FASHION

【初心者】ネイビージャケット、失敗しないコーデ集

2019/04/12

長く続いたストリート風カジュアルブームから一転、大人っぽいジャケットスタイルが注目されています。「お仕事以外で、ジャケットを着たことがない……」そんなジャケット初心者さんのために、比較的トライしやすい「ネイビージャケット」のおしゃれな着こなし術を徹底レクチャーします。

「パンツスタイル」のジャケットコーデ

ジャケットをパンツコーデに合わせる時は、トップスインできっちりウエストマークするのが、スタイルアップ&旬な着こなしになるポイント。
また、ネイビーは色のインパクトが強いので、白やライトカラーのインナーとコントラストをつけるのも、グッとおしゃれ度が高まります。
いつものデニムやパンツスタイルにサラっと羽織って、きれいめカジュアルを目指しましょう。

テーパード・スキニーパンツ

▼小物をネイビーで統一してみる

カジュアルなボーダーT×デニムをベースに、ネイビーのジャケット&小物でまとめることでハンサムな着こなしに。長めジャケットは、肩掛けで、ウエストのくびれと手首を強調して、すっきりと仕上げるのが正解。

▼ジャケットの中身を白でまとめる

ネイビージャケットと白で統一したインナーコーデとの、コントラストをつけたクリーンな着こなし。センタープレスの入ったテーパードパンツなら、白でも膨張しずぎず、ジャケットの端正なテイストとマッチ。

▼Tシャツ×デニムパンツに羽織って、キレイめ大人カジュアル

ジャケット初心者さんがトライしやすい、白T×スキニーデニムにネイビージャケットを羽織ったキレイめカジュアル。白Tはデニムにインするのがスタイルアップのポイント。
ジャストサイズのジャケットなら、肩掛けでも腕を通してもバランスよく着こなせる!

▼バッグと靴の色を、無彩色で統一させてみる

ネイビージャケットとテーパードデニムのシンプルコーデは、着こなし方と小物使いひと工夫を。ジャケットの袖をまくるとこなれ感が増し、バッグと靴を無彩色(白)で統一することで、垢抜けたカジュアルスタイルに仕上がります。

▼バッグで差し色を入れてみる

インディゴブルーの美脚スキニーにダブルブレストのネイビージャケットを肩掛けした、大人の格を感じさせるスタイリング。ネイビー×白のハンサムな色合わせには、ピンクのバッグで甘いアクセントをプラス。

▼肩掛けして着こなしてる感を出す

カーキのベイカーパンツと白Tのカジュアルコーデは、ネイビージャケットを合わせることでキレイめカジュアルにシフト。長めのジャケットは、あえて腕を通さず肩掛けで「着こなしてる感」を出すのがバランス良く決まるコツ。

ワイドパンツ

▼ハイウエスト&タックインで脚長効果を狙う

次ページ> 「スカートスタイル」のジャケットコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW