ガウチョパンツコーデお手本スタイル18選
FASHION

ガウチョパンツコーデでもう迷わない!上級者お手本スタイル18選

2019/04/12

ふわりと広がる裾で、まるでスカートのような気分で着こなせるガウチョパンツは、ワイドなシルエットで体型カバーできるのが嬉しいところ。ここでは、そんなガウチョパンツをベストに着こなすための参考コーデを18選お届け! 合わせるべきシューズ、身長別コーデなど隅々まで徹底解剖したので、ぜひ参考にしてみて。

ガウチョパンツとは?

ワイド系パンツは種類が豊富だけど、ガウチョパンツって一体どんなものを指すの? という方に向けて、まずはワイドパンツの見分け方を伝授。
判断基準は大きく分けて「丈感」と「シルエット」の2種類。
丈感は、【ミモレ丈】と【足首丈】、シルエットは幅が裾まで均一な【ストレート型】と、裾に向かうにつれて幅が広がる【フレア型】。これらの組み合わせでワイドパンツは4種類に分けらます。

①【足首丈】×【ストレート型】=“ワイドパンツ”
②【足首丈】×【フレア型】=“スカンツ”
③【ミモレ丈】×【ストレート型】=“スカーチョ”
【ミモレ丈】×【フレア型】=“ガウチョ”

つまりガウチョパンツは、裾に向かうにつれて幅が広がっていくミモレ丈のパンツということ。

ガウチョパンツの利点

ガウチョパンツには、以下のように様々なグッドポイントが。
・ひらひらとした裾のシルエットが、女性らしい印象を与えてくれる
身長やスタイルによって丈感を選んで合わせられる 
足首が覗くので華奢見え効果でスタイルアップできる
・スカートの心地よさとパンツの動きやすさを両方兼ね備えている
・柄、形などバリエーションが豊富で、様々なアイテムに合わせやすい

ガウチョパンツについて学んだら、早速コーデへの取り入れ方をチェック!

ガウチョパンツと『トップス』の合わせ方

ふわっとワイドなシルエットなので、基本的にはトップスをタックインしてスタイルアップするのがおすすめ。

まずはモノトーンで取り入れる

初めてガウチョパンツを取り入れるなら、まずはモノトーンでまとめてみるのが失敗しないコツ。ブラックトップスとデニムジャケットのカジュアルスタイルは、ウエストリボンがフェミニンなガウチョパンツでドレスアップ。

鮮やかイエローはネイビートップスで上品にまとめる

夏らしいリネンのイエローガウチョパンツは、上品なネイビートップスで大人の女性らしいシックな着こなしへ。スキントーンに馴染むタッセルサンダルで美脚見えを狙って。

爽やかセットアップとして着こなすガウチョパンツスタイル

洗練されたホワイトのガウチョパンツは、セットアップで清潔感溢れる着こなしに。ジャストサイズのトップスなら、タックインせずにラフにアウトしてもgoodバランス。華奢サンダルを合わせてクリーンなサマースタイルを完成させて。

てろんとしたなめらか素材合わせでフェミニンに

ベージュガウチョパンツは、肌にすべるようなてろんと素材のドレッシーなホワイトブラウスをON。ホワイトシューズでカラーブロックしたら、手元にはベージュに馴染むラフィアトートで夏ムードを底上げ。

シックにまとまるフォーマルスタイル

グレージュがフェミニンなセットアップの着こなしは、ガウチョパンツでシックな装いに。ポイントになるストライプのミニクラッチバッグを添えてフォーマルスタイルをメイク。

引き算で叶えるシックスタイル

ルーズシルエットで頑張りすぎないおしゃれを叶えてくれるガウチョパンツセットアップは、カーキで程よく辛口に。スウェードのシンプルパンプスだけを添えて、ミニマムな引き算スタイルを完成させて。

ガウチョパンツに合う『シューズ』は?

足首が覗く丈のガウチョパンツは、丈感を活かしたシューズを取り入れるのが好バランス。綺麗めに転ばすパンプス合わせ、カジュアルに装うスニーカー合わせ、秋冬に取り入れたいブーツ合わせのスタイルをそれぞれご紹介。

ガウチョパンツ×パンプス

▼差し色パンプスで華奢な足首を強調

ブラックトップスとグレーのガウチョパンツのモノトーンでまとめたら、目に留まるライトブラウンパンプスで華奢な足首を強調してスタイルアップ。トーンが馴染むベージュのチェーンバッグで高見えスタイルをコンプリート。

▼お目立ちパンツはモノクロでシックにまとめる

深いピンクが目立ち度大なガウチョパンツは、ブラックトップスとグレーパンプスでシックな印象に。足首が出ている分、トップスは首をすっぽり覆うタートルネックが好バランス。

ガウチョパンツ×スニーカー

▼ローカットスニーカーでちらりと肌見せ

絶妙な丈のガウチョパンツは、ローカットのスニーカー合わせで抜け感を作るのがgoodバランス。スニーカーが活きるようなボーダートップスとバックパックをプラスして、きれいめパンツをカジュアルにシフト。

▼黒が活きるホワイトブロッキング

黒のガウチョパンツが引き立つように、VネックTシャツとスニーカーでホワイトブロッキング。ストローハットやキャンバストートの小物類もホワイト統一が品良くまとまるコツ。ブルーのスカーフをバッグに添えてさりげなく柄をON。

ガウチョパンツ×ブーツ

▼ミモレ丈と相性バッチリなソックスブーツ

ホワイトのガウチョパンツには、メリハリはそのままに、丈のバランスをバッチリ捉えた黒のソックスブーツをON。ライダースジャケットとぬくもり色のベージュストールで温感を高めて。

『身長別』ガウチョパンツコーデ

身長によって選ぶべきアイテムが変わってくるガウチョパンツ。ここでは、身長ごとに最適なガウチョパンツをご紹介。

高身長さんに合うガウチョパンツコーデ

高身長さんは、基本的にどのガウチョパンツも着こなすことができるけど、中途半端な丈だとふくらはぎを強調してしまいスタイルダウンになってしまう可能性が。あらかじめロングミモレのガウチョを選んでクールに着こなして!

▼高身長が為せるメリハリスタイル

高身長さんがさらりと着こなせる十部丈のガウチョパンツは、ピタピタシルエットのリブニットでメリハリボディをメイク。カラーブロッキングが新鮮なポインテッドパンプスでとことん脚長に。

低身長さんに似合うガウチョパンツコーデ

レングスが長いと、ワイドシルエットだけに着られてしまう可能性があるガウチョパンツ。比較的短めミモレ丈をチョイスしてスタイルアップがおすすめ。タックインや短めのトップスを用いてメリハリのある印象を叶えて。

▼カラーデザイントップス合わせで視線を上に

足首がきちんと覗く丈感をチョイスして軽さを出したら、ボトムス全体はモノトーンでコンパクトに。カラー対比がはっきりするヴィヴィッドピンクのデザイントップスを合わせて、視線を上に集中させることでスタイルアップ。

▼ヒップ、ウエスト周りをカバーする

フロントはインして脚長に、バックはアウトでヒップをカバーしたメリハリスタイル。頭、腕、足元にダークトーンを散らばせて全体を引き締め。

『柄ガウチョパンツ』の合わせ方

ワイドシルエットだけでも存在感のあるガウチョパンツは、柄物を選ぶことで華やぎを強調。ボトムスがステートメントアイテムだけに、トップスはコンパクトにまとめるのが◎

オフィス仕様もOKなキレイめスタイル

シックな色合いで大人でも馴染むグレーのチェック柄ガウチョパンツは、シフォンブラウスでキレイめに。細めのイエローベルトなら、ポイントになりつつもコーデの邪魔にならないのが嬉しい。シンプルなレザーバッグとスウェードパンプスでできる女風スタイルを完成させて。

爽やかストライプはやっぱりブルーで

クリーンな印象が強いストライプ柄ガウチョパンツは、清涼感が上がるサックスブルーのトップス合わせがムードにマッチ。

ヌーディトップス合わせでボトムスを主役に

ネイビー、オレンジ、ホワイトのストライプ柄ガウチョパンツには、抑えめトーンのライトベージュトップス合わせでボトムスを強調させて。

ストライプシャツ×消しプリーツガウチョで縦長に

爽やかに着れるストライプシャツには、途中からプリーツが消えたデザイン性の高いガウチョパンツ合わせで縦ラインを強調。エナメルパンプスでダークトーンコーデにメリハリをメイクして。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE