ワントーンコーデをマスター
FASHION

ワントーンコーデをマスター!季節別・着こなし見本帳

2019/04/12

突然ですが、「ワントーンコーデ」と「ワンカラーコーデ」の違いをご存知ですか? 実はこの2つ、混在して同じだと認識されることが多いのですが、きちんと違いがあるのです。ここでは、2つの違いを解説しながら、真似しやすい「ワントーンコーデ」の着こなし術を季節ごとにご紹介。これを読めばワントーンコーデがマスターできちゃいます!

ワントーンコーデとワンカラーコーデの違い

ワントーンコーデとは

ワントーンコーデは、「淡い〇〇」「明るい△△」「暗い××」といったように、色に関わらず、色の明るさを統一したコーディネートのこと。色に縛られることなく、トーンを合わせるだけでまとまり感がアップ。

ワンカラーコーデとは

対してワンカラーコーデは「一つの色」のみのコーディネートのこと。例えば「青色」を例に挙げると、ネイビーに近い青色や、水色、くすんだ青色、明るい青色などを使ったコーディネートとなります。
早速、実際のコーデで違いをチェックしてみましょう!

ワントーンコーデの具体例

▼ベージュ×ピンクのペールトーンコーデ

ベージュ×ピンクのペールトーンコーデ画像

もともと女性らしいベージュとピンクのかけ合わせは、ペールトーンで統一することで大人らしい上品さが加わるので、MINE世代にぴったり。

▼ブルー×グリーンのライトトーンコーデ

ブルー×グリーンのライトトーンコーデ画像

春夏にまといたい、爽やかなブルー×グリーンの組み合わせ。ライトトーンで統一することで、お互いのカラーが喧嘩せずにまとまり感が出るのが嬉しい!

ワンカラーコーデの具体例

▼ブルーのワンカラーコーデ

ブルーのワンカラーコーデ画像

鮮やかなライトブルーアウターと、ブルーデニムを合わせたコーディネート。足元はヌーディカラーで肌色に馴染ませて、主役はあくまでも「ブルー」でまとめて。

▼ブラウンのワンカラーコーデ

ブラウンのワンカラーコーデ画像

ライトブラウンのワンピースに、ダークブラウンのニットキャミソールをレイヤードしたスタイリング。バッグもブラウンで、統一感アップ。

それぞれの違いについて、いかがですか?
どちらも真似してみたいけれど、まずは色の縛りがない「ワントーンコーデ」が手軽でオススメ!ここからは、春夏、そして秋冬のワントーンコーデをご紹介。

春夏のワントーンコーデ

春夏は、やっぱりライトトーンのイメージが強い? 淡いカラーはもちろん季節にマッチするけれど、春夏のダークトーンもおしゃれなんです! 早速チェックしてみて。

黒のアイテム

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW