カーキスカートコーデを徹底解析!種類・丈別・季節別にご紹介!

【丈別】にチェック

スカートの丈は、膝が隠れる程度のミディ丈、裾がふくらはぎ辺りまであるミモレ丈、足首まである最も長い丈のマキシ丈などに分類されます。ここでは丈別にカーキスカートのコーデをご紹介。あなたの気分に合うのはどれ?

ミディ丈

▼グレートップスでデイリーコーデ

グレートップスでデイリーコーデの画像

グレーのワッフルTシャツとカーキスカートを合わせたデイリーコーデ。グレーとカーキがなじみ、サンダルとバッグのブラウンが差し色として効いています。ミディ丈は脚の露出が多くなるので、素足で穿くと元気な印象に。

▼ボーダーシャツで軽快に

ボーダーシャツで軽快にしたコーデ画像

ボーダーシャツ×カーキスカートで軽やかな印象のご近所コーデに。カジュアルなアイテム同士の組み合わせは、腕をまくったり素脚を見せたり、適度な露出で女っぽさをちりばめるのが正解。

ミモレ丈

▼白Tシャツ×フレアスカートでさわやかに

白Tシャツ×フレアスカートでさわやかにしたコーデ画像

白無地Tシャツ×カーキスカートのシンプルカジュアルに、ストライプパンプスをON。足元にほんの少し柄を足すことで、おしゃれ感が段違いに! ミモレ丈は脚を上品に見せてくれるから、春夏は素足で穿くのがおすすめ。

▼スエードのフレアスカートで季節感を出して

スエードのフレアスカートで季節感を出したコーデ画像

こちらはスエード素材のフレアスカート。その他アイテムを黒でまとめて、主張のあるスカートをコーデの主役に。ショートブーツからチラ見えする素足でフェミニンさをON。

マキシ丈

▼デコルテ見せで抜け感を作って

デコルテ見せで抜け感を作ったコーデ画像

ロング丈のカーキスカートを黒アイテムと合わせたシャープなスタイリング。秋らしいダークな色合いのときは、広めのVネックでデコルテを見せたり、さりげなく袖をまくって手首を見せたりすると、抜け感が生まれてGOOD。

▼白×カーキのバランスが◎

白×カーキのバランスが◎なコーデ画像

冬らしいざっくりとしたケーブルニットにカーキスカートをコーデ。やわらかな白のニットとクールなカーキのバランスが秀逸。ボリューミーなハイネックは小顔見え効果を狙える。

【種類別】にチェック

ここからはスカートの種類別に、カーキスカートのコーデをご紹介。数あるデザインのなかでも、今季はとくにプリーツスカート、チュールスカート、ベイカースカートがトレンド。ぜひ、あなたのお気に入りを見つけてみて。

プリーツスカート

▼カーキのグラデーションコーデ

カーキのグラデーションコーデの画像

赤みカーキのウールコートに、黄みカーキのプリーツスカートを合わせたグラデーションコーデ。スカートのシャイニーな質感で、沈みがちな冬コーデを華やかにアップデート! 黒トップスを挟んでコーデを引き締めて。

▼ネイビー×カーキに赤が映える

ネイビー×カーキに赤が映えるコーデ画像

ネイビーのニット×カーキのプリーツスカートの組み合わせに、赤系チェックのストールが映えます。暗くなりがちな秋の配色には、ビビッドな小物を差し色するとGOOD。

チュールスカート

▼ハイウエストスカートをタックインして

ハイウエストスカートをタックインしたコーデ画像

バレリーナのようなミモレ丈チュールスカートに、トップスをタックインして着こなして。甘めなチュールスカートも、カーキなら糖度低めで大人でも臆せず着られちゃう。

▼タックアウトして旬なシルエットに

タックアウトして旬なシルエットにしたコーデ画像

黒トップスをウエストにインせずアウトしてルーズに着こなすのがイマドキ。キャップやメガネなど小物は黒でそろえて、遊び心あふれる大人カジュアルに。

ベイカースカート

▼シンプルなワンツーコーデ

シンプルなワンツーコーデの画像

ベイカースカートとは、大きな前ポケットがあるタイトスカートのこと元々パン職人のために作られた仕事着であるベイカーパンツのスカート版です。シンプルなワンツーコーデは、インパクト大なプリントが目を惹くバッグをアクセントにして地味見えを回避!

▼とことんカジュアルをエンジョイ

とことんカジュアルをエンジョイしたコーデ画像

ネイビーのフーディにカーキのベイカースカートを合わせたカジュアルスタイル。ベレー帽と生成りコットンバッグを合わせて、とことんカジュアルを楽しもう。大ぶりなイヤリングがアクセントになって映えます。

【靴下】を合わせるときはベーシックカラーで

靴下を合わせるなら、白、黒、グレーのベーシックカラーがGOOD。違和感なくコーデになじみます。悪目立ちせず失敗が少ない色だから、初心者さんにもおすすめ。

白靴下

白靴下のコーデ画像

黒のハイカット「コンバース(CONVERSE)」から白靴下をチラ見せ。白×黒のベーシックな組み合わせで、足元が一気におしゃれ見えします。グレーのニットはカーキプリーツスカートに前だけインして、こなれ感をメイク。

黒靴下

黒靴下のコーデ画像

レースのノースリーブトップスにカーキフレアスカートを合わせた清楚なコーデには、黒ローファーと同色の黒靴下を合わせて、足元に一体感を出すのが正解。小物は黒でそろえてシックに引き締め、上品さをアピール。

グレー靴下

グレー靴下のコーデ画像

黒のハイカット「コンバース」からグレーの靴下をのぞかせたコーデ。カジュアルな装いにグレー靴下が自然になじみます。ベーシックカラーの靴下なら悪目立ちせず、コーデのよいアクセントになってくれるからおすすめ。

【オフィスシーン】の正解コーデ

オフィスカジュアルがOKな職場なら、カーキのスカートが活躍。ジャケットを投入すれば一気にONのムードが高まります。ジャケットなしでもトップスや靴をベーシックカラーでまとめれば、落ち着いたお仕事服に変身。オフィスでもカーキスカートを取り入れてみて。

グレーダブルジャケット×カーキタイトスカート

グレーダブルジャケット×カーキタイトスカートのコーデ画像

ブライトなカーキのタイトスカートは、ジャケットがあれば即オフィス仕様に変身。インナーは白Tシャツですっきりと。ジャケットの肩がけは、夏の冷房対策にもぴったりです。

フィット&フレアでバランスよく

フィット&フレアでバランスよくしたコーデ画像

タイトな黒タートルネックニットにカーキトレンチスカートを合わせて、レディなフィット&フレアシルエットに。スカートのフロントボタンが奥行きをメイクしてくれる。上品なキャメルバッグを投入して、より大人っぽく。

春夏のコーデ例

カーキはどうしても重く見えがちなので、春夏はコーデに軽さを出すことがポイント。デコルテ見せやスリットからの脚見せ、サンダルからの素足見せなど、ちょっとした工夫で軽さを出せば抜け感やこなれ感につながります。

異素材スカートをライダースで着こなす

異素材スカートをライダースで着こなしたコーデ画像

フリルや異素材が重なったカーキスカートを、ライダースジャケットできれいめモードに。こなれ感漂うカーキなら、凝ったデザインも難なく取り入れられる。ボーダートップスを挟んで、さらに着こなしの深みをアップ。

デコルテ見せで軽さを演出

デコルテ見せで軽さを演出したコーデ画像

サイドポケットやウエストベルトがワークテイストなカーキのフレアスカート。足元にレディなパンプスをプラスして女っぽカジュアルに。デコルテが広く開いたVネックニットで軽やかに仕上げた春コーデ。

デコルテ見せ&タイトスカートでフェミニンに

デコルテ見せ&タイトスカートでフェミニンにしたコーデ画像

デコルテを魅せるVネックの白ブラウスに、タイトなラインが女性らしいカーキのタイトスカートを合わせた女っぽカジュアル。足元はフラットサンダルで抜け感をプラスすると、こなれた印象に。

秋冬のコーデ例

秋冬はカーキが似合う季節。スポーツMIXや上品コーデなど、コーデのテイストを決めてから服を選ぶと、よりファッションが楽しめるはず。先に主役になるアイテムを選ぶだけで、コーデがすっきりとまとまります。

スポーツMIXコーデ

スポーツMIXコーデの画像

ネイビー×カーキのなじませ配色に、カジュアル小物をプラスしたスポーツMIXコーデ。全身カジュアルなときは、フレアシルエットのスカートをセレクトして女性らしさを薫らせて。白スニーカーで足元に軽さを出すと好バランス。

キルティングスカートで上品に

キルティングスカートで上品にしたコーデ画像

キルティング素材が個性的なカーキスカート。トップスにシンプルな白ニットをもってくることで、自然にスカートが主役に。ライトベージュのショートブーツで上品にまとめて。

冬のこなれカジュアルスタイル

冬のこなれカジュアルスタイルのコーデ画像

カーキタイトスカートにフラットシューズを合わせ、ハンサムなチェスターコートを羽織ってこなれカジュアルに。カーキとなじむグレータイツで足元の重さを解消。ふわふわのファーバッグで季節感を高めて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW