FASHION

一年中履ける「スリット入りタイトスカート」が手放せない!

2019/04/12

上品にまとまって、女性らしいラインが強調できるタイトスカートは、私たち女性の強い味方! 中でもスリット入りなら、ほんのり色っぽさが加わるだけでなく、足の可動域が広がって動きやすいのが高ポイント。そんなスリット入りタイトスカートは、どの季節にも取り入れたい万能選手。ここでは、「後ろスリット」「前スリット」「横スリット」のスリット位置に分けてコーデをご紹介。

「後ろスリット」タイトスカート

バックにスリットが入っていて、 後ろ姿でも魅せることができる「後ろスリット」タイトスカート。歩くたびにちらっと見えるふくらはぎが色っぽさを加えてくれるのも嬉しいところ。着こなしを早速チェックしてみて。

スニーカー合わせ

▼スポーティーなモノトーンスタイル

モノトーンのポイントになるロゴトップスに、タイトスカートを合わせたロング&リーンスタイル。キャップやスニーカーでスポーティに味付けしても、スリットで色っぽさも演出できるのが嬉しい♡

サンダル合わせ

▼バックスリットで重たさ回避

ロング丈だと重くなりがちなスカートは、スリット入りでさりげなく足首をのぞかせて軽さを出して。ホワイトにベージュ、そして差し色になるグリーンサンダルでナチュラルフェミニンな装いの完成。

▼大人のサファリコーデ

どこかエキゾチックな刺繍トップスには、カーキのバックスリットタイトスカート合わせでサファリコーデに仕上げて。バッグとシューズも、ラフィア素材やブラウンをチョイスして統一感をON。

「前スリット」タイトスカート

フロントにスリットがあることで、コーデに軽やかな印象を作ってくれる「前スリット」タイトスカート。身体に沿ったラインで女らしくまとまるので、フェミニンに、そして上品にしたい時にぴったり。

スニーカー合わせ

▼脱カジュアルなデニムスタイル

カジュアルな印象が強いデニム×スニーカーの組み合わせは、ミモレ丈の前スリットデニムスカートで大人っぽくシフト。夏らしい爽やかなホワイトトップスと、丸いフォルムがキュートなバッグでとことん女っぽくまとめて。

ローファー合わせ

▼初秋にトライしたいシンプルフェミニンコーデ

カジュアルが魅力のコーデュロイ素材は、一歩間違えると子供っぽくなりがち。そんな時は、ロングタイトスカートで大人に着地。ボトルネックトップスとローファーはブラックをチョイスして、スカートのカラーを引き立たせて。

次ページ> 「横スリット」タイトスカート
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW