FASHION

【一覧表】スカートの種類を骨格・シルエット・素材別に知ろう

2019/09/30

種類がたくさんありすぎるスカート。「どれが自分に似合うか迷う…」なんて貴女に【丈別】【デザイン・シルエット別】【素材別】【骨格別】でスカートの種類と違いを紹介! 一覧表を参考にしてみて。

【丈別】スカートの種類

丈感によって、印象や着こなしポイントが変化するスカート。「自分の好みや体型に合うスカートを選ぶのが難しい……」なんて声も聞こえるけれど、逆を言えばさまざまな丈をチョイスできる分、着こなしの幅が広がってファッションをより楽しめる!
まずは、スカート丈の種類と丈別の着こなし術をレクチャー。

ミニ丈スカート

ミニ丈のスカートは、大人可愛いコーデを目指すときにオススメ。ジワジワとトレンドにも復活の兆しが見えているのでぜひ注目したい。
大人が着るなら、タイツで露出を控えめにするといやらしくならずバランス◎。こちらは、モノトーンコーデにラベンダーのミニスカートを差し色にして大人可愛いを実現!
春夏は、オーバーサイズトップスなどカジュアル要素を混ぜてヘルシーに着こなすのが理想。

膝丈スカート

膝丈スカートは、程よく脚のラインを主張できる女っぽいアイテム。ただ、膝が見える分フレアシルエットだと少し子供っぽくなりがちなので、控えめな広がりのAラインがおすすめ。
落ち着いた色合いのカーディガンと合わせてキレイめにスタイリングすれば、オフィスで華やぐスカートコーデの完成。

ミディ丈スカート

どんな体型・身長の人もバランスを取りやすいのがミディ丈のスカート。膝がちょうど隠れる丈なので落ち着いた雰囲気をプラスできます。
こちらは、デニムジャケットを肩がけして、力の入り過ぎないキレイめカジュアルが素敵。真っ白なレースなら清潔感も漂ってクリーンに。

ミモレ丈スカート

シックな大人っぽい雰囲気を演出するならミモレ丈のスカートをセレクト。ふくらはぎのふくらみ部分に裾がくるので、脚が太く見えないように全体をすっきりまとめると好バランス。
タイトなリブニット×タイトスカートでIラインを作ればスタイルアップが叶う! フレアスカートのときも、すっきり感を重視してみて。

ロング丈スカート

足首辺りまでのロング丈スカートは、モードに決まるアイテム。重心が下がる分、トップスはコンパクトに。
こちらは、シックな茶色のロングスカートに、白トップス&ブーツで着こなしの上下にヌケ感をプラス。キャッチーな柄バッグで遊び心を添えて。上手く使えばスタイリッシュな大人コーデが実現できる。

マキシ丈スカート

脚のラインを完全カバーしてくれるマキシ丈スカート。ボリュームのあるアイテムなので、柔らか素材で軽やかに仕上げると、今っぽいリラックス感漂う着こなしに。
脚の露出がゼロなので、オフショルなどで上半身の素肌を見せてもヘルシー。黒×白のモノトーン配色で大人っぽく。

【シルエット別】スカートの種類

スカート丈の次は、スカートの『シルエット』をマスター! 定番のスカートから、トレンドのデザインスカートまで、種類とお手本コーデを一挙ご紹介します。あなたはいくつ知ってる?

フレアスカート

「フレアスカート」は、ふんわりしたシルエットがレディなアイテム。一言でフレア、といっても実はさまざまなタイプがあります。そんなフレアスカートの種類とコーデ術を見ていきましょう。

タックスカート

タックの入ったフレアスカートは、ウエストまわりのすっきり感をキープしつつふんわり広がるシルエットを楽しめるアイテム。甘さ控えめなので、スニーカー合わせのカジュアルコーデにもなじみます。ベージュスカートを黒で引き締めて、大人カジュアルに。

ギャザースカート

ウエストにギャザーがたっぷり入ったスカートは、腰からふんわり広がるのでレディな雰囲気がより高まります。コンパクトなトップスをインすることで、ウエストの細さを強調し華奢見えが叶う! 華やかなカラースカートで女っぽく着こなして。

サーキュラースカート

裾を広げたときに、円のようなラインになるのがサーキュラースカート。ドラマティックに広がるので、女度が強め。モノトーンでまとめたり、辛めアイテムを組み合わせて大人バランスを作ってみて。スカートのボリュームに負けないショートブーツで足元に程よいボリュームを持たせたのも◎。

トレンチスカート

トレンチのディティールを取り入れたフレアスカートは、インパクト大な主役アイテム。これ1枚で様になるので、シンプルなトップスを合わせてスカートのデザインを引き立てて。フロントのボタンが縦ラインを作ってくれるので、自然と脚長に見えるのも嬉しいポイント。

タイトスカート

「タイトスカート」は、まっすぐラインのペンシルスカートが主なアイテム。丈感によって印象が大きく変わるので、なりたいイメージに合わせて上手にセレクトするのがオシャレ見えへの近道。また、タイトだけど体型カバー力が抜群のコクーンシルエットもとっても使える! おしゃれさんの着こなしを参考に、ベストなバランスを目指してみて。

ペンシルスカート

ロング丈のペンシルスカートは、モードさが追加されてレディに着こなしても今どきなバランスに。ヌーディーなサンダルなら、足元にヌケ感が生まれてバランスアップ。トップスにノースリーブをセレクトすると、肩からスカートまでの縦ラインが作れてどこまでもスタイルアップが叶う。

コクーンスカート

ヒップはふんわり、裾はタイトなコクーンスカートは、腰まわりを優しく包み込んで体のラインを隠してくれるので体型カバーにもってこい! すっきりしたシルエットできちんと感を演出できるので、オン(オフィス)コーデにも着回し可能。
ハイウエスト+長めの丈を選べば、縦のラインが強調されてスタイルアップもかなう。

プリーツスカート

「プリーツスカート」は、ひだの折り方によってイメージチェンジ。可憐なレディスタイルからきちんと感のあるグッドガールコーデまで、選ぶプリーツによってコーディネートが楽しめる!
ぜひ、印象の違いをマスターして着こなしの幅を広げて。

アコーディオンプリーツ

細かなプリーツとなめらかに広がるシルエットが繊細なシフォンのノーマルプリーツスカートは、揺れる裾がレディな着こなしをアシストしてくれるアイテム。
ベージュ×アイボリーの優しげなワントーンでより女性らしい装いに。プリーツの立体感が奥行きをメイクして深みが増します。

ボックスプリーツ

ボックスプリーツスカートは、構築的な雰囲気を作ってくれるのでモードに仕上がるアイテム。全体にプリーツを施したスカートなら、動きに合わせてスカートがダイナミックに表情を変化してくれる。スカート以外を黒でまとめて淡い水色を引き立てて。

デザインスカート

今までご紹介してきた定番の他にも、スカートのバリエーションはさまざま。それぞれの特徴を活かしてパーフェクトな装いを目指して。
大人コーデにオススメの9タイプをガイドします。ぜひ、お手本コーデを真似してみて!

ティアードスカート

生地を重ねたり、切り替えたりして段々になったティアードスカートは、立体的で着こなしに躍動感をプラスしてくれる。
こちらはストライプ生地を縦と横に使って、ティアードをより際立たせたスカートを黒ノースリーブでシンプルにコーデ。ワンツーコーデもティアードスカートなら奥行きたっぷり。

程よい厚みのレザー素材なら、ティアードが広がってとってもモード! 主張が強いので、オールブラックでまとめて色味を抑えて。ニットのマットな質感とレザーのツヤのコントラストでメリハリを。

ラッフルスカート

フロントにラッフルを施したミディ丈スカートは、上品で女っぽいスタイルにピッタリ。歩くたびに揺れるラッフルがシンプルコーデをぐっとこなれさせてくれる。
ラッフルを潰さないようにトップスをインしたり、短め丈のトップスをセレクトするのがお約束。

ラップスカート

生地を腰にぐるっと巻いたような重なりが特徴のラップスカート。重なり部分にできる縦ラインとスリットでシャープな印象に。ロング丈でも歩きやすく、大人っぽいけれどアクティブに着こなせるのも嬉しいポイント。
黒×ブラウンの落ち着いた配色に、白スニーカーでカジュアルなヌケ感をプラスして。

フィッシュテールスカート

魚のしっぽのように、後ろが長くデザインされたフィッシュテールスカート。前・横・後ろと見る方向によって表情を変えてくれるので360度美人見えが叶う!
短丈ニットを合わせて、スカートのシルエットを引き立てるとよりドラマティックな装いに。

ヘムスカート

すそがギザギザなデザインが特徴のヘムスカートは、揺れるたびにすその短い部分からのぞく脚がちょっぴりセクシーな印象。特徴的なスカートなので、トップスはシンプルにまとめてみて。

マーメイドスカート

人魚の尾ひれのように裾が広がったマーメイドスカートは、女っぽさ満点。アダルトにならないように、キャッチーなドット柄でお茶目な遊び心をプラスして。足元にシャープなブーツを合わせたり、白黒でまとめたのも辛さが加わって好バランス。

ペプラムスカート

ウエストにぺプラムを施したスカートは、お腹まわりをぺプラムがカモフラージュしてくれるので、タイトでも着こなしやすい。
トップスをインして、ウエストのデザインを目立たせて。キュッと締まったベルトとぺプラムの広がりがメリハリを作って細見えは確実!

裾ぺプラムスカートは、フリルが控えめに揺れてクラス感漂うアイテム。長め丈をセレクトしてシックに着こなせば、品のある大人コーデが完成。
下半身にデザインポイントがあるので、トップスは明るい色でヌケ感を作ると全体のバランスが整います。トランペットやユリの花に似てることから、トランペットスカートやリリースカートとも呼ばれる。

切り替えスカート

複数の生地が重なったようなデザインの切り替えスカートは、1枚で奥行きたっぷり。スカートに使われている色と、トップス&小物の色を統一するとまとまった印象に。こちらのコーデでは、スカートの黒に合わせてその他のアイテムをセレクト。

ジャンパースカート

ジャンスカとも略されるジャンパースカートは、袖がなくエプロンのような形が特徴。サロペットスカートや吊りスカートもジャンスカの一種。子供っぽく見えがちなジャンスカを大人に着こなすには、Vネックのもの、ウエストがマークされているもの、ハリのある質感のものを選ぶと◎。

バルーンスカート

裾をゴムやタックで絞って風船のようなふくらみを表現したバルーンスカートは、ユニークなシルエットが着こなしに遊び心をON。風が吹いてもスカートがめくれないので着ていて安心感も◎。ゆるっとこなれたシルエットに仕上げて、今っぽいリラックス感を漂わせて。

エスカルゴ(スパイラル)スカート

カタツムリの殻の渦巻きのように、らせん状に切り替えられたエスカルゴスカートは、エレガントな女性らしさを演出。キレイめな印象でオンコーデになじむスカートです。
パッと目を惹く赤のエスカルゴスカートにファー袖のトップスを添えて大人フェミニンに。

【素材別】スカートの種類

シルエットの次は、素材別にスカートの種類と着こなしをご紹介。丈感・種類に加え、素材も印象を大きく左右するエッセンスなので、選ぶときの重要なポイントになります。素材で変わる雰囲気をマスターして、お買い物に役立てて。

チュールスカート

▼ロング丈黒チュールスカート×ボーダートップス

繊細なチュール素材のスカートは、女っぽくて可愛い雰囲気。シックな色やカジュアルさをMIXして大人バランスに仕上げるのがおすすめ。
こちらのコーデでは、黒のチュールスカートにボーダー柄でカジュアルな親しみやすさを添えて大人っぽく昇華。シルバー小物でシャープなアクセントを。

▼チュールレイヤードスカート×ダウンジャケット

花柄スカートにチュールを重ねて透けさせた可憐なスカートには、メンズライクなダウンジャケットをMIXして甘辛に。シックな黒コーデに、花柄のイエローが微かに透けて華やぎをプラス。バッグもイエローをセレクトしてフレッシュに。

レーススカート

エレガントなレース素材のタイトスカートは、コンサバに着るよりも少しカジュアルダウンするとこなれ感が生まれておしゃれ見え!
ふんわりした質感のニットと合わせれば、女っぽさをさらに後押し。

キルティングスカート

カジュアルなキルティング素材は、レディなフレアスカートも甘過ぎず大人なバランスに。さらに程よい厚みでスカートのシルエットをきれいに保ってくれる!
ワインレッドのキルティングスカートを黒トップスで引き締めて。キルティングの立体感でシンプルコーデもランクアップ。

レザースカート

ハードな印象のレザー素材スカートは、モノトーンでまとめてクールに着こなすのが正解。スニーカー合わせでカジュアルな親しみやすさをプラスすれば、デイリーにも使いやすい。レザーのツヤ感が大人のクラス感も演出してくれます。

【骨格別】似合うスカート・似合わないスカート

ショップで「このスカートかわいい! 」と手に取ったものの、いざ履いてみると「なんか似合わない……。」ということよくありませんか? ここでは、一般的によく使われている骨格のタイプと、骨格別に似合う・似合わないスカートをご紹介します。あなたの骨格タイプと似合うスカートを見つけてみて。

あなたはどのタイプ?【骨格3タイプ】

『ストレートタイプ』の特徴

(1)身体に厚みがあり、ヒップのラインも立体的なタイプ
(2)筋肉の肉感があり、鎖骨や肩甲骨などの骨があまり目立たない
(3)ハリのある肌が特徴

『ウェーブタイプ』の特徴

(1)厚みがなく華奢な身体で、ヒップのラインは平面的
(2)上半身が薄いので、下半身が重めに見える
(3)やわらかい質感の肌が特徴

『ナチュラルタイプ』の特徴

(1)肉感があまりなくスラっとした身体と平面的なヒップラインが特徴
(2)骨太で関節が目立つタイプで、膝の皿は大きい
(3)全体的に四角形のようなフレームの骨格

《骨格別》似合うスカート・似合わないスカート【丈編】

『ストレートタイプ』

身体に厚みのあるストレートタイプは、太ももが太く見える“ミニ丈”と、半端な丈でバランスが悪く見える“ミモレ丈”はあまり似合いません。 ひざ下が見える“ひざ丈”や、Iラインが強調される“ロング丈”のスカートはよく似合います。ただし、ボリュームの出ない質感のものを選ぶこと。

『ウェーブタイプ』

下重心のウェーブタイプは、重く見えてしまう“ロング丈”はあまり似合いません。履きたいときは、うすい素材のものを選んで。“ミモレ丈”は、重く見えない短めの丈なら〇。脚が短く見えてしまう“ひざ丈”もあまり似合いません。一方で、 “ミニ丈”と、バランスのよいひざ下の“ミディ丈”はよく似合います 。下半身は、軽さを意識したスカートを選ぶのがポイント。

『ナチュラルタイプ』

スラリとしたボディで、関節が目立つナチュラルタイプは、脚が貧相に見える“ミニ丈”や、ひざが見えて骨が目立つ“ひざ丈”はあまり似合いません。 ボリュームのある長めの丈“ミディ丈”、“ミモレ丈”、特に“ロング丈”はよく似合います。ゆったりしたサイズ感、ざっくりした質感のスカートを選ぶとバランスがとれます。

《骨格別》似合うスカート・似合わないスカート【シルエット編】

『ストレートタイプ』

ストレートタイプは、ボリュームの出る“フレアスカート”、“プリーツスカート”、“ティアードスカート”は着太りして見えるので、あまり似合いません。履きたいときは、ロング丈のものを選んでIラインを意識すると〇。 スッキリ見えが叶う“タイトスカート”は、とてもよく似合います 。やわらかい質感のものは避けて、ハリのある素材を選んで。柄は大ぶりのものがオススメ。

『ウェーブタイプ』

比較的どんなシルエットのスカートも似合います。 下半身が軽く見える“フレアスカート”は特に似合います。スカートを選ぶときには、シルエットよりも軽やかに見えるふんわりした質感を意識するのがポイント。シフォン素材やツイード素材、小さめの柄、身体が寂しく見えない装飾的なスカートが似合います。

『ナチュラルタイプ』

着太りして見える“ティアードスカート”と“プリーツスカート”や、ふんわりしていて骨のたくましさが目立つ“フレアスカート”はあまり似合いません。ただし、 ラフな素材のプリーツスカートや、ロング丈のフレアスカートは〇 。デニム、コーデュロイのようなカジュアルな素材や、チェック柄、ボーダー、ストライプ、ボタニカル柄のスカートを選んでみて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW