FASHION

【2019春夏】ペールカラーが流行!大人にまとめるなら、どう着る?

2019/04/12

きたる春夏に向けて、季節感を高めてくれるカラーアイテムをそろそろゲットしたい頃。特に今季は、「ペールカラー」に注目したいところ。ペールカラーって、甘くなりすぎて、子供っぽくならない? なんて悩みの声が聞こえてくるけれど、ポイントを押さえれば大人らしくまとめることができるのです! そんな着こなしポイント3つと、実際にペールカラーを取り入れたスタイリング見本をカラー別にご紹介。まずは、何色から取り入れる?

ペールカラーってどんな色?

ペールカラーとは、英語で「薄い」を指す「pale」のこと。ヴィヴィッドカラーよりも淡い色味なので、女性らしさを強調したい時にぴったり。
ペールカラーと似たパステルカラーも、実はこのペールカラーの一種。見分け方は、ペールカラーの方が彩度が低くなります。

ペールカラーは甘すぎる?大人に着こなすポイント3つ!

淡いゆえに、「甘くなりすぎるんじゃ……」なんて悩みがつきもののペールカラー。ここでは、大人らしくまとめるコツを3つご紹介。

【ポイント①】まずは小物で取り入れる!

▼ピンクパンプス×トレンチコート

気負いなくペールトーンを取り入れるなら、ポイントとして靴から取り入れてみて。同じくペールカラーである、クリーミーベージュトレンチコートで統一感アップ。

▼グリーンバッグ×ベージュワンピース

スキントーンに馴染むベージュワンピースは、それだけでも大人らしさ満点。トーンを統一したミントグリーンのバッグを添えれば、コーデ全体が優しげなまろやかな印象に。

【ポイント②】フェミニンすぎはNG!きれいめな形・素材を選んで

▼ペールカラーのチェスターコート

淡いカラーにガーリーなシルエットだと、やっぱり子供っぽくなってしまいがち。そんな時は、チェスターコートのようなかっちりアウターで大人らしくまとめて。ブラウンワイドパンツとスクエアパンツで上品さを底上げ。

▼ペールカラーのセンタープレスパンツ

パッと華やかさが増すイエローボトムスは、淡いペールカラーで幼さ回避。他のアイテムをブラックで統一することで、シックなカラースタイルの完成。

【ポイント③】カジュアルアイテムと合わせて大人のオシャレに♡

▼ピンクパンツ×ライダースジャケット

シンプルなロンTにペールピンクボトムスを合わせてフェミニンに。それだけだと甘すぎるので、ライダースジャケットやブラック小物でスパイシーに仕上げて。

▼イエローコート×デニム×スニーカー

デニムとスニーカーのリラックススタイルには、ペールイエローが堅すぎない印象のノーカラーアウターで、大人顔にシフト。

ペールカラーの色別コーデ

なりたい印象に合わせて、選ぶべきカラーが変わってくるペールカラースタイル。ここでは、色別にコーディネートをご紹介。

ペールカラーの「ピンク」を使ったコーデ

▼ピンクスプリングコート×ブラック

淡く、そしてくすんだカラーが絶妙なピンクアウターには、ブラックボトムスとシューズでコーデを引き締めて。

▼ピンクシャツワンピース×カジュアルアイテム

ふんわりシルエットがロマンチックなピンクシャツワンピースは、スキニーボトムスでメリハリをON。華奢なストラップサンダルで大人っぽくまとめて。カジュアルデニムに合うように、ラフなかごバッグをプラスすれば、カラースプリングスタイルの完成。

▼ピンクチュールスカート×ブラック

ピンク×チュールで最高にガーリーなスカートは、他のアイテムをすべてブラックで統一してシックな印象に。スカートがふんわりしているので、トップスはジャストサイズが好バランス。

▼ピンクストライプスカート×ブラック

こちらもピンクの甘さを抑えるために、すべてのアイテムをブラックで統一したコーディネート。ツートーンスタイルも、ストライプのおかげで立体的な装いに。

▼ピンクセンタープレスパンツ×ベージュロングtシャツ

ピンクの甘さを活かすなら、ベージュトップス合わせでまろやかにまとめて。これだけだとフェミニンすぎるので、ウエストバッグとホワイトブーツ合わせでモードストリートに落とし込んで。

▼ピンクリネンパンツ×ホワイトトップス

リネン素材が爽やかなピンクボトムスには、涼しげな印象が際立つクリーンなホワイトTシャツが好相性。小物も夏らしいベージュアイテムでまとめてすっきりと。

▼ピンクニット×黒スキニー

ゆったりシルエットでガーリーなピンクニットには、メリハリを作る黒スキニーとブーツですっきりまとめて。パイソン柄のバッグをプラスすれば、辛口要素が加わってピンクも大人顔に。

ペールカラーの「イエロー」を使ったコーデ

▼イエロースウェット×花柄ワイドパンツ

ハッピーオーラ漂うイエロースウェットは、黒地の花柄パンツでご機嫌コーデをメイク。小物はボトムスカラーに合わせて黒をチョイスすれば、イエローが際立つスプリングスタイルの完成。

▼イエローガウチョパンツ×ネイビー

上品なシースルーネイビートップスには、リネン素材のイエローガウチョパンツを合わせてサマースタイルにシフト。肌馴染みの良いベージュサンダルは、タッセルデザインで季節感を更にアップ。

▼イエローパンプス×トレンチコート

冬から春スタイルに切り替えるときには、足元にスプリングカラーを取り入れるだけでぐっと季節感がアップ。アウターの袖を捲ってインナーのボタンデザインをのぞかせれば、おしゃれ感度高めの着こなしに。

ペールカラーの「ブルー」を使ったコーデ

▼ブルートレンチコート×デニム×パンプス

パッと目を引く淡いブルートレンチコートは、抜き襟テクで今っぽさをプラス。カラーを統一したスキニーデニムと、ヌーディカラーのパンプスで脚長にメイク。

▼ブルーチェスターコート×ブラック

ダークトーンに落ち着きがちな冬には、こんなくすんだ淡いブルーアウターはいかが? 季節感にマッチしながら、目を引くカラーでコーデの主役になること間違いなし! 小物はベージュでまとめてぬくもりをひとさじ。

▼ブルーフレアスカート×ブラック

アイシーブルーで爽やかさがたっぷりなブルースカートは、ブラックトップスでシックにシフト。女性らしい着こなしには、パイソン柄サンダルで媚びない大人ムードをON。

▼ブルーキルティングバッグ×ホワイ

カラーのキルティングバッグはそれだけでコーデのポイントになってくれる優秀選手。ホワイトのワイドパンツ合わせでクリーンな印象に。トップスとシューズのカラーは統一して、まとまりを出すのを忘れないで。

ペールカラーの「グリーン」を使ったコーデ

▼グリーンタイトスカート×ブラック

マカロンみたいにキュートなグリーンタイトスカートは、ブラックアイテムで挟んで大人に味付け。レオパードクリアバッグを添えれば、柄が加わりメリハリ度アップ。

▼グリーンスプリングニット×デニム

グリーン、ブルー、そしてラベンダーカラー。3色も使っているのにまとまりがあるのは、全体をペールカラーで統一しているから。春スタイルを存分に楽しむなら、たまにはこんなカラーコーデにトライしてみて。

ペールカラーの「パープル」を使ったコーデ

▼パープルタイトスカート×グレーパーカー

ラベンダーカラーがフェミニンなタイトスカートには、同じくペールトーンのグレーパーカー合わせでカジュアルダウン。トップスにボリュームがあるので、ミニバッグやスニーカーで小物はコンパクトにまとめて。

▼パープルパーカー×ブラック

クールにも着こなせるパープルは、ペールトーンをチョイスして華やかさアップ。フリンジカットのデザインブラックデニムとレザーブーツ合わせでモードストリートの完成。

▼パープルバッグ×カーゴパンツ

秋冬に活躍した黒タートルネックとカーキのカーゴパンツには、シフォンブラウスとパープルバッグをプラスして春仕様にスイッチ。ボリューム袖は、捲ってインナーを見せることでメリハリがプラスされおしゃれ感度アップ。

▼パープルパンプス×ブラック

ブラックニットとグレースキニーでモノトーンスタイルを作ったら、春らしいラベンダーカラーのパンプスとバッグをON。ほんのり女っぽさが加わり、甘すぎない大人コーデの完成。

他の関連記事もCheck!

▼「パステルカラー」春コーデ33選

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW