ポロシャツコーデ【レディース23選】
FASHION

ポロシャツコーデを6つのスタイルで楽しむ【レディース23選】

2019/04/12

Tシャツのようなカジュアル感と、襟デザインできちんと感が両立できる「ポロシャツ」。程よいリラックスムードが魅力だけど、一歩間違えると「休日のお父さん?」なラフすぎるコーデに…… そんな問題を回避するために、おしゃ見え確実な着こなしお手本を23選お届け。組み合わせるアイテム別のコーディネートをご紹介しているので、これからのスタイリングの参考にどうぞ!

ポロシャツと『パンツ』と合わせる

手軽にポロシャツコーデを始めるなら、「パンツ」と組み合わせることから始めてみて。もともときちんと感のあるポロシャツだからこそ、普段着はもちろん、合わせ方次第ではオフィス仕様としてもOK

正統派モノトーンでコンパクトにまとめる

正統派な真っ白ポロシャツは、黒のスラックスパンツ合わせで知的な着こなしに。きちんと感のあるローファーに白いソックスを合わせてとことんクリーンな印象に。季節感のあるネットバッグを投入して、1点カジュアルダウンがおしゃれ見え!

ブラウンとベージュでやわらかく

ジャストサイズのポロシャツに、ボタンデザインが斬新なワイドシルエットベージュパンツでメリハリをON。キャップもベージュ、バッグとベルトの小物類もブラウンで統一すれば、やわらかな印象をゲット。

オフィスもOKなポロシャツ術

清涼感たっぷりなポロシャツに、洗練感宿るグレーのボトムスを合わせたきちんとスタイル。足元はパイソン柄パンプス、手元にはスクエア型のレザーバッグで整えたら、オフィスもOKなポロシャツスタイルの完成。

綿麻パンツで「きちんと」と「ゆったり」を両立

袖デザインがさりげないポロシャツに、綿麻素材のセミワイドパンツをON。素材できちんと見えを叶えながら、ワイドシルエットでリラックス。足元はスポーティサンダルで外して、異なるテイストの組み合わせを楽しんで。

鮮やかカラーポロシャツで気分を盛り上げる

たまにはこんな、色鮮やかなカラーポロシャツで気分を上げてみるのはいかが? インディゴブルーデニムを合わせて色遊びをしたら、小物はホワイトでなじませるのが正解。ちょこんと覗くボーダーソックスがさりげないポイントに。

着るだけでルーズな抜け感が生まれるクロップドポロシャツ

広めの肩幅、ジャストな裾丈がこなれ感たっぷりなクロップドポロシャツなら、トップスだけでも鮮度たっぷり。センターデザインで縦ラインが強調されるスリット入りデニム、個性派なクリアサンダルとチェーンバッグでモードにシフト。

ポロシャツと『スカート』と合わせる

もともと紳士スポーツのウェアとして使用されていただけあって、メンズライクなイメージが高いポロシャツ。フェミニンなスカートと合わせることで、甘すぎず、好感度高めの着こなしが叶えられちゃうんです!

フェミニンになじませるならリブ素材で

襟と袖にあしらわれたラインでスポーティにも転ばせられるポロシャツは、リブ素材で女性らしい印象に。ボトムスは、やわらかなプリーツシフォンスカートで軽やかに。上下ともリブとプリーツの縦ラインでリーンなシルエットが強調されるので、着るだけでスタイルアップできるのも嬉しいポイント。

ゆるっとシルエットでカジュアルに

ポロ襟デザインのニットカーディガンという新鮮なアイテムは、ドロップショルダーでラフに着こなせる一枚。黒をまろやかに仕上げるベージュのチノスカートでボトムスもゆったりさせたら、フェミニンカジュアルの完成。

ポロニットとストライプスカートで上品に

いつものポロシャツも、ニット素材を選ぶことでエレガントな印象に。ネイビーにリンクさせて、ブルーが爽やかなストライプスカートを合わせたら、清涼感たっぷりなサマーコーデに。足元にはヴィヴィッドなサンダルを合わせて、カラーのメリハリをつけて。

リメイクポロシャツでカジュアルに見せない

裾部分にフリルリメイクを施したこんなポロシャツなら、それ1枚でも華やぎがぐっと高まった印象に。黒のプリーツスカート、ソックス、ポロシャツとカラーリンクさせたスニーカー合わせでプレッピーな着こなしを楽しんで。

ポロシャツの『重ね着』の仕方

シンプルなので他のアイテムとも馴染みやすいポロシャツは、重ねて着こなし幅を広げられる優秀選手。ここでは、ポロシャツを活かしたレイヤード術をご紹介。

レースと重ねてロマンティックをひとさじ

カジュアルなポロシャツにレーストップスを重ねて甘さをON。レーストップス1枚ではロマンティックすぎて挑戦しづらい、なんて方も、こんなレイヤード術なら気負いなくトライ可能。

黒のジャンパースカートを足してみる

ジャンパースカートと掛け合わせて、フェミニンカジュアルな装い。パープルとブラックなので、上品な印象はそのままに。

ビッグシルエットならではの重ね技

オーバーサイズのポロシャツをワンピースとして着こなしたスタイルは、ボーダートップスを覗かせてインパクトをもたせて。ルーズシルエットは、すっきりヘアアレンジとフープピアス、ブラックで締めた足元でモードに転ばせて。

タートルネックを重ねて奥行きを

長袖ポロシャツは単体でももちろんOKだけど、ホワイトのタートルネックを合わせることで奥行きをプラス。ブラウンポロシャツに馴染むよう、トーンが同じチェック柄パンツが好バランス。ソックスはホワイトで、タートルネックとカラーリンク。シューズは黒で、さりげなく引き締め効果をもたらして。

ポロシャツに合う『上着(アウター)』は?

アウターを重ねることで、春夏秋冬いつでも活躍させられるポロシャツ。ここでは、ポロシャツと合わせて着たいアウターとの組み合わせ術をご紹介。

ジャケットとの「ダブル襟」でマスキュリンに

もともときちんと感のあるポロシャツだけど、ジャケットと重ねて紳士的なムードを楽しんで。黒のボトムスで正統派な着こなしはキープしつつ、スニーカーで外すのがおしゃれ見え。

トライバル柄合わせでBOHOにシフト

コンパクトなボーダーポロシャツに、トライバル柄カーディガン、ワイドパンツ、ハットを合わせてBOHOミックスな着こなしに落とし込んだスタイル。柄ON柄スタイルなので、カラーはベーシックカラーでまとめてバランスよく仕上げて。

グッドガールなトレンチコートとも好相性♡

ポロシャツ、ボトムス、シューズをオフホワイトで統一したら、ベージュのトレンチコートとベルトを足してフレンチカジュアルな装いに。

異テイストミックスが叶える都会派コーデ

フェミニン? マニッシュ? カジュアル? ひとくくりにはまとめられない、こんな新鮮なレイヤードテクも、どんなアイテムとも合わせやすいポロシャツならでは。ベースはポロシャツとデニムでカジュアルに、そこにレースのキャミソールワンピをON。それだけだとシルエットがぼやっとしてしまいがちだけど、ジャスト丈のグレージャケット、メタリックバッグを足して引き締めて。

『ビッグシルエット』のポロシャツコーデ

正統派ポロシャツも、ビッグシルエットというルーズ感のおかげで親しみやすさがアップ。ここでは、ビッグシルエットと好バランスな着こなしテクをピックアップ。

ゆるっとシルエットも黒で引き締め

カラーブロッキングが遊び心くすぐるブラックポロシャツは、色を統一したフレアニットパンツを足してゆるっと着こなして。ラフなシルエットだけど、黒の力で力を抜きすぎないカジュアルコーデに。スポーツサンダルとホワイトのネットバッグで軽さを演出。

カジュアルラグビーシャツは大人アイテムと合わせてみる

ボーダーでカジュアルなラグビーシャツは、ボトムスは大人っぽくまとめてきちんと感を演出するのがMINE世代にはぴったり。ヘアはタイトに、耳元には都会派なゴールドフープピアスを足してラグビーシャツをアップデート。

『ポロシャツワンピース』コーデ

さらりと一枚でまとめられる、「ポロシャツワンピース」。ここでは、ベーシックなブラックとホワイトのカラーを使ったスタイルをご紹介。

スポーツMIXで着こなすポロシャツワンピース

すとんと縦長シルエットが強調されるブラックのポロシャツワンピースに、キャップとスニーカーを足してスポーツMIXに。縦長ラインとモノトーンで、ぺたんこ靴でもスタイルアップ。

「物足りない?」は+デニムで回避

ミニ丈のホワイトポロシャツワンピースは、一枚だけだと子供っぽい? 物足りない?となりがち。そんな時は、ワンピースとメリハリのつくスキニーデニムを足して大人らしさと物足りなさを払拭。
足元はキレイめフラットシューズ合わせがgoodバランス。

小物と赤リップでアップデート

上品お嬢さんな雰囲気が楽しめるポロシャツフレアワンピースは、小物と赤リップでシックな装いに。オックスフォードとチェーンバッグでよそ行きスタイルをメイクしたら、リボンがエレガントなラフィアハットを足してサマームードをプラス。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW