LIFE STYLE

新シリーズ配信決定!『テラスハウス』にアメリカ人も夢中♡なワケ

2019/04/12

現在Netflixで配信中の『テラスハウス OPENING NEW DOORS』が最終回を迎えたことで、ちょっぴり郷愁に浸っているファンの皆様も多いのではないでしょうか。実は、アメリカでもテラスハウスは人気を博しているんです!
人気の秘密を探るべく、ニューヨーク在住のエディターREIKOがイケメンアメリカ人たちを突撃取材!

話を聞いたイケメンアメリカ人はこちら

profile:NEIL

ショップ経営、オークランド在住の34歳。『テラスハウス OPENING NEW DOORS』をきっかけにテラスハウスにハマる。

profile:DAVID

レストラン勤務、ロサンゼルス在住の33歳。好きなテラスハウスのシリーズは『テラスハウスBoys&Girls in the city』と『テラスハウス OPENING NEW DOORS』。

profile:MIGUEL

アパレル勤務、ロサンゼルス在住の30歳。テラスハウス視聴歴は『テラスハウス ALOHA STATE』と『テラスハウス OPENING NEW DOORS』。

『テラスハウス』ってアメリカでどのくらい人気?

MIGUEL(以下M):Netflixで配信しているので、けっこう認知度は高いですよ。僕は仕事柄日本との関わりもあるので、興味があって見始めたんだけど、ハマっちゃいましたね。

NIEL(以下N):僕は日本語も勉強したいな〜と思って見始めたんだけど、いわゆるアメリカのリアリティーショーと違ってキュンキュンきちゃったよ。でも、“コンバンワ”とか、“チョウスゴ〜イ”とかは覚えたよ。何かしら日本に関わりのある人は興味があって見ているよね。

REIKO(以下R):どのあたりにキュンキュンしたのですか?

N:まず、全体が穏やかに流れていくよね。アメリカ人同士の恋愛模様って“ドラマ”(泣き出したり喧嘩して平手打ちとかしたり……)がつきものだから。それに加えて日本人は本当に穏やかに恋愛していくよね。

David(以下D):それは僕も思った。やっぱりアメリカ人の女性は強いし、男女関係のもつれも多いからね。そのたびに喧嘩したり、いろんなドラマが絶対に起こるから。日本人は穏やかでいいよ〜。

『テラスハウス』で日本人に対する恋愛観が変わった!?

M:でも、意外だったのが、日本人は思ったより、けっこうダイレクトに感情表現するんだね。もっと自分の思っていることを隠す国民性だと思っていたから。

R:どのあたりでそう思ったのですか?

N:ダイレクト、それ、わかるかも! 寮長は誰かが卒業すると何度か涙を流していたし、シリアスな場面でも、女の子が泣いたりするのは想定内だけど、けっこう男性が涙もろい……。

寮長:本名は中村貴之。オープニングメンバーの最年長で、“寮長”のニックネームで親しまれる。皆を引っ張る兄貴的な存在。

D:翔平の卒業のときなんて、みんなで号泣!アメリカ人の男性って、そんなに泣かないよね。あと、けっこう綾が寮長にガンガンアタックしたり、麻由が至恩やノアをいいと思っているってダイレクトに言っていたし、女の子がけっこう積極的だなって思った。

翔平:ミュージシャン。「THREE1989」のボーカルを務める。九州男児らしい男らしさと、ロマンティックな一面を併せ持つ。人情深く涙もろい。/綾:女子大生。天性の明るさでムードメーカー的な役割を果たす。テラスハウス卒業後はブランド「STELLA VIANA」を立ち上げる。/麻由:グラビアモデル。その豊満なボディに加え、明るい性格と端正な顔立ちで男性陣に騒がれるも、ハンター的な性格が仇となり、誰とも結ばれずに卒業。/ノア:パイロットを目指す日本人とオーストリア人のハーフ。その甘いマスクと鍛え抜かれたボディで10歳年上の聖南をゲット。晴れてカップルに。

R:涙もろいか〜。日本人は情に深いんですよ!ところで、みなさんは『テラスハウス OPENING NEW DOORS』の登場人物の中では誰が好きですか?

全員:やっぱり、つーちゃん(つば冴)いいよね〜! 素直で明るいし、笑顔がいい!

<写真左>つば冴:テラスハウス史上一番ピュアなメンバーとも言われる。アイスホッケーに打ち込み、とにかく笑顔を絶やさない。<写真右>至恩:モデルとして活躍。優しい雰囲気でテラスハウスを和ませる。

R:そうなんですね! 確かにつーちゃんは可愛いけど、全員がそう答えるとは思わなかったです。

N:お父さんとの関係も心温まるし、素直が一番だよ。でも、美人だけど聖南さんもクレイジーで面白いから好き。

聖南:テラスハウス常連メンバーで映画版テラスハウスを含めると4度の登場歴がある。お酒好きの姉御タイプで、軽井沢編ではノアとカップルに。

M:わかる! 聖南さん、クレイジーで面白いよね。キャラクターが立っているというか。毎晩ワイン飲んでるし、ワイングラスの回し方とかキマっている。あの姉御みたいなキャラクターもテラスハウスの中では必要だよね。そういう意味では寮長もみんなをまとめてくれていたし、ファッションもアメリカ人好みでおしゃれだと思うよ。

D:僕は断然つば冴と至恩!あのカップルはまさに理想だよ!アメリカのドラマってすぐに浮気したり、すぐにエッチに持ち込むけど、そうじゃないピュアな感じもテラスハウスにハマる理由かな。つば冴と仲が良かった安未ちゃんも可愛いけど、あのワガママな感じはちょっと苦手かな。冬の軽井沢でショートパンツを履いていたのも変な感じがしたし、つば冴が一番ナチュラルでいいよ。

安未:オープニングメンバーでつば冴とも仲良し。男性陣のハートをさらっていくも、誰とも恋に落ちずテラスハウスを卒業していく。

至恩がバレンタインでつば冴に告白し、晴れて二人はカップルに。

アメリカの恋愛模様と違うところが人気の秘密?

N:やっぱりいちいち喧嘩がないっていうのはいいよね。アメリカ人の恋愛は激しいから疲れちゃったりもするし。あの穏やかな感じがピュアで、いけないものを覗き見しちゃってる感じがするんだ!

M&D:それ、わかる! リアルにあのピュアでモジモジした感じで恋愛が進んでいくってアメリカにはなかなかないからいいよね。 軽井沢編が終わっちゃうったのが悲しいけど、今から新シリーズの東京編が楽しみだよ!

「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」はNetflixで配信中、フジテレビにて毎週(月)24時25分~放送中。
(C)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

Text : Reiko Suga

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW