FASHION

【テイスト別】ボーダーシャツコーデ特集!定番アイテムで差をつけるには?

2019/02/08

使い勝手抜群なボーダーシャツ。普遍的で定番なアイテムだからこそ、マンネリコーデに陥ってしまう可能性が・・・。そんな定番アイテム、どうやったら周りと差が付くおしゃれなコーデになる?
ここでは、コーデのテイスト別に、おしゃれさんのボーダーシャツコーデをピックアップしました。ぜひ、お気に入りのコーデを見つけてみて。

大人かわいいボーダーシャツコーデ

ボーダーシャツを大人かわいいコーデにするには、「ボーイッシュ」と「フェミニン」のバランスがちょうど半分くらいになるイメージにするのがベスト。単純にボーダーシャツのボトムはスカートにしてみたり、ボトムもボーイッシュなパンツにしたなら配色でフェミニンさを出したり、とコーデの半分くらいをフェミニンなテイストにすることを意識してみて。

春夏ボーダーシャツコーデ

▼ボーダーシャツ×ホワイトパンツ

ボーダーシャツとデニムの爽やか定番カジュアルは、ホワイトデニムをチョイスすることで、白が多めのフェミニンな着こなしに。ぼやけがちな白系コーデは、ボーダーシャツをウエストインでメリハリあるコーデに仕上げるのがポイント。

▼ボーダーシャツ×ハイウエストデニム

ブルーデニム&スニーカーを合わせたリラックスコーデは、デニムのシルエットにこだわることで差がつく着こなしに。トレンドのハイウエストデニムなら、シンプルなワンツー・コーデでも、今っぽい雰囲気が漂う。キュッとまとめたお団子ヘアが、アクティブでキュートな雰囲気を後押ししてくれます。

▼ボーダーシャツ×ロングチノスカート

ネイビーのボーダーシャツなら、カジュアルになり過ぎないので、ラフなチノスカートを合わせても丁度いい塩梅に。ボリューミーなロングスカートが、ボーダートップスのコンパクト感を際立てて、大人の可愛らしさを演出します。

▼ボーダーシャツ×ミニスカート

上品な七分フレアスリーブのボーダーシャツだからこそ、ミニデニムスカートと合わせても、セクシーすぎずサラっと着こなすことができる。足元はヒールパンプスやスニーカーではなく、パリジェンヌみたいにフラットパンプスにするのが大人かわいく仕上がるポイント。

秋冬ボーダーシャツコーデ

▼ボーダーシャツ×スウェットスカート(ボーダーシャツ×マキシスカート)

ダボっとしたサイズ感のボーダーシャツとマキシスカートの、ゆる×ゆるな今どきコーデ。ブラウンのスカートを合わせた大人っぽい配色ながら、手が半分隠れてしまう萌え袖が、思わず守ってあげたくなるようなかわいらしさを醸し出します。

▼ボーダーシャツ×サロペット

子供っぽく見えやすいボーダーシャツ×サロペットも、モノトーンコーデならトライしやすい。黒×白の配色でマニッシュさを出しつつ、サロペットのタイトシルエットで、適度にフェミニンさを演出。白小物を加えて、コーデ全体を柔らかい印象に仕上げているのも、大人かわいく見えるポイント。

▼ボーダーシャツ×トレンチコート

ボーダーシャツとトレンチコートのフレンチシックなカジュアルコーデ。変形フレアシルエットのトレンチコートだと、羽織るだけでキュートな佇まいに。ポップなビッグフープピアスのアクセントで、グッと差が付くおしゃれな着こなしに。

▼ボーダーシャツ×ボアコート

配色と素材感で大人のかわいさを表現したコーデ。パープルボーダーシャツを主役にしたベージュベースのコーデに、もこもこボアコートをON。柔らかい配色と遊び心あるミックス感で、見ているだけでハッピーになれる着こなしに。

「きれいめ上品」ボーダーシャツコーデ

軍服ルーツのメンズアイテムだったボーダーシャツ。そのまま着るとボーイッシュさが出るのは当然で、「きれいめ上品」にするには、タイトシルエットのボトムと合わせたり、適度な肌見せ、華奢小物と合わせるなど、女性らしくいかに盛るのかがポイントになります。

春夏ボーダーシャツコーデ

▼ボーダーシャツ×トレンチコート(スキニー)

ボーダーシャツに黒スキニー&華奢サンダルを合わせた、フェミニンなパンツコーデ。ハンサムなトレンチコートを合わせる時は、コートの袖をロールアップして手首を見せるひと手間で、大人のキレイめコートスタイルに仕上がります。

▼ボーダーシャツ×ペンシルスカート

タイトなペンシルスカートを合わせれば、美人見えするIラインシルエットが完成。春夏の「きれいめ上品」コーデは、アウターのサイズ感も重要なポイント。ONするデニムジャケットは、ジャストサイズをチョイスすることで上品にまとまります。

▼ボーダーシャツ×チュールスカート

自然に女性らしさが出る、深く開いたラウンドネックのボーダーシャツ。甘いチュールフレアスカートと合わせて、フェミニンな気分を思いっきり堪能して。仕上げに、切れ味のあるシルバーのバッグとパンプスをプラスして、甘いコーデから大人のきれいめコーデにアップデート。

▼ボーダーシャツ×ジレ

ボーダーシャツとスキニーのシンプルキレイめコーデに、より洗練された印象を与えるベージュのロングジレ。サラっと羽織るだけで、気になるボディラインをカバーしつつ、凛としたIラインシルエットを作ります。

▼ボーダーシャツ×ダブルジャケット

ダブルジャケットは、ボーダーシャツを「きれいめ上品」な着こなしに格上げしてくれるアイテム。ボトムは、ジャケットと好バランスが作りやすいワイドパンツと合わせるのがベスト。ジャケットの袖はグッとたくし上げ、華奢な手首をしっかりアピールして。

秋冬ボーダーシャツコーデ

▼ボーダーシャツ×ライダースジャケット(パンプス)

キレイめコーデは、少し辛口なくらいが今どきな気分。ピッチ細めの上品ボーダーには、スパイシィなライダースジャケットとカーキパンツを合わせて、大人カッコいい着こなしに。ボトムのタイトなサイズ感とポインテッドトゥパンプスで、美人見えもしっかりキープ。

▼ボーダーシャツ×ロングカーディガン

ボーダーシャツと黒スキニーに、黒のロングカーデをONしたリーンな着こなし。シックなモノトーンコーデは、ゆるいお団子ヘアとベージュのポインテッドトゥパンプスで、フェミニンムードを漂わせて。

▼太ボーダーシャツ×ロングシャツ

ピッチ太めのカジュアルなボーダーシャツは、落ち着きのあるネイビーのロングシャツを羽織ると大人の装いにシフトします。仕上げに差した赤いリップが、シンプルなシャツコーデをドラマティックに彩ります。

▼ボーダーシャツ×ビッグピーコート

マリンアイテム同士なピーコートとボーダーシャツは、相思相愛な組み合わせ。とくにロング丈のビッグピーコートなら、大人っぽいスタイリングが叶う。白×ネイビーの爽やかなマリン配色コーデは、ゴールドのフープピアスとファートートで、リッチ感をプラスして。

「大人カジュアル」ボーダーシャツコーデ

ボーダーのカジュアルコーデは、最もトライしやすいからこそ、マンネリや手抜きコーデに陥りがち。シャツの着こなし方や小物使い、パンツのロールアップと、細かいポイントにひと手間加えることで、垢抜けた「大人カジュアル」コーデになります。

春夏ボーダーシャツコーデ

▼太ボーダーシャツ×ベイカーパンツ

カーゴパンツよりも辛口過ぎないベイカーパンツは、大人カジュアルコーデに最適なボトム。センタープレスの入ったベイカーパンツにボーダーシャツをウエウストインすると、上品カジュアルコーデに変身。太ボーダーは半袖シャツで程よく肌見せして、女っぽさを上げているのも、大人カジュアルになるポイント。

▼ボーダーTシャツ×ストレートデニムパンツ

ボーダーTシャツとデニムパンツは、定番だからこそ、ひと手間かけた着こなしで差をつけたい。ボーダーTシャツはウエストインで、トレンドのハイウエストをアピール。そして、デニムの裾は何度も折り込むのではなく、大きく1つ折りにすることで感度の高い足元を演出します。

▼ブラウンボーダーシャツ×デニムラップパンツ

旬カラー・ブラウンのボーダーシャツで、鮮度の高いコーデにブラッシュアップ。さらに、ひと癖あるラップデザインのデニムをあわせれば、唯一無二のデニムスタイルに。クロップド丈のデニムを黒ショートブーツで締めた足元も、大人な雰囲気をを高めます。

▼ボーダーシャツ×スニーカー

子供っぽく見えがちな、ボーダーシャツとスニーカーのコンビは、配色と着こなし方で大人っぽさを演出して。ボーダーシャツは、程よくボディラインを拾う黒のハイウエストパンツにタックイン。同色の細いベルトできちんと感もさりげなくアピール。パンツ・バッグ・スニーカーを黒で統一したモノトーン配色で、モードなカジュアルスタイルに。

秋冬ボーダーシャツコーデ

▼ボーダーシャツ×キルティングコート

秋冬は、ボーダーシャツにどんなアウターを合わせるかもコーデの印象を決める重要ポイント。カジュアルなキルティングコートも、ノーカラータイプなら上品に着こなせる。ボーダーシャツは、黒のストレートパンツにインすることで、ほっそり見せ&脚長見えに。

▼ボーダーシャツ×ニットカーディガン

ベーシックなクルーネックのボーダーシャツに、今どきなブラウンのざっくりニットカーデをオン。ボリュームあるトップスは、黒スキニーですっきり見せることでバランスを取って。スニーカーとボーダーシャツの白黒配色をリンクさせて、コーデに軽さと統一感を作って。

▼ベージュボーダーシャツ×ライダースジャケット

辛口になりがちなライダースジャケットも、ベージュのボーダーシャツと合わせることで、まろやかな印象に。バッグとスニーカーで白を差すことで、ジャケットと黒ワイドパンツの重ためコーデに軽さが生まれます。

▼ブラウンボーダーシャツ×キャップ

落ち着いたブラウンのボーダーシャツとロングトレンチコートのシックなコンビを、キャップで外した大人のこなれコーデ。キャップのカラーをボーダーシャツと揃えることで、カジュアル過ぎないまとまりのあるスタイリングに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW