FASHION

【保存版】女性の『オフィスカジュアル徹底バイブル』

2019/04/12

新社会人や就活生のよくあるお悩み、「オフィスカジュアルってなに!?」。定義があいまいで、鏡の前で長い時間アタマをひねらせたり、会社に行ってみて「派手すぎたー!」と焦ったりした経験がある人も多いはず。ここではレディースオフィスカジュアルの最低限のルールと、おすすめアイテムやコーデをレクチャーします!

【シーズン別】オフィスコーデ

シンプルで、おしゃれに見せたり、着やせして見せるのが難しいオフィスカジュアルのお手本コーデを、シーズンごとにご紹介。会社によって基準も違うので、会社の先輩のファッションも参考にしてみて。

春コーデ

▼パンツスタイルで活発なデキる女を演出

ネイビーのブラウスにベージュのパンツのコーデは、シンプルで洗練されたイメージに。ウエスト位置高めで、センタープレスのパンツを選べば脚長効果アリ。また、ワイドさと足首の出るデザインが、細見え効果でスタイルアップを叶えてくれる。

▼上品な花柄でオフィスモテコーデを叶える

会社によっては柄物OKの場合も。ただし、派手すぎないことが条件。淡いピンクのボタン付きブラウスが女性らしくフェミニンな印象。スカートを黒にして甘く見えすぎるのを回避。トップスとボトムスが華やかなので、足元はシンプルなグレーで落ち着かせて。

夏コーデ

▼シャツ素材で涼しげなオフィスレディに

夏は、涼しげなシャツやブラウスがおすすめ。ゆったりしたブラウスも、細かめのストライプでゆったり見えすぎない。全体的にボリュームのあるコーデなので、足元のヒールは細めのものを選んで華奢見せ。

▼ネイビー×ベージュで上品フェミニンコーデ

デコルテと腕の程よい肌見せセンシュアルなトップスを、落ち着いたベージュのボトムスで調和。タイトスカートと派手すぎないゴールドのアクセサリーが上品な女性を演出。ビビットなネオンブルーのサンダルがコーデのアクセントに。ある程度のカジュアルさが許される会社なら、ワンポイントに色味でアクセントを入れるのも〇。

秋コーデ

▼落ち着いた色合いで大人レディに仕上げる

下半身をネイビーでまとめると、かなり落ち着いた印象に。上半身は、柔らかい素材の淡いブルーシャツと、華奢な揺れるイヤリングを合わせて女性らしさをプラス。

▼ワンピースでらくちんオフィスカジュアル

シンプルなリブニットワンピース。Vネックと、ヌーディーなベージュのパンプスで女性らしさを演出して。1枚でさらっと着れるらくちんコーデ。ウエストの切り替えでメリハリを。

冬コーデ

▼ウィンターカラーコーデ

カーディガンを使った定番オフィスカジュアルコーデ。トップスが、カーディガンとフリルネックのブラウスでかわいらしいアイテムなので、ボトムスはクールなネイビーのパンツでバランスをとって。全体的に色が濃い目のコーデは、足元に明るいカラーで軽さを出すのがポイント。

▼デザインで程よくおしゃれ見え

デザインニットとラップタイトスカートで、シンプルながらおしゃれ見えが叶うオフィスカジュアルコーデ。デザイン性のあるアイテムも、ゆるっとしすぎていないもの、首元が長めのもの、落ち着いた色合いのものを選べばきちんとして見える。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW