夏の「レギンス」コーデ21選
FASHION

夏はタイツを卒業!「レギンス」でおしゃれ&涼しげに【コーデ21選】

2019/03/06

夏の足元レイヤードは、タイツ? それともレギンス?? おしゃれで涼しげなコーデが作れるレギンスが正解! とはいっても、冬の間タイツに慣れてしまってレギンスの使い方が難しい……という声も。
そこで、おしゃれなレギンスコーデの作り方をご紹介。ぜひ、参考にしてみて。

夏でもタイツを履きたいけど暑い!それならレギンスにしてみては?

タイツは脚のラインをカバーしてくれるので、できれば夏も履きたいけれど、暑さや蒸れは避けて通れません……。
だからこそ、夏は「レギンス」が大活躍。夏に「レギンス」を投入するメリットを要チェック!

足先の風通しがいいのでレギンスの方が夏でも過ごしやすい

足先の風通しがいいのでレギンスの画像

足首丈のレギンスは、一番汗をかきやすいと言われる足裏の風通しがよく、夏でも快適に過ごせます。風通しが良いだけで、タイツの何倍も涼しく感じるはず!

タイツだと見た目が暑苦しいけどレギンスなら軽いコーデに

レギンスのタイツに比べ見た目が軽いコーデ画像

足全体を覆うタイツは、どうしても下半身が重く暑苦しい印象に。一方レギンスなら、素肌を見せることで重さを回避。ふくらはぎなど、隠したい部分はしっかり引き締めつつ、細い足首から素肌見せすることでスタイルアップも◎!

薄い色のタイツは抵抗あるけどレギンスならオシャレ見え

薄い色のレギンスの画像

白やベージュなど薄い色のタイツはコーデに取り入れるのはなかなか難しいですが、レギンスならパンツ感覚で使いやすく、さらにオシャレ見えが叶う! レギンスを明るい色にすると、コーデ全体が爽やかにシフト。

夏のカラー別レギンスコーデ

レギンスのメリットを押さえたら、さっそくコーデに取り入れたい! まずは、定番の”グレー・ブラック・ベージュ”の3色から始めてみて。
おしゃれさんのお手本コーデから、着こなしバランスをレクチャー。

グレー

▼黒ビッグTシャツ×グレーレギンス

黒ビッグTシャツ×グレーレギンスのコーデ画像

グレーレギンスは、モノトーンカジュアルにヌケ感を作るのにとっても便利。重くなりがちな黒ビッグTシャツにグレーレギンスを合わせれば、下半身が軽く仕上がり夏でも涼しげ。レギンス以外を黒で統一して大人っぽく仕上げて。

▼オレンジワンピース×グレーレギンス

オレンジワンピース×グレーレギンスのコーデ画像

ニュートラルなグレーは、目を惹く派手カラーとも相性バッチリ。オレンジワンピースにグレーレギンスを忍ばせて、リゾートテイストのワンピースをタウン仕様に。なじみの良いシルバーサンダルで足元を繋げて。

ブラック

▼ブラウンTシャツ×ブラックレギンス

ブラウンTシャツ×ブラックレギンスのコーデ画像

ブラックレギンスは、引き締め効果No.1! 脚を細く見せてくれる効果が◎なので、スキニーパンツ感覚で取り入れてみて。長め丈のTシャツで腰まわりをカバーすれば、トレンドのゆる×ピタシルエットに。

▼ベージュワンピース×ブラックレギンス

ベージュワンピース×ブラックレギンスのコーデ画像

レディなティアードワンピースに、カジュアルな外しとしてブラックレギンスを使うのもオシャレ! スキニーパンツよりも軽い履き心地で、タイツより断然涼しくトレンドのレイヤードコーデが楽しめます。

ベージュ

▼白ビッグTシャツ×ベージュレギンス

白ビッグTシャツ×ベージュレギンスのコーデ画像

ベージュレギンスは、今どきのリラックスカジュアルに欠かせない存在。白のビッグTシャツ×ベージュレギンスの淡いカラーコーデを黒小物で引き締めて大人カジュアルに。

▼黒ワンピース×ベージュレギンス

黒ワンピース×ベージュレギンスのコーデ画像

黒のカットソーワンピースは、ベージュレギンスを合わせればリラックス感漂う仕上がりに。ブラウンサンダルで、足元にナチュラルなグラデーションを作ってパーフェクトな装いが完成。

「柄・色物・ワンピース」×「レギンス」で夏でも涼しげにアレンジ

定番カラーのレギンスを覚えたら、次は柄やカラーアイテムと組み合わせて涼しげな夏コーデを作ってみて。
夏らしい柄や色を取り入れるだけで、季節感がアップして気分も高まるはず!

花柄ワンピース

▼花柄ワンピース×グレーレギンス

花柄ワンピース×グレーレギンスのコーデ画像

可憐な花柄ワンピースにグレーレギンスを合わせてデイリーカジュアルに。その他の小物もカジュアルにまとめて花柄の甘さを抑えるのが今どきバランス。揺れるワンピースと明るいグレーの足元が涼しげ。

ストライプワンピース

▼ストライプワンピース×レギンスで大人カジュアル

ストライプワンピース×レギンスのコーデ画像

Iラインのストライプ柄シャツワンピースにグレーレギンスを合わせて大人カジュアルに。爽やかなストライプを黒小物で引き締めれば大人っぽく落ち着いた印象。ストレスフリーな着心地で快適に過ごせそう!

▼ストライプワンピース×レギンスでキレイめカジュアル

ストライプワンピース×レギンスのコーデ画像

こちらは、フィット&フレアシルエットのストライプワンピースにグレーレギンスを合わせたキレイめカジュアル。コーラルピンクのカーディガンで、夏らしいブライトカラーを取り入れて。

グリーンワンピース

▼グリーンワンピース×白レギンス

グリーンワンピース×白レギンスのコーデ画像

ヘルシーなグリーンワンピースには、ヌケ感たっぷりの白レギンスを合わせて清涼感を演出。バッグやシューズも白で統一して、キレイなグリーンの色合いを引き立てて。レギンスがあることで、ワンピースコーデにぐっと深みが生まれます。

▼グリーンキャミワンピ×グレーレギンス

グリーンキャミワンピ×グレーレギンスのコーデ画像

エメラルドグリーンのキャミワンピースに白Tシャツ、グレーレギンスを重ねて上下にヌケ感をON。明るいカラーのレギンスなら、ワンピースの色合いを邪魔せず脚の露出を調整可能。

イエローチュニック

▼イエローチュニック×白レギンス

イエローチュニック×白レギンスのコーデ画像

フレッシュなイエローのフリルチュニックは、夏らしさ全快! ヌケ感たっぷりの白レギンスで、より明るく爽やかに仕上げて。さりげなく入った裾のスリットも、レギンスコーデをオシャレに見せるアクセント。

夏のレギンスコーデの足元は何を合わせるのが正解?

夏のレギンスコーデには、どんなシューズ(靴)を合わせればいい……? そんなお悩みを解消してくれる、定番の足元コーデをチェック!
カジュアル~キレイめまで、なりたいイメージに合わせて選んでみて。

レギンス×サンダル

▼白レギンス×黒ワイドアッパーサンダル

白レギンス×黒ワイドアッパーサンダルのコーデ画像

レギンスの足元にワイドアッパーサンダルを合わせると、少しモードな仕上がりに。黒ワンピース&サンダルでダークカラーが多めなので、白ベルト&レギンスで軽さをプラスして。かごバッグでさらに季節感をON。

▼黒レギンス×黒スポーツサンダル

黒レギンス×黒スポーツサンダルのコーデ画像

レギンス×スポーツサンダルなら、ヘルシーなカジュアルスタイルが完成。大人なカーキシャツになじむ黒レギンスでこなれ感を漂わせて。レギンスとスポサンの色を揃えて統一感も◎。

レギンス×スニーカー

▼白レギンス×ブラウンスニーカー

白レギンス×ブラウンスニーカーのコーデ画像

レギンス×スニーカーを合わせるときのコツは、ローカットスニーカーをセレクトして、レギンスとの隙間で少し素肌見せすること。これを意識すると、涼しげなカジュアルコーデに。カーキ×白×ブラウンのアースカラーでより夏らしく。

▼黒レギンス×ダッドスニーカー

黒レギンス×ダッドスニーカーのコーデ画像

足元にボリュームが出るダッドスニーカーは、オーバーサイズトップスとバランスが取りやすいので、レギンスコーデにピッタリ。このときも、足首の素肌見せは忘れずに。黒レギンスでも軽やかに仕上がります。

レギンス×パンプス

▼黒レギンス×黒パンプス

黒レギンス×黒パンプスのコーデ画像

レギンス×パンプスは、キレイめカジュアルに。オールブラックでまとめれば、スッと縦長見えでスタイルアップ! 足元からのぞく素肌と、ナチュラルベージュの小物でヌケ感を意識して。

▼グレーレギンス×ベージュパンプス

グレーレギンス×ベージュパンプスのコーデ画像

白シャツ×グレーレギンスの定番カジュアルに、足元のベージュフラットパンプスで女っぽさを薫らせて。白・グレー・ベージュの明るい色合いで、清涼感たっぷりの夏コーデに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW