チュニックコーデ【21選】
FASHION

チュニックコーデ【21選】失敗しない着こなし方は?

2019/03/12

素材・色・形によってまったく違う表情を見せてくれるチュニック。レディースファッションの中でも長く親しまれているアイテムのひとつです。しかし名前はよく聞くものの『チュニックってどんなアイテム?』と、あまり詳しくは知らない人も多いのではないしょうか?
今回は、そんなチュニックの正体と明日から使える大人かわい着こなし術をご紹介します!

チュニックとは何?

チュニックの語源はラテン語で「下着」を意味する「チュニカ」から派生したもの。
一般的には腰~膝丈程度のトップスのことを指し、胸元あたりからAラインに広がったデザインがイメージとして定着しています。しかし、近頃では様々な素材や型で作られているので、組み合わせ次第でいろいろ着回せるのもチュニックの良いところ♡

チュニックとはの画像

チュニック・ブラウス・ワンピースの違いは?

チュニックとなかなか見分けがつかないのが「ブラウス」と「ワンピース」。それぞれアイテム同士の共通点もあり『一体何が違うの?』と疑問を感じたこともあるのではないでしょうか。注目するポイントは丈の違い!
まずは、他アイテムとチュニックの違いについて解説していきます。

チュニックとブラウスの違い

チュニックとブラウスの違いの画像

一見、見た目にほとんど変わりがないチュニックとブラウス。
通常のブラウスは「腰辺り」までの長さなのに対し、チュニックは「膝上丈」のデザインが主流
カジュアルな印象に仕上げたい時や、今っぽいルーズな装いにしたい時はゆるいシルエットのチュニックが適役。

チュニックとワンピースの違い

チュニックとワンピースの違いの画像

似ているようで、大きな違いがあるチュニックとワンピース。
チュニックは「ボトム合わせが必須」なのに対して、ワンピースは「一枚で着れる」アイテム。
近頃の長め丈チュニックにはサイドスリットが施されているものも多く、大人女子から人気が高いワイドパンツなどとも相性◎。

チュニック×ボトムのコーディネート

特徴的なデザインが多いチュニックは一点投入するだけでこなれ感を演出できる優れモノ。その一方で、長め丈に作られていることから上下のバランスが気になりますよね……。そんなアナタにボトム別チュニックコーデを徹底解説!これを読んで、意外と知らないチュニックのスタイリングテクニックをぜひマスターして。

チュニック×パンツ

▼黒スキニーパンツ×チュニック

黒スキニーパンツ×チュニックのコーデ画像

動くたびにふわっと揺れるチュニックは、アシンメトリーの裾が女心をくすぐる一枚。歩くたびに揺れる広がりを際立たせるために、ボトムは黒スキニーですっきりメリハリをつけて。小物を差し色で統一すると、まとまりのあるスタイルに。

▼ワイドパンツ×チュニック

ワイドパンツ×チュニックのコーデ画像

ゆったりしたリラックススタイルが叶うのもチュニックの良い点。トレンドのワイドパンツ合わせでラクな大人コーデを完成させて。オーバーサイズ同士の組み合わせなので、ウエストマークで女性らしいラインを意識すると好ポイント。

▼ショートパンツ×チュニック

ショートパンツ×チュニックのコーデ画像

カジュアルなイメージが強いチノ生地のショートパンツ&スニーカーの組み合わせは、黒のベルスリーブチュニックでやんちゃ感を抑え気味に。大人女子が着るからこそ絶妙なバランスを是非お手本に!

チュニック×スカート

▼タイトスカート×チュニック

タイトスカート×チュニックのコーデ画像

タイトスカートで美シルエットを意識しつつ、襟元に抜け感のあるシャツモチーフチュニックで甘さ控えめなスタイルを仕上げて。シャツ×タイトスカートのきれいめアイテム同士でも、足元のスニーカーで程良くカジュアルダウンすると親しみのあるスタイルに。

▼フレアスカート×チュニック

フレアスカート×チュニックのコーデ画像

プリントシャツチュニックを主役に変形スカートやスニーカーを合わせた個性派スタイル。一見難易度が高そうなアイテム合わせでも、白と黒で全体をまとめることでぐっとハードルが低くなり挑戦しやすくなるのでおすすめ♡

▼ロングスカート×チュニック

ロングスカート×チュニックのコーデ画像

季節問わず大人女子からの人気が高いマキシ丈スカートコーデ。トップスをシンプルなものからチュニックに変更するだけで簡単におしゃれ見せが実現。特徴的なファーバッグも、スカートのカラーと統一することで違和感なくコーデに馴染ませることができる上級者テクニック。

世代別チュニックコーディネート

カラーや組み合わせるアイテムによって、与える印象をガラリと変えられるチュニック。可愛い系から大人めまで幅広いバリエーションを楽しむことができコーデのマンネリ化を防ぐことも♡ここからは印象別にスタイリングを大公開!アナタにぴったり合うチュニックの着こなし方を見つけてみて。

甘めなガーリースタイル(20代~)

▼ピンクのふんわりシルエット♡

ピンクのふんわりシルエットチュニックのコーデ画像

女子会やデートに大活躍しそうなピンクのチュニックは、白レースのタイトスカートでとびっきり甘さを際立たせて。ボトムをすっきりさせることで、ふんわりひらひら揺れる裾を活かせるのでとことんガーリーに仕上げたコーディネートを楽しみましょう♡

▼薄色デニム合わせで甘めカジュアルに

薄色デニム合わせで甘めカジュアルしたチュニックのコーデ画像

ちらっと肩見せがかわいいオフショルチュニックは、フェミニンなグレーで甘さ残しつつ薄色デニムでジュアルダウンを。ヘアアクセやカゴバック、バレエシューズなどの女子アイテムとも相性◎な春のお出かけスタイルが完成!

大人カジュアル~MINE世代(20代後半~30代前半)

▼ニットチュニックでトレンドのルーズさを

ニットチュニックでトレンドのルーズさを出した画像

甘さが苦手な人はニットチュニックでカジュアルに。すとんと落ちる形なのでボディラインをすっきり見せながらもリラックス感を兼ね備えた優秀アイテム。ニットパンツやウッドアクセで今顔スタイルに。

▼ノースリとAラインの絶妙なバランス

ノースリとAラインのチュニックのコーデ画像

Aラインを大人に着こなすならシンプルに一枚がベスト。目を惹くイエローチュニックも黒スキニー合わせでコーデ全体落ち着かせればワードローブに取り入れやすいアイテムに。

クールなレディスタイル(30代後半~40代)

▼花柄をスタイリッシュに

花柄のチュニックのコーデ画像

大胆な花柄チュニックは、清潔感のある白のワイドパンツで洗練された印象に。やわらかいシルエットはそのままに、大人の女性らしい落ち着きを漂わせるなら色はネイビーベースを選ぶのが正解。レディな雰囲気に馴染むように足元はスキンカラーに近いベージュのパンプスを選ぶと美脚効果アリ。

▼オールブラックで失敗知らずコーデ

チュニックのオールブラックコーデ画像

ゆるい形がカジュアルに見えがちな長めのチュニックも、黒の引き締め効果を取リ入れるだけですきり大人コーデに転換。腰から膝上にかけて広がる生地は、動きを出してくれるだけでなく体型カバーの役目も果たす嬉しいポイントに。ウエストマークでさらにスタイルUP効果も期待。

季節別チュニックコーデ

どんなボトムとも合わせやすく、様々な印象に変えて着ることが出来る万能アイテム・チュニック。春夏さらっと着ることもできれば、秋冬にニットの下に忍ばせることも!いろんな着方を楽しんでオールシーズン、チュニックを大活躍させちゃいましょう♡

春夏コーデ

▼春らしいシフォン生地で軽さを出して

春らしいシフォン生地のチュニックのコーデ画像

春らしいくすみピンクが心惹かれるチュニック。儚げなふんわりとしたデザインなので、ニットパンツやスニーカーで合わせると今っぽ大人カジュアルスタイルに早変わり!

▼落ち着きのある夏の大人スタイル

カーキのチュニック

街中に鮮やかなカラーが増える夏。大人の余裕を漂わせるなら、おしゃれカラーとして名高いカーキをチュニックで取り入れて。黒ほど重たくならないダークトーンを選ぶのがおしゃれ見えの必須ポイント。ホワイトデニム×サンダルで爽やかさも忘れずに!

秋冬コーデ

▼あえて重めに仕上げる秋スタイル

黒チュニックのコーデ画像

ニットやコートなど重量感のあるアイテムが登場する秋。黒チュニックと長めタイトスカートで
あえて全体を重ためにつくると季節感のあるおしゃれスタイルに。ハリのある生地で上品さを高めながら、ゆとりのあるサイズ感で体型カバーの役割も!

▼冬はロングコートが好相性

ロングコート×チュニックのコーデ画像

通常のトップスよりも長さがあるチュニックは合わせるアウターに迷いがち……。ウエストで絞られていたり裾に向かって広がりがあるデザインが多いチュニックは、ショート丈のアウターを合わせてしまうと着ぶくれの原因に!ロングコートで覆ってしまうのが冬のスタイリングを失敗しないコツ。

こんな着まわし方も!チュニックの応用法

チュニックをインナーとして活用

チュニックをインナーとして活用した画像

一枚で着るイメージが定着しているチュニック。ニットの下に忍ばせて、裾をちらっと覗かせるだけで一気にこなれた着こなしに。シンプルでなにか物足りないと感じるときは、アクセントとして是非取り入れてみて!

メンズトップスをチュニックに

メンズトップスをチュニックした画像

メンズTシャツをベルトで締めてチュニックとして活用!レディースの作りとは違うオーバーサイズ感がひと味違う着こなし演出。パンツ×スニーカーで思いっきりメンズライクに振るのも良いし、タイトスカートやヒールにチェンジして女性らしさをプラスするのも良し♡

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW