかせた大人トラッド。ロングコートにゆるっとしたパンツを合わせるときは、なるべく薄手のものをチョイス&足元には抜け感を加えて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW