「アンクルパンツ」に合う靴や靴下
FASHION

「アンクルパンツ」に合う靴や靴下は? 21のコーデで徹底レクチャー

2019/02/19

「アンクルパンツ」とは、くるぶし丈のパンツのこと。足元がすっきりしてスタイリッシュなアイテムだけれど、合わせる靴や靴下合わせのバランスが難しい……と感じることも。
そのお悩みを解決するコーデ術を徹底レクチャー。ぜひ参考にしてみて。

アンクルパンツと靴の合わせ方

くるぶし丈のアンクルパンツは、ワイドパンツのように足元が隠れることがないので、靴とのバランスがとっても重要。基本的にはどんな靴でも合わせられますが、よりバランス良くコーデするための靴選びをレクチャー。

アンクルパンツ×スニーカー

▼黒スキニーアンクルパンツ×ローカットスニーカー

黒スキニーアンクルパンツ×ローカットスニーカーのコーデ画像

アンクルパンツにスニーカーを合わせるときは、くるぶしより下でカットされた「ローカットスニーカー」がおすすめ。パンツとスニーカーが重ならず、それぞれを引き立てあいます。
裾カットオフのパンツも、靴との間に少し隙間ができておしゃれにバランスアップ!

▼黒スキニーアンクルパンツ×ダッドスニーカー

黒スキニーアンクルパンツ×ダッドスニーカーのコーデ画像

ボリュームのある「ダッドスニーカー」もおすすめ。特にスキニータイプのアンクルパンツを合わせるとメリハリが生まれ、脚を細く見せてくれる効果が◎。全身をベーシックカラーでまとめれば意外と取り入れやすいので試してみて。

アンクルパンツ×革靴

▼デニムアンクルパンツ×黒ショートブーツ

デニムアンクルパンツ×黒ショートブーツのコーデ画像

アンクルパンツにショートブーツを合わせるときは、お互いがギリギリ重ならない丈がベスト! 余計なシワを作らずすっきり見えが叶います。ケーブルニット×デニムのカジュアルスタイルを黒ブーツでモードに味付け。
パンツ裾がブーツにかかってしまうときは、ちょこっとロールアップして丈感の調整を。

アンクルパンツ×パンプス

▼デニムアンクルパンツ×キャメルパンプス

デニムアンクルパンツ×キャメルパンプスのコーデ画像

アンクルパンツにキレイめなヒールパンプスを合わせると、上品な足元が完成。デニムを使ったコーディネートに女っぽさが漂い大人カジュアルに昇華! 寒い時期、素足で辛いときは靴下を使ってパンツと靴を繋げて。

▼グレーアンクルパンツ×ボルドーパンプス

グレーアンクルパンツ×ボルドーパンプスのコーデ画像

センタープレスがきちんと感を演出してくれるアンクルパンツ×パンプスなら、オンシーンにも対応できる仕上がりに。パンツ裾から覗く素足がヌケ感を作ってくれるので、色を多様したカラーコーデもまとまります。

アンクルパンツ×サンダル

▼デニムスキニーアンクルパンツ×ストラップサンダル

デニムスキニーアンクルパンツ×ストラップサンダルのコーデ画像

くるぶし丈のアンクルパンツは、ストラップサンダルのデザインを活かしたスタイリングもお手のもの。トップスとサンダルの色を揃えて統一感を。シンプルなお洋服をセレクトすれば、サンダルが主役の着こなしも簡単!

▼黒アンクルパンツ×ベージュフラットサンダル

黒アンクルパンツ×ベージュフラットサンダルのコーデ画像

ヌーディーなフラットサンダルを合わせれば、ヌケ感たっぷりな足元に。カットワークがガーリーなブラウスを黒アンクルパンツで引き締めて大人っぽく仕上げたら、足元は程よい抜けを作ってこなれ感を演出して。

アンクルパンツと靴下の合わせ方

くるぶしが見えるアンクルパンツは、靴下使いで足元に遊びを加えることも可能! 寒い時期も靴下があれば足元は暖か。
靴下の色によって、変化する印象をチェックしてみて!

アンクルパンツ×白靴下

▼デニムアンクルパンツ×白靴下×黒ローファー

デニムアンクルパンツ×白靴下×黒ローファーのコーデ画像

定番の白靴下は、アンクルパンツと靴を違和感なく自然に繋げてくれる。足元がパッと抜けるので、ダークカラーな足元が軽く仕上がります。
かっちりローファー×白靴下で、カジュアルなデニムスタイルにグッドガールな雰囲気をプラス。

▼黒スキニーアンクルパンツ×白靴下×レースアップシューズ

黒スキニーアンクルパンツ×白靴下×レースアップシューズのコーデ画像

白靴下は、ハンサムなレースアップシューズとも相性◎。ボトムスの辛さを白靴下が中和してくれる。ケーブルニットと重ねた白シャツと靴下の色を揃えたバランスも、全身がまとまって見えて◎。

アンクルパンツ×黒靴下

▼デニムアンクルパンツ×黒靴下×白フラットパンプス

デニムアンクルパンツ×黒靴下×白フラットパンプスのコーデ画像

黒靴下は、足元を大人っぽく落ち着いた雰囲気にまとめたいときに便利。淡いベージュトレンチに白パンプスの明るいカラーコーデを、インディゴデニムと黒靴下で大人っぽく引き締めて。

▼デニムアンクルパンツ×黒靴下×スニーカー

デニムアンクルパンツ×黒靴下×スニーカーのコーデ画像

濃いネイビーデニムに黒靴下、さらに黒のスニーカーを合わせてボトムスをワントーンに。同系色で揃えると、脚がスラッと長く見える効果が期待できる!オーバーサイズのボアジャケットを羽緒って今どきカジュアルに。

アンクルパンツ×カラー靴下

▼ベージュアンクルパンツ×ベージュ靴下×パイソン柄パンプス

ベージュアンクルパンツ×ベージュ靴下×パイソン柄パンプスのコーデ画像

ベージュニット×アンクルパンツのワントーンコーデに、同系色の靴下をON。パンプスもベージュベースのパイソン柄で色味を揃えてスタイルアップ。肌の色に近いベージュの靴下は、より自然な仕上がりに。

▼グレーデニムアンクルパンツ×ピンク靴下×サンダル

グレーデニムアンクルパンツ×ピンク靴下×サンダルのコーデ画像

キャッチーなピンクの靴下を取り入れて、グレーコーデに大人の遊び心を取り入れたスタイリング。トップスのボーダーと靴下の色を揃えて、靴下だけが悪目立ちしないようにしたバランスがさすが!

アンクルパンツ×素足風(アンクルソックス)

▼グレーアンクルパンツ×アンクルソックス×ローファー

グレーアンクルパンツ×アンクルソックス×ローファーのコーデ画像

アンクルパンツに素足で靴を合わせたいけれど、サンダル以外はどうしても蒸れたり靴擦れしたりしてしまう……。そんなときは、アンクルソックスがお役立ち。
靴を履いてしまえば、靴下が見えなくなるので素足風のスタイリッシュなコーデが楽しめます。ローファーを素足風にコーデしてメンズライクな仕上がりに。

▼デニムアンクルパンツ×フットカバーソックス×パンプス

デニムアンクルパンツ×フットカバーソックス×パンプスのコーデ画像

アンクルソックスだとどうしてもはみ出てしまうパンプスには、専用のフットカバーソックスがオススメ。すべりやズレ、蒸れを防止してくれて、素足風のオシャレな足元が完成! ボリューミーなケーブルニット×デニムの足元を、素足風に仕上げてこなれさせて。

おすすめのアンクルパンツ

一言で”アンクルパンツ”といっても、そのシルエットはさまざま。すっきりシルエットから、ゆるっとしたリラックスシルエットまで、お好みに合わせてセレクトしてみて。
ここでは、オススメの3タイプをご紹介します。

『スキニー』アンクルパンツ

▼ブルーデニムスキニーアンクルパンツ

ブルーデニムスキニーアンクルパンツのコーデ画像

スキニータイプのアンクルパンツは、すっきり感が最大の魅力。ざっくりニットを合わせても、パンツがシルエットを引き締めてくれるので野暮にならずバランスアップ!
鮮やかな青ニット×ブルーデニムのワントーンに、上品なキャメル小物を添えてレディなアクセントを。

▼黒スキニーアンクルパンツ

黒スキニーアンクルパンツのコーデ画像

ふわっとしたモヘアニットに黒スキニーのアンクルパンツを合わせてニットの甘さを抑えたカジュアルスタイル。シャープなパンツのシルエットが、ニットの柔らかな質感をより引き立ててくれる。

『スラックス』アンクルパンツ

▼黒スラックスアンクルパンツ

黒スラックスアンクルパンツのコーデ画像

タックを施した程よいゆとりのあるスラックスアンクルパンツは、キレイめコーデを楽しみたいときに。
ボーダートップスを合わせて、黒のハンサムなスラックスをカジュアルダウン。赤バッグ&リップでモノトーンコーデに彩りをプラス。

▼ネイビースラックスアンクルパンツ

ネイビースラックスアンクルパンツのコーデ画像

ネイビーのスラックス以外をベージュアイテムでまとめたリラックス感漂うキレイめコーデ。ダークカラーのパンツも、アンクル丈なら足首が覗いて軽やか。腰まわりにゆとりがあり、裾に向かって細くなるシルエットで脚のラインをキレイにメイクしてくれる。

『ワイド』アンクルパンツ

▼黒ワイドアンクルパンツ

黒ワイドアンクルパンツのコーデ画像

重心が下がりがちなワイドパンツは、アンクル丈をセレクトすると足元にヌケ感が生まれスタイルアップ!
黒のワイドパンツ×ブーティの重めな足元も、チラ見えする素肌がヌケ感を演出。変形トップスを合わせてモードなモノトーンコーデに。

▼ベージュワイドアンクルパンツ

ベージュワイドアンクルパンツのコーデ画像

ロング丈コート×ワイドパンツの難しいバランスも、アンクル丈なら難なくクリア。足元が軽く仕上がっておしゃれなバランスに。さらにパッと目を惹く鮮やかカラーのトップスをインナーにすれば、目線が上がってスタイルアップ!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW