FASHION

大人っぽくまとまる!「ギンガムチェックシャツ」のコーデ術16

2019/04/12

何歳になっても、乙女心くすぐるギンガムチェックシャツ。手に入れたはいいけれど、子供っぽくなってしまう、合わせ方が分からずいつも同じ組み合わせになってしまうなんて悩みがありがち。ここでは、レディースのギンガムチェックシャツを大人らしく、さらに着こなしの幅を広げてくれるコーデ術をピックアップ!

カーディガンを肩がけして大人っぽく

ガーリーすぎ? 色によってはほっこりしちゃう? そんなギンガムチェックシャツが持つお悩みは、カーディガンの肩掛けテクで大人らしさをプラスするだけでOK! 簡単なのにいつものスタイルが見違えるテクは必見。

差し色のイエローを効かせる

そのままデニムと合わせると、ほっこり感が強くなってしまうギンガムチェックシャツ。そんなときは、目に鮮やかなイエローカーディガンを足して都会派にシフト! 小物はモノトーンでベーシックにまとめて。

「プロデューサー巻き」でメリハリON

全体をモノトーンで統一したギンガムチェックシャツコーデ。モノトーンの上品さをキープしながら個性も演出してくれるグリーンのカーディガンを巻けば、ひねりの効いた目に留まる装いへ。

ブラックがあれば間違いなし!

カラー馴染みのよいブラックカーディガンは、色合わせに迷うこともなく、しかもコーデを引き締めてくれる万能アイテム。ギンガムチェックシャツとスニーカーのカジュアルスタイルにも大人なエッセンスが加わって◎。

前開きで羽織ってコーデのアクセントに

トップスとして着るよりも、さらりと羽織ることで親しみやすくなるギンガムチェックシャツ。ここでは、羽織りとしてのシャツコーデをご紹介。

羽織りも「抜き襟」でアップデート

VネックTシャツとロングスカートで肌見せバランスが好印象なコーデには、黒のギンガムチェックシャツを足してロマンティックに。羽織りとしてシャツを着る時も、抜き襟と腕まくりで着崩すのが今っぽく仕上げるコツ。

ロングシャツなら軽やかに

いつものTシャツ×デニムコーデが見違える、ロングシャツワンピースを合わせた着こなしをピックアップ。風に揺れるシャツの裾が最高にドラマチックになること間違いなし! 小物はキャップやスニーカーで、甘くなりすぎるのを抑えて。

物足りなさを回避

Tシャツとデニムスカートで、なんだか物足りないかも? というときにも役に立つギンガムチェックシャツ。柄アイテムなので、羽織るだけでパッと華やかになるのが嬉しいところ。

ロックTと合わせてフェミニンカジュアルに

次ページ> 秋冬はインナーとして大活躍
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW