夏のオフィスカジュアルコーデ特集!色使いと工夫で夏を味方に
FASHION

夏のオフィスカジュアルコーデ特集!色使いと工夫で夏を味方に

2020/11/18

できれば肌に何も触れさせたくない暑い夏。蒸し暑い日はできるだけ身軽なコーデにしたいところ。そんな夏でも快適に過ごすために、オフィスカジュアルのポイントとコーデをご紹介します。

夏のオフィスカジュアルの基準とは?

オフィスカジュアルの基準とは?の画像

「オフィスカジュアル」とはフォーマルすぎず、ほどよくカジュアルな、ビジネスの場にふさわしい服装のこと。シャツやブラウスを着用し、ジャケットを羽織るなどきれいめに着崩したスタイルが基本です。

オフィスカジュアルのポイント

  1. 清潔感があるかどうか
  2. 通気性がよいかどうか
  3. ベーシックカラーを基準に
  4. 過度な露出を避ける
  5. ジーンズ・スニーカーは避ける

▼清潔感があるかどうか

清潔感があるかどうかのイメージ画像

夏のオフィスで気になるのは身なりの清潔感。汗を多くかく季節だからこそ、クリーンな印象を大事にしたコーデを心がけて。

▼通気性があるかどうか

通気性があるかどうかのイメージ画像

衣服が汗でべたつくのは気分がよくないもの。なるべく通気性に優れたアイテムを選ぶのが、夏のオフィスコーデを爽やかにメイクするコツ。

▼ベーシックカラーを基準

ベーシックカラーを基準のイメージ画像

華美な印象は避けたいオフィスコーデでは、ベーシックカラーを基準にするのが◎。シンプルなカラーで知的に決めて。

▼過度な露出を避ける

過度な露出を避けるのイメージ画像

あくまでお仕事の場でのコーデなので、過度な露出はしないのがベター。素材や色で爽やかさを取り入れることを意識して。

▼ジーンズ・スニーカーは避ける

ジーンズ・スニーカーは避けるのイメージ画像

オフィスカジュアルでのジーンズやスニーカーはNG。きれいめアイテムを選んで。

【パンツ】でクールにコーデメイク

スタイリッシュなコーデをするなら、断然【パンツ】がおすすめ。好みのシルエットを選んでオフィスカジュアルを楽しんで。

スラックス

▼クロップドスラックス×スキッパーシャツ

黒のスラックスとスキッパーシャツを合わせたコーデですっきりと。スタイリッシュな印象を与えたいときはスラックスがおすすめ。

▼白のスラックス×レーストップス

白のスラックス×レーストップスのコーデ画像

白のスラックスとレーストップスを合わせたコーデで品よく決めて。深いブラウンカラーの組み合わせがコーデ全体に優しい印象をプラス。

ワイドパンツ

▼ネイビーのワイドパンツ×フレンチスリーブブラウス

ネイビーのワイドパンツ×フレンチスリーブブラウスのコーデ画像

フレンチスリーブブラウスは、品よく女性らしい華奢なラインを演出できるトップス。ワイドパンツとサンダルはネイビーでまとめると、夏にふさわしい爽やかなオフィススタイルに。

▼黒のワイドパンツ×バイカラーブラウス

黒のワイドパンツ×バイカラーブラウスのコーデ画像

おしゃれ指数度がぐっと上がるサーモンピンクと黒のバイカラーブラウス。ボトムスは、黒のワイドパンツでつなげて統一感ときちんと感をゲット。

【スカート】で可憐にコーデメイク

【スカート】スタイルなら、オフィスコーデもかわいく決まる。丈感や色で自分らしいコーデを作って。

フレアスカート

▼黒フレアスカート×サマーニット

黒のフレアスカートと白のトップスの組み合わせは、大人の品格漂う着こなし。動くたびに揺れるフレアスカートにパンプスを合わせれば、よりエレガントなオフィスカジュアルに。

▼キャメルフレアスカート×白のリブニット

キャメルフレアスカート×白のリブニットのコーデ画像

キャメルのフレアスカートとボートネックのリブニットの正統派な着こなしは、オフィスカジュアルにぴったり。好感度抜群な装いは、プレーンな黒のパンプスでさらに上品に仕上げて。

タイトスカート

▼レーススカート×Vネックトップス

ブルーのタイトスカートとVネックトップスを合わせたコーデは涼しげな雰囲気。ネイビーのトップスとブルーのタイトスカートで作ったグラデーションが爽やか。

▼ベージュのタイトスカート×タックブラウス

ベージュのタイトスカート×タックブラウスのコーデ画像

ベージュのタイトスカートとブラウスを合わせてきれいなシルエットをゲット。明度の高いベーシックカラーでまとめれば、華やかかつ落ち着いた大人コーデが完成。

【トップス】に迷ったら?定番アイテム集

夏のオフィスカジュアルに活躍してくれるトップスをご紹介。程よい露出で暑い日も快適にコーディネートできること間違いなし。

「ブラウス」

「ブラウス」のイメージ画像

白のブラウスは着回し力抜群! 何にでもマッチするので、一枚ワードローブにあると便利。黒のスラックスと合わせて、清潔感のあるベーシックなオフィスカジュアルスタイルが完成。

「きれいめノースリーブ」

ベージュのテーパードパンツに白のノースリーブニットを合わせて、女性らしいやわらかな大人っぽさを薫らせて。トップスの露出が多い分、ボトムスで抑えることで、ほどよいバランスをキープ。

「Vネックニット」

「Vネックニット」のイメージ画像

Vネックニットとタイトスカートを合わせれば、糖度の高い上品な大人のオフィスカジュアルに。Vネックは、一枚でコーデにきちんと感をプラスできる万能アイテム。

「カシュクール」

「カシュクール」のイメージ画像

オフィスカジュアルにトレンド感を取り入れるなら、カシュクールがおすすめ。デザイン性の高いカシュクールトップスをさらりと着こなして、さりげなくまわりと差をつけて。

温度調整しやすい【カーディガン】はオフィスで重宝!

カーディガンは、エアコンの効いた夏の屋内ではマストなアイテム。さらに、羽織るだけでなくトップスとしても活用できるので、一枚あれば夏のオフィスカジュアルコーデの幅が広がること間違いなし。

アンサンブルスタイル

アンサンブルスタイルのイメージ画像

肌寒い日は、プルオーバー×カーディガンのアンサンブルスタイルが安心。濃淡の違う白を組み合わせた、のっぺりしない立体感のあるオールホワイトコーデ。

カーディガンを肩掛け

ノースリーブ×ロングスカートにカーディガンを羽織れば、エレガントな印象に。温度調節したいときはもちろん、露出を控えたいときにも便利。

オフィスでは【足元】にもきちんと感をプラス

足元は、コーデの印象を左右する重要なポイント。ボトムスとの組み合わせで、きちんと感がありながらも夏らしい足元にチェンジしてみて。

「パンプス」を合わせる

▼スラックス×パンプス

上品でシンプルに仕上げたいときには、パンプスでスタイリングしてみて。すっきりとした細身のスラックスにパンプスを合わせることで、脚長効果抜群。

▼ワイドパンツ×Vネックニット

ワイドパンツ×Vネックニットのコーデ画像

ブラウン×ネイビーのディープカラーの組み合わせは、一歩間違えるとヤボったい印象に。黒のパンプスできちんと感をプラスして、オフィスカジュアルに必要な清潔感をまとって。

「ローファー」を合わせる

▼スラックス×ローファー

スラックス×ローファーのコーデ画像

カジュアルなTシャツを、ジャケットとローファーでオフィススタイルへシフト。全身をニュートラルカラーで統一すると落ち着いた表情に。

▼スカート×ローファー

ブラウスとプリーツスカートにローファーを合わせれば、仕事帰りも充実した時間になりそう。靴下とローファーを合わせることで、コーデをクラスアップ。

「バレエシューズ」を合わせる

▼リボンブラウス×花柄のプリーツスカート

リボンブラウス×花柄のプリーツスカートのコーデ画像

リボンブラウスと花柄のプリーツスカートにバレエシューズを合わせたフェミニンなコーデ。ヒールがなくても、メタリックカラーのバレエシューズなら上品な印象に。

▼ワイドパンツ×バレエシューズ

ワイドパンツ×バレエシューズのコーデ画像

ゆったりしたいときには、カットソーとワイドパンツのスタイリングにバレエシューズをON。足元とバッグの色を黒でそろえて、白×水色の淡いカラーコーデをしっかり引き締めて。

▼プリーツスカート×バレエシューズ

ノースリーブトップスとプリーツスカートの組み合わせに、バレエシューズでアクセントをつけて楽しんで。ダークトーンでまとめたコーデには、明るい色で差し色を。

【配色】で上品さと清潔感のある印象に

色使いでコーデの印象をメイク。夏らしい爽やかな印象から上品でエレガントな印象まで思いのままに。

ホワイト×ホワイト

トップスもボトムスも白でまとめたオフィスカジュアルコーデ。足元にブルーを取り入れることで、より爽やかな夏らしいオフィスカジュアルに。

ホワイト×くすみブルー

白のトップスとくすみブルーのタイトスカートの組み合わせは、爽やかなだけでなく上品な印象を与えてくれる。ベージュのバッグでやわらかさをプラスするとGOOD。

黒×くすみパープル

黒×くすみパープルのコーデ画像

黒のカットソーにくすみパープルのテーパードパンツで、彩りをON。シルバー×スクエアトゥのトレンドたっぷりのバレエシューズで、即旬顔に。

【年代別】コーデ見本集

ここでは20代、30代のおすすめコーデをご紹介。年齢に合わせたスタイリングも、オフィスカジュアルの大事なポイント。かっこいい大人女子を演出して。

20代

▼パンツスタイル

ワイドパンツとゆるめのスキッパーシャツでスタイリングしたゆったりコーデも、ネイビーと白で仕上げればしっかりオフィス仕様に。たまには力を抜いた、こんなきれいめコーデもいかが?

▼スカートスタイル

オールホワイトの可憐なコーデは、ブラウスとスカートをセットアップ風に着こなすのが◎。20代のみずみずしさを存分にアピールして。

30代

▼パンツスタイル

ストライプのとろみシャツを黒のテーパードパンツにタックインした、涼しげなスッキリスタイリング。ヒール高めのパンプスを合わせれば、女性らしさもアップ。

▼スカートスタイル

華やかなレーススカートに、ジャケットを羽織るだけで、ガラッと「デキる女」の雰囲気に。ヒール高めのパンプスとミニマルなハンドバッグで、とことんかっこよく決めて。

【ジーユー・ユニクロ】プチプラアイテムコーデ

使用頻度の高いオフィス用のアイテムは、洗い替えや着回しのことを考えるとプチプラアイテムを取り入れたいところ。【ジーユー】や【ユニクロ】のお手軽で高品質なアイテムで、毎日のオフィスコーデを彩って。

【ジーユー(GU)】

上品なギンガムチェックのタックフレアスカートは、黒のパフスリーブブラウスと合わせて可憐なオフィスコーデに。フェミニンなアイテムもモノトーンカラーなら、しっとりまとまる。

【ユニクロ(UNIQLO)】

シンプルなグレーのTシャツも、ウエストリボンのハイウエストパンツと合わせればスタイリッシュに様変わり。ハイヒールを履けば、脚長効果がさらにアップ。

【ピックアップ!】オフィスカジュアルにおすすめのブランド

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW