FASHION

スニーカーコーデの大人見えテク【レディース27選】これで幼さ回避!

2019/02/21

スタイリングの外し役として人気の高いスニーカーは、カジュアルなイメージが強いだけに、子供っぽくならないか心配になってしまうことも。ここでは、そんなスニーカーを大人っぽく履きこなすコツをご紹介。カラーバリエーション別にコーデをピックアップしたので、早速手持ちのスニーカーでトライしてみて!

スニーカーを大人っぽく履きこなすポイント3つ

着回し力が高いのは嬉しいけれど、幼く見えないか心配になりがちなスニーカーコーデ。そんな悩みは、これから紹介する 3つのポイントを押さえればクリアできるのです!

【1】スニーカーとコーデのカラーをリンクさせる

まず1つ目は、スニーカーのカラーとファッションアイテムのカラーを馴染ませるようにリンクさせること。そうすることで、全体に統一感が生まれすっきりとした印象に。

【2】小物と同色系のスニーカーを選ぶ

バッグやハットなど、小物類のカラーをスニーカーカラーと統一するのも大切なポイント。色数が抑えられるので、バラバラとした印象とは無縁に。

【3】派手色スニーカーをワンポイントで入れる

3つ目は、パッと目の引くスニーカーをコーデのポイントとして取り入れること。遊び心あるデザインも、足元だけなら気負いなく取り入れられるというのもgood! 派手色を取り入れるときは、その他のアイテムはベーシックカラーでまとめることも忘れないで。

<白>スニーカー

足元を軽やかに、そしてコーデ全体を明るく仕上げてくれる「白スニーカー」。 フェミニンにまとめることはもちろんのこと、アクティブな印象を強めたいときにもおすすめ。

▼上品ピンクはオフホワイトでまろやかに

華やかさが魅力のサーモンピンクトップスは、白の中でもオフホワイトのアイテム合わせでまろやかにまとめれば大人らしさがアップ。ストライプが覗くPVCバッグ合わせで、春夏ムードを高めて。

▼パンチのあるレオパードをホワイトでサンドイッチ

スパイスの効いたレオパードスカートは、ホワイトトップスとスニーカーでブロッキング。白のピュアな印象のおかげで、やんちゃなレオパード柄もまろやかに。キャミソールとスカートというフェミニンな掛け合わせこそ、スニーカーで外すのが大人のテク。

▼白地ボーダー合わせで立体感を

トップスとスニーカーのカラーをホワイトでリンクさせるときは、こんなふうにボーダーでメリハリを作るのもオススメ。カラーが統一されているからこそ、柄物でも主張が強くなりすぎないのがポイント。

▼ホワイト1点投入で軽さを演出

グレーのチェスターコートとブラックアイテムでかっちりとさせたスタイリングには、カラーコントラストが際立つホワイトスニーカーを1点投入。パッと目を引くだけじゃなく、お堅い着こなしに大人の余裕感を漂わせてくれる優秀選手!

<黒>スニーカー

定番カラーの「黒スニーカー」は、どんなカラーにも馴染む優秀選手。落ち着いて見せたいとき、モードにまとめたいときの参考にしてみて。

▼ふんわりロマンチックを大人顔に

軽やかなシフォン素材がロマンチックなホワイトスカートは、ブラックアイテム合わせでシックに味付け。足元はスニーカーで決めすぎない印象を作るのがこなれ技。

▼デザイントップスを際立たせるなら黒合わせで

コルセットデザインの変形Tシャツは、アイテムそのものを際立たせるために、黒のスキニーとスニーカー合わせがおすすめ。スパイスを加えてくれるシルバーバッグでモードにシフト。

▼パープルを引き立たせる黒の力

色の印象が強いパープルは、馴染みつつカラーを引き立たててくれるブラック合わせがおすすめ。パープル×黒で上品な印象を作ったら、かごバッグとスニーカーの小物でカジュアルダウン。

▼ブラックでクールにまとめる

ロックTとスキニーパンツでクールにまとめたら、足元も潔くブラックで統一。くすみカラーが大人らしさをキープするボルドーアウターは、ブラック合わせだからこそ一層引き立つアイテム。

その他のカラースニーカー

ここでは、「グレースニーカー」「ネイビー・ブルースニーカー」「カーキ・グリーンスニーカー」そして「レッドスニーカー」の色別のスタイリングをピックアップ。

<グレー>スニーカー

▼白黒の中間色を足元に

トップスとボトムスを白黒で合わせたら、どちらにも馴染む中間色のグレースニーカーをON。まろやかな印象も併せもっているので、モノトーンでも親しみやすさがアップ。

▼統一感にプラスアルファテク

グレー地のプリントワンピースとスニーカーのカラーを合わせたコーデ。そのままでも統一感があってもちろんOKだけど、パープルのVネックニットを合わせることでそれぞれのアイテムが引き立った印象に。

<ネイビー・ブルー>スニーカー

▼ラインを活かしてスポーティにまとめる

まるでセット売り? と思わせるような、スカートのカラーとリンクさせたスニーカーをON。スポーティに馴染むデニムジャケットを合わせたら、大ぶりピアスで女らしさをひとさじ。

▼暗色に鮮やかブルーを投入

お堅めな黒のチェスターコートと色馴染みの良いインディゴブルーデニムを合わせたコーデ。暗色の組み合わせがパッと華やぐブルースニーカーをプラスして、遊び心をプラスしてみて。

<カーキ・グリーン>スニーカー

▼デニムをアースカラーで大人顔に仕立てる

デニム×スニーカーを大人らしく仕上げるなら、合わせる色のチョイスが大切。カジュアルなストレートブルーデニムは、ベージュとカーキのアースカラー合わせで落ち着いた印象にシフト。

▼ベージュ×黒なら大人見え!

プレッピーなチルデンニットワンピースは、ベージュ×黒で大人らしさをキープ。ワンピースのラインカラーとリンクさせたベージュスニーカーなら、まとまりのある着こなしに。

<レッド系>スニーカー

▼ベーシックカラーにパワーレッド投入

ベージュとブラックが落ち着いた印象の着こなしには、さりげなく裾から覗くレッドスニーカーをポイントに。ベーシックカラーに馴染むように、ヴィヴィッドレッドではなくボルドーを選ぶのが正解。

▼ダークトーンを合わせがちな冬こそ赤スニーカー

ダークトーンが落ち着く冬だけれど、たまには鮮やかなレッドスニーカー合わせでコーデに華やぎをプラスしてみて。足元だけだからこそ、悪目立ちしないのがgoodポイント。

スニーカーに<スカート>を合わせる

フェミニンなスカートをカジュアルダウンさせてくれるスニーカー。 女っぽくなりすぎないから、好印象に着こなせるのでトライしてみて。

ハイカットスニーカー

▼女っぽアイテムはスニーカーでカジュアルダウン

身体のラインに沿うタートルニットとタイトスカートの組み合わせは、スニーカーでカジュアルダウンさせて媚びないフェミニンスタイルにシフト。黒とパープルだからこそ、大人らしさはキープできるのが嬉しい!

▼スカートカラーとグラデーションを作る

キャメルカラーのスカートには、同系色のレンガ色スニーカーでグラデーションを作ればまとまりのある印象に。ノースリーブ×スカートのフェミニンな組み合わせは、スニーカーでカジュアルダウンさせるのが好印象。

ローカットスニーカー

▼ロングスカート×ローカットで華奢見え

ブラックとグレーで落ち着いた印象のスタイリングには、ホワイトのスニーカーを合わせて足元を軽やかに演出。ロングスカートには、ローカットスニーカーで足首をのぞかせてスタイルアップ。

▼爽やかサマースタイルをシックに味付け

真っ白なノースリーブニットとブルーデニムスカートで爽やかにまとめたら、デニムカラーとリンクさせたダスティブルースニーカーでシックに味付け。足元にダークトーンを投入するだけで一気に大人見え!

スニーカーに<パンツ>を合わせる

スカートよりもカジュアルにまとまる、スニーカーとパンツの組み合わせ。ミニマムに着こなしてクールにまとめるか、フェミニンにまとめて大人らしく仕上げてみて。

ハイカットスニーカー

▼白黒でミニマムにまとめる

白黒のツートーンでまとめたスタイリング。ヒップを覆うボリュームニットは、スキニーボトムスでバランスをとって。ハイカットスニーカーであえて隙を作らないのがミニマムにまとめるコツ。

▼カジュアルなのに女らしい理由は?

ニットトップスとボトムスでリラックス度高めなスタイリングは、デコルテ&手首見せ、フレアラインボトムスで女性らしいパーツを強調させて。ほんのり色香が漂うから、スニーカーとトートバッグでカジュアルダウン。

ローカットスニーカー

▼足首をみせて抜け感を出す

テラコッタカラーのプリーツパンツの程よい丈が、足首を見せてくれて抜け感が出る。黒アイテムでコーデを引き締めれば、大人のリラックスカジュアルが完成。

▼柔らかカラーで女性らしくまとめる

ホワイトのパンツとバッグのスタイリングには、ダスティピンクのニットとベージュスニーカーでまろやかにまとめて。くすみカラー合わせだからこそ、落ち着いた大人の印象をキープ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW