「カーディガン肩掛け」コーデ【15選】
FASHION

「カーディガン肩掛け」コーデの今どきバランスは? お手本スタイル【15選】

2019/04/12

さっと肩掛けするだけで、大人の余裕を感じさせてくれるカーディガン。でも、肩掛けの方法次第では一昔前のコーデになってしまうことも……。
今っぽくおしゃれに「カーディガン肩掛け」するテクニックを徹底レクチャーします。着こなしに深みが出るだけでなく、春夏の気温調整にも役立つのでぜひマスターを。

ダサ見えを防ぐコツ

一言で“カーディガンの肩掛け”といっても、その方法はさまざま。より今っぽいこなれ感を演出できるテクニックをマスターして、最旬バランスを作りましょう。

プロデューサー巻きではなく羽織るだけにする

▼黒カーディガン×白タンクトップ×デニム

黒カーディガン×白タンクトップ×デニムのコーデ画像

カーディガンの肩掛けを今どきに仕上げるなら、”羽織るだけ”を徹底するのがベター。袖を通さず、肩に引っ掛ける感じでラフに羽緒って。少し前に流行った”プロデューサー巻き”は、ちょっと古い印象になってしまうので注意!
ミニマルなデニムコーデに、黒のカーディガンをさらっと羽織ってこなれカジュアルに。

▼ベージュカーディガン×小花柄ワンピース

ベージュカーディガン×小花柄ワンピースのコーデ画像

大人可愛いワンピースも、カーディガン肩掛けで今っぽいヌケ感コーデにシフト。プロデューサー巻きにしてしまうと、とたんにやり過ぎ感が出てしまうので、羽織るだけがバランス◎。

ボタンは閉めずに肩掛けするのが今っぽくなる

▼白カーディガン×リブニット×デニム

白カーディガン×リブニット×デニムのコーデ画像

丸首のカーディガンはついつい一番上のボタンを閉めたくなってしまうけれど、そこはぐっと我慢。ボタンを閉めずに肩掛けすることで程よいヌケ感が生まれます。インディゴデニムのキレイめカジュアルを白カーデでクリーンに。

同じトーンの色でまとめる

カーディガン肩掛けの初心者さんは、まずは同じトーンの色でまとめれば簡単におしゃれコーデが完成します。ベーシックカラーを使って大人っぽくまとめると失敗知らずに!

黒のカーディガンを肩掛け

▼黒ロングカーディガン×ボーダートップス×黒スキニー

黒ロングカーディガン×ボーダートップス×黒スキニーのコーデ画像

ロングカーディガンを肩掛けしてモードなスタイリングに。ボーダーカラーとパンツを黒で統一してカーディガンをなじませて。足元は明るいベージュのパンプスでヌケ感を作ると黒コーデも軽く仕上がります。

▼黒カーディガン×黒ノースリーブ×カーキスカート

黒カーディガン×黒ノースリーブ×カーキスカートのコーデ画像

黒のノースリーブに同色のカーディガンを肩掛けして上半身の色を統一すると、お互いが浮かずに自然な仕上がり。チェーンチョーカーで首元にアクセントをつけて。カーキスカートを合わせてこなれ感漂うキレイめスタイルに。

ベージュのカーディガンを肩掛け

次ページ> カラー色で「差し色」
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW