FASHION

オフィスカジュアル「ワンピースコーデ」の正解は?【お手本20選】

2019/04/12

通勤服の規定としてよく聞くオフィスカジュアルですが、何を着ればいいのか迷ってしまう人もいるのでは?今回はそんなオフィスカジュアルの中でも、1枚でラクにコーデが完成するワンピースにスポットを当ててご紹介!今年の春から新生活を送る人も、ぜひ参考にしてみて。

オフィスカジュアルの「色別」ワンピースコーデ

業種や企業によって考え方は異なりますが、オフィスカジュアルとは「フォーマルすぎず、ビジネスの場に馴染む適度にカジュアルな服装」というのが一般的。毎日の服選びでもシンプルなアイテムが主になってきます。まずは、そんなシンプルコーデのマンネリ化を防ぐポイントを『色別』でご紹介いたします。

ホワイト・ベージュ系

▼目を引く明るいカラーで清楚な印象に

オフィスカジュアルでは清潔感ときちんと感を意識するのが重要!ホワイトに近いライトベージュですっきりとした印象を持たせつつ、明るく華やかにコーデを仕上げるとさらに好印象。1枚で女性らしく優しい雰囲気を演出してくれるので、1枚あると必ず重宝するキーアイテム。

▼大人かわいいを忘れない主役級なベージュ

無駄のない大人かわいいベージュワンピース。シンプルだからこそ、シルエットや合わせる小物はこだわりたいもの。裾に広がりのある形やヒールパンプスで格上げコーデに仕上げて。足首が見えるミモレ丈をチョイスすればほっそり美脚効果も♡

ブラック・ネイビー系

▼トレンドのレギンススタイルをオフィスカジュアルでも活用

落ち着きカラーが多くなりがちなオフィスカジュアル。気分を変えて脱・マンネリするならコントラストを強調させたレギンスコーデがオススメ。レギンスは、ワンピースのカラーと濃淡がつくものを選ぶとそれぞれのアイテムが活きるスタイリングに。薄い同系色同士だとコーデ全体がゆるくなってしまうので要注意!

▼他アイテムとの色合わせをポイントに

上品なイメージを強めてくれるネイビーのワンピース。差し色に、人気の赤パンプスを投入すると見栄えも◎。ポインテッドトゥのパンプスできちんと感はそのまま残しつつも、さりげない色使いでシンプルなオフィスカジュアルを楽しんで。

▼きれいめブラックは女性の魅力を引き出すカラー

きれいめの代表格ブラックのワンピースは、袖の切り替えがポイント。細かいドットチュールからのぞく肌見え効果で重たくならない印象に。二の腕やひざ下などの気になる部分をカバーしてくれるデザインなので頼れる1枚になること間違いなし。オールシーズン着ることができる素材なので、オフィスコーデにお困りのアナタは必見!

グレー系

▼シンプル+オシャレが実現するライトグレー

上品でレディな雰囲気が漂うライトグレーのタイトニットはカーディガンを羽織って正統派コーデに仕上げて。アクセサリーをプラスして華やかに装うこともできれば、そのままシンプルに着るだけでもおしゃれ見えなカラーなので、シーンに合わせて着こなしを変えるのもOK。

次ページ> オフィスカジュアルの「柄別」ワンピースコーデ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW