FASHION

【ジャケット初心者向け!】ネイビージャケット着こなし術を徹底レクチャー

2019/04/12

長く続いたストリート風カジュアルブームから一転、この春は大人っぽいジャケットスタイルが注目されています。
「お仕事以外で、ジャケットを着たことがない!」
そんなジャケット初心者さんのために、比較的トライしやすい「ネイビージャケット」のおしゃれな着こなし術を徹底レクチャーします。

「パンツスタイル」のジャケットコーデ

ジャケットをパンツコーデに合わせる時は、トップスインできっちりウエストマークするのが、スタイルアップ&旬な着こなしになるポイント。
また、ネイビーは色のインパクトが強いので、白やライトカラーのインナーとコントラストをつけるのも、グッとおしゃれ度が高まります。
いつものデニムやパンツスタイルにサラっと羽織って、きれいめカジュアルを目指しましょう。

テーパード・スキニーパンツ

▼小物をネイビーで統一してみる

カジュアルなボーダーT×デニムをベースに、ネイビーのジャケット&小物でまとめることでハンサムな着こなしに。長めジャケットは、肩掛けで、ウエストのくびれと手首を強調して、すっきりと仕上げるのが正解。

▼ジャケットの中身を白でまとめる

ネイビージャケットと白で統一したインナーコーデとの、コントラストをつけたクリーンな着こなし。センタープレスの入ったテーパードパンツなら、白でも膨張しずぎず、ジャケットの端正なテイストとマッチ。

▼Tシャツ×デニムパンツに羽織って、キレイめ大人カジュアル

ジャケット初心者さんがトライしやすい、白T×スキニーデニムにネイビージャケットを羽織ったキレイめカジュアル。白Tはデニムにインするのがスタイルアップのポイント。
ジャストサイズのジャケットなら、肩掛けでも腕を通してもバランスよく着こなせる!

▼バッグと靴の色を、無彩色で統一させてみる

ネイビージャケットとテーパードデニムのシンプルコーデは、着こなし方と小物使いひと工夫を。ジャケットの袖をまくるとこなれ感が増し、バッグと靴を無彩色(白)で統一することで、垢抜けたカジュアルスタイルに仕上がります。

▼バッグで差し色を入れてみる

インディゴブルーの美脚スキニーにダブルブレストのネイビージャケットを肩掛けした、大人の格を感じさせるスタイリング。ネイビー×白のハンサムな色合わせには、ピンクのバッグで甘いアクセントをプラス。

▼肩掛けして着こなしてる感を出す

カーキのベイカーパンツと白Tのカジュアルコーデは、ネイビージャケットを合わせることでキレイめカジュアルにシフト。長めのジャケットは、あえて腕を通さず肩掛けで「着こなしてる感」を出すのがバランス良く決まるコツ。

ワイドパンツ

▼ハイウエスト&タックインで脚長効果を狙う

ジャケット×ワイドパンツのゆる×ゆるシルエットは、ハイウエスト&トップスタックインで脚長効果を狙ってスタイルアップ。ジャケットの肩掛けで、適度に肌見せすることで、フェミニンな抜け感が生まれる。

▼バッグとベルトの色をリンクさせてみる

白T×色落ちデニムのラフなカジュアルコーデは、ジャストサイズなネイビージャケットを羽織って「きちんと感」ある着こなしに。インナーの淡い色合わせは、ベルトでウエストマークをすることで、メリハリが出てスタイル良く見せることができる。バッグとベルトの色をリンクさせているのも、コーデがまとまるポイント。

▼ボトムと靴の色をリンクさせてみる

センタープレスの入ったワイドパンツとネイビージャケットの、オフィス向きキレイめコーデ。ボトムとパンプスを同系色でリンクさせることで、下半身がすっきり見え洗練された印象に。シルバーのジュエリーでクラス感ある装いに仕上げて。

「スカートスタイル」のジャケットコーデ

スカートの丈とのバランスを取るのが難しいイメージのあるネイビージャケット×スカートのコーデ。こちらもパンツ同様、トップスインでウエストマークして、いかにスタイル良く見せるかが鍵。また、柄スカートはジャケットのカラーと合わせることで、まとまりのあるコーデになります。
ここでは、誰もが1枚は持っている定番・フレアスカートとタイトスカートとの合わせ方をレクチャーします。

フレアスカート

▼ネイビーと同じ寒色系のものを選ぶ

広がりやすいプリーツスカートは、ネイビージャケットと同じ寒色系カラーをチョイスしてすっきりと見せ。タートルニットで縦ラインを強調し、甘くない大人のプリーツスカートコーデに。

▼ジャケットの中身を淡い色でまとめてみる

パキッとしたネイビージャケットに対して、インナーは白×ベージュの淡い配色で、色でメリハリをつけたコーデ。スカートとジャケットの異なるテイストを掛け合わせて、大人のミックスカジュアルを楽しんで。

▼ジャケットの中身を無彩色でまとめる

ジャケットのインナーを白×グレーの無彩色でまとめることで、清潔感ある好印象なコーデに。グレーのラフなワッフルTシャツが、上品なジャケット&スカートを程よくカジュアルダウンしています。

▼ネイビーと反対色のイエローを合わせて印象的に

ジャケットのネイビーと反対色なイエローのプリーツスカートを合わせることで、印象的なスタイルに。トップスとバッグで白を差して、大胆な色合わせを馴染ませて。ジャケットの袖からインナーを見せるのも、こなれて見えるポイント。

▼柄ものはジャケットと同系色を選ぶ

一見、ジャケットと合わせるのが難しそうな柄スカートは、ジャケットと同系色をチョイスすることでまとまりが生まれる。ジャケットは袖のロールアップで軽さを出し、小物を黒でまとめたら、スカートが主役のすっきりとしたスタイリングに。

タイトスカート

▼ボトムの色とトップスの柄の背景を合わせてまとめる

ボーダーTとネイビージャケットの爽やかなマリンルック。スカートの色とボーダーTのベースを白で統一することで、白×ネイビーのメリハリコーデに。Iラインを強調できるタイトスカートなら、丈が長めののジャケットを合わせても好バランスをキープ。

▼柄ボトムは、背景がジャケットと同じ色のものを選ぶ

ネイビージャケットとチェック柄スカートとのトラッドコーデ。まとまりがあるコーデの秘訣は、ジャケットとカラーとスカートのベースカラーを揃えていること。スカートを主役に、ネイビー&黒でまとめることでシックなスタイリングに。

「ワンピース」を合わせたジャケットコーデ

ワンピースとジャケットのミックス感溢れる組み合わせは、小物使いやジャケットの着こなし方で、二つを馴染ませることがコーデ成功のポイント。
また、マキシ丈ワンピースの場合は、首元や手首の肌見せで程よく抜け感を作るのも忘れずに。

花柄ワンピース

▼Vネックと手首見せで、程よく露出し抜け感プラス

マキシ丈ワンピースとジャケットのコーデは、どこかで肌見せポイントを作らないと窮屈な印象に。Vネックのワンピースをチョイスして、ジャケットの肩掛けで、手首をしっかり見せて抜け感ある着こなしに。

▼小物を黒で統一してみる

スタンドカラーの花柄ワンピースとネイビージャケットとのクラシカルなコーデは、足元をヌーディーサンダルにすることで抜け感を演出。バッグとサンダルを黒で統一することで、ワンランク上のエレガントなスタイルにブラッシュアップ。

ストライプ柄ワンピース

▼ワンピースと合わせて袖をまくりこなれ感を出す

リラックス感あるストライプシャツワンピースとジャケットは、ワンピースと合わせて袖をロールアップすることで、ワンピースとジャケットが馴染みこなれ感が出る。シャツとジャケットの襟を立てているのも、スタイリッシュに見えるポイント。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW