ポロシャツコーデを7つのスタイルで楽しむコツ【レディース32選】
FASHION

ポロシャツコーデを7つのスタイルで楽しむコツ【レディース32選】

2020/11/12

Tシャツのようなカジュアル感がありながら、襟できちんと感も出せる「ポロシャツ」。ほどよいリラックスムードが魅力だけれど、一歩間違えると「休日のお父さん」のようなラフすぎるコーデに……。そんなお悩みを解決するために、おしゃれ見え確実なお手本コーデを23選お届け。ぜひこれからのスタイリングの参考にしてみて。

  1. 【2020年春夏】旬なポロシャツコーデ6選
  2. 【1】ポロシャツを『パンツ』に合わせる
  3. 【2】ポロシャツを『スカート』に合わせる
  4. 【3】ポロシャツの『重ね着』の仕方
  5. 【4】ポロシャツに合う『上着(アウター)』は?
  6. 【5】『ビッグシルエット』のポロシャツコーデ
  7. 【6】『ポロシャツワンピース』コーデ
  8. 【7】ポロシャツを『オフィスカジュアル』に着こなす

【2020年春夏】旬なポロシャツコーデ6選

定番アイテムのポロシャツだけれど、今季のトレンドは知っておきたいところ。色は旬を感じさせるさわやかなブルーやブラウンがおすすめ。ストリートやきれいめアイテムとMIXさせる着こなしも新鮮! ぜひ旬のポロシャツコーデを楽しんで。

とことんカジュアルに着こなす

▼白のポロシャツ×デニムの王道コーデ

定番のカジュアルアイテムのデニムは、白のポロシャツと合わせてクリーンな印象に。足元のバレエシューズでボーイッシュになりすぎるのを回避。

▼リネンニットポロシャツで大人っぽく

リネン素材のポロシャツなら、涼しげでリラクシーな着こなしに。ゆったりしたサイズ感でも、きちんとした印象をキープできます。

ストリートな着こなしで差をつけて

▼個性的なポロシャツをレトロサーフなパンツで着こなす

個性的なポロシャツをレトロサーフなパンツで着こなしたコーデ画像

エモい雰囲気漂うストリートな着こなしが今っぽい上級ポロシャツコーデ。足元はアディダスのシューズを投入してスポーティーな要素もON。

▼メンズライクなオールブラックコーデ

コーディネートを黒でまとめれば、メンズライクなポロシャツコーデの完成。オーバーサイズのポロシャツで、カジュアルになりすぎずシックな着こなしに。

きれいめアイテムと合わせてメリハリを

▼ブラウンのポロシャツ×白レーススカートのアンバランスさがかわいい

ブラウンのポロシャツ×白レーススカートのアンバランスさがかわいいコーデ画像

ブラウンポロシャツを清楚な白レースのロングスカートにインした絶妙な組み合わせが新鮮。ポロシャツはコンパクトで袖にパフ感のあるものならガーリーに着こなせる。足元は黒のサンダルを合わせて全体を引き締め。

▼グリーンのポロシャツ×チェックスカートのレトロコーデ

難易度の高そうなグリーンのポロシャツは、チェックのスカートと合わせてお行儀よく。リュックやスニーカーと合わせてもフェミニンな着こなしが叶います。

【1】ポロシャツを『パンツ』に合わせる

手軽にポロシャツをコーデに取り入れたいなら、「パンツ」と組み合わせることから始めてみて。もともときちんと感のあるポロシャツだからこそ、普段着はもちろん、合わせ方しだいではオフィス仕様としてもOK。

正統派モノトーンでコンパクトにまとめる

正統派モノトーンでコンパクトにまとめたコーデ画像

正統派な真っ白ポロシャツは、黒のスラックスパンツ合わせで知的な着こなしに。きちんと感のあるローファーに白いソックスを合わせて、とことんクリーンな印象に仕上げて。季節感のあるネットバッグでカジュアルダウンしたのが上級者。

ブラウンとベージュでやわらかく

ブラウンとベージュでやわらかくしたコーデ画像

ジャストサイズのポロシャツに、ボタンデザインが斬新なワイドシルエットベージュパンツでメリハリをON。キャップもベージュを選び、バッグとベルトの小物類もブラウンで統一すれば、やわらかな印象に。

オフィスもOKなポロシャツ術

本来スポーツウェアとして着られていたポロシャツ。ネイビーカラーならオフィスでも浮かず、きちんと感のある仕上がりに。外回りがある日も快適に過ごせます。

綿麻パンツで「きちんと」と「ゆったり」を両立

綿麻パンツで「きちんと」と「ゆったり」を両立したコーデ画像

袖デザインがさりげないポロシャツに、綿麻素材のセミワイドパンツをON。素材できちんと見えを叶えながら、ワイドシルエットでリラックス。足元はスポーティーサンダルで外して、異なるテイストの組み合わせを楽しんで。

鮮やかカラーポロシャツで気分を盛り上げる

鮮やかカラーポロシャツで気分を盛り上げたコーデ画像

たまにはこんな色鮮やかなカラーポロシャツで気分を上げてみるのはいかが? インディゴブルーデニムを合わせて色遊びをしたら、小物はホワイトでなじませるのが正解。ちょこんとのぞくボーダーソックスがさりげないポイントに。

オーバーサイズポロシャツはボトムスで引き締め

パンツにポロシャツを合わせる定番コーデは、チュニック丈で差をつけて。ゴールドのラメ刺繍がアクセントになるので、カジュアルからきれいめまで幅広い着こなしができます。

【2】ポロシャツを『スカート』に合わせる

もともと紳士スポーツのウェアとして着られていただけあって、メンズライクなイメージが強いポロシャツ。フェミニンなスカートと合わせれば、甘すぎず、好感度高めの着こなしが叶えられちゃうんです!

フェミニンになじませるならリブ素材で

スポーティーな印象のポロシャツも、プリーツスカートと合わせればフェミニンコーデの完成。プリーツの縦ラインでスタイルアップも叶います。

ゆるっとシルエットでカジュアルに

ゆるっとシルエットでカジュアルにしたコーデ画像

ポロ襟デザインのニットカーディガンという新鮮なアイテムは、ドロップショルダーでラフに着こなせる一枚。黒をまろやかに仕上げるベージュのチノスカートでボトムスもゆったりさせたら、フェミニンカジュアルの完成。

ポロニットが主役のクラシカルな装い

いつものポロシャツも、ニット素材を選ぶことでエレガントな印象に。端正なシルエットとライン使いの配色で女性らしく、ボトムスを選ばず着まわせます。

リメイクポロシャツでカジュアルに見せない

リメイクポロシャツでカジュアルに見せないコーデ画像

裾部分にフリルリメイクを施したこんなポロシャツなら、一枚でも華やか。ポロシャツとカラーリンクさせたスニーカーや黒のプリーツスカート、ソックス合わせで、プレッピーな着こなしを楽しんで。

【3】ポロシャツの『重ね着』の仕方

シンプルなので他のアイテムともなじみやすいポロシャツは、重ね着で着こなし幅を広げられる優秀選手。ここでは、ポロシャツを活かしたレイヤード術をご紹介。

ポロシャツを2枚重ねて

1枚で着るには派手な柄のポロシャツも、インナー使いして着ることでコーディネートのアクセントに。デザインの違うポロシャツが一度に楽しめます。

黒のジャンパースカートを足してみる

黒のジャンパースカートを足してみたコーデ画像

ジャンパースカートと掛け合わせて、フェミニンカジュアルな装いに。パープルとブラックなので、上品な印象はそのままキープ。

ビッグシルエットならではの重ね技

ビッグシルエットならではの重ね技のコーデ画像

オーバーサイズのポロシャツをワンピースとして着こなすときは、ボーダートップスをのぞかせてメリハリをON。すっきりヘアアレンジとフープピアス、ブラックで締めた足元で、ルーズなシルエットをモードにシフトさせて。

タートルネックを重ねて奥行きを

タートルネックを重ねて奥行きを出したコーデ画像

長袖ポロシャツは、白のタートルネックを仕込むことで奥行きが生まれる。ブラウンになじむチェック柄パンツを合わせてバランスよく。白ソックスでタートルネックとカラーリンクしつつ、黒のシューズでさりげなく引き締めて。

【4】ポロシャツに合う『上着(アウター)』は?

アウターを重ねることで、春夏秋冬いつでも活躍させられるポロシャツ。ここでは、ポロシャツと合わせて着たいアウターとの組み合わせ術をご紹介。

ジャケットとの「ダブル襟」でマスキュリンに

ジャケットとの「ダブル襟」でマスキュリンにしたコーデ画像

もともときちんと感のあるポロシャツは、ジャケットと重ねて紳士的なムードを楽しんで。黒のボトムスで正統派な着こなしはキープしつつ、スニーカーで外すのがおしゃれ見えの秘訣。

トライバル柄合わせでBOHOスタイルにシフト

トライバル柄合わせでBOHOスタイルにシフトしたコーデ画像

コンパクトなボーダーポロシャツに、トライバル柄カーディガンやワイドパンツ、ハットを合わせて「BOHO」スタイルをメイク。柄同士の組み合わせなので、ベーシックカラーでまとめてバランスよく。

グッドガールなトレンチコートとも好相性

グッドガールなトレンチコートとも好相性なコーデ画像

ポロシャツ、ボトムス、シューズをオフホワイトで統一したら、ベージュのトレンチコートとベルトを足してフレンチカジュアルな装いに。

異テイストMIXが叶える都会派コーデ

異テイストMIXが叶える都会派コーデの画像

フェミニンやマニッシュなど、ひとつのテイストでは言い表せない、こんな新鮮なレイヤードテクも、ポロシャツにかかればお手の物。いつものポロシャツコーデに飽きてきたら、個性的な着こなしにTRYするのもアリ。

【5】『ビッグシルエット』のポロシャツコーデ

正統派のポロシャツも、ビッグシルエットを選べば親しみやすさがアップ。ここでは、ビッグシルエットをバランスよく着こなすテクをピックアップ

ブランドロゴ入りポロシャツで今っぽく

長めの袖とロゴが特徴のポロシャツで一味違った着こなしに。清潔感のある白ならビッグサイズでもだらしなくならずに、さわやかさを演出できます。

メンズポロシャツも賢く取り入れて

ベーシックなポロシャツもメンズサイズなら上級者風に。腰まわりのラインがスッキリとしたボトムスを選べば、ちょうどよいフェミニンさをプラスできます。

【6】『ポロシャツワンピース』コーデ

さらりと一枚で着られる「ポロシャツワンピース」。ここでは、ベーシックなブラックとホワイトのワンピーススタイルをご紹介。

スポーツMIXで着こなすポロシャツワンピース

スポーツMIXで着こなすポロシャツワンピースのコーデ画像

すとんと縦長シルエットが強調されるブラックのポロシャツワンピースに、キャップとスニーカーを足してスポーツMIXに。縦長ラインとモノトーンなら、ぺたんこ靴でもスタイルアップ。

物足りないときはデニムを足してみて

物足りないときはデニムを足してみたコーデ画像

ミニ丈のホワイトポロシャツワンピースは、一枚だけだと子供っぽく物足りない気が。そんなときは、メリハリのつくスキニーデニムを足して大人っぽく仕上げてみて。足元はきれいめフラットシューズ合わせがGOODバランス。

小物と赤リップでアップデート

小物と赤リップでアップデートしたコーデ画像

上品なお嬢様風の雰囲気が楽しめるポロシャツフレアワンピースは、小物と赤リップでシックな装いに。オックスフォードシューズとチェーンバッグでよそ行きスタイルをメイクしたら、ラフィアハットを足して夏気分を盛り上げて。

【7】ポロシャツを『オフィスカジュアル』に着こなす

気温が高くなる春夏は、通気性のよいポロシャツをオフィスでも着たいもの。きれいめに仕上がるポロシャツのオフィスカジュアルコーデをご紹介

スカーフを取り入れてコーデを格上げ

シンプルな白のポロシャツは、スカーフと合わせることでオフィスにもマッチ。悪目立ちしない適度な華やかさで、洗練された印象に。

リブニットポロシャツできれいめに

グレーのリブニットにイエローのスカートを合わせて、好印象をゲット。シワの気にならないプリーツスカートで、デスクワークもはかどりそう。

白のポロシャツでさわやかな印象を与えて

長袖タイプの白のポロシャツなら、オフィスカジュアルに自然となじみます。シャツやブラウス同様に、オフィスカジュアルの新定番になりそう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW