FASHION

「プルオーバーパーカー」で大人コーデ!レディーススタイル【15選】

2019/01/30

カジュアルコーデはもちろん、キレイめコーデの外しアイテムとしても大活躍の「プルオーバーパーカー」。今っぽいアイテムだけれど、ちょっと子供っぽさも着になる……なんて声もちらほら。上手に使えば、大人コーデをブラッシュアップしてくれるからこそ、着こなし術をマスターしたい!
「プルオーバーパーカー」のおしゃれな大人コーデをご紹介。ぜひ参考にして、最旬レディーススタイルを完成させて。

「ボトムス」別のパーカー着こなし

長年愛される定番アイテム「プルオーバーパーカー」は、合わせるボトムスを本当に選ばないので、さまざまなスタイルにはまる!
パンツ合わせでスポーティな今どきカジュアルを楽しむのも良し、スカート合わせで女っぽさをMIXするのも良し。お好みの雰囲気に合わせてボトムスをセレクトして。

「パンツ」コーデ

ネイビープルオーバーパーカー×デニムスキニー

ネイビーパーカー×デニムスキニーの王道カジュアル。フロントにプリントされたイエローのロゴと同じ色の靴下を足元に忍ばせて、コーデ全体のまとまりアップ! このほんの少しの気配りが、何気ないシンプルコーデを格上げしてくれる。

白プルオーバーパーカー×黒スキニー

白パーカー×黒スキニーのミニマルスタイルに、ポインテッドトゥのパンプスを合わせて女っぽさを薫らせて。パンツ合わせのとき、「少しカジュアル過ぎるな……」と感じたときは、足元を女っぽくまとめると簡単にバランスアップ可能!

白プルオーバーパーカー×白デニム×チェックシャツ

オールホワイトでまとめたパーカーコーデにチェックシャツを羽織ったカジュアルスタイル。全身カジュアルなアイテムでも、白をたくさん使えばクリーンさが漂い洗練感たっぷり。ピアスやリングなど、女っぽいアクセサリーを散りばめてより完成度を上げて。

アイボリープルオーバーパーカー×ベージュチノワイドパンツ

アイボリー×ベージュのナチュラルなグラデーションで今っぽいリラックスカジュアルに。ルーズなサイズ感のパーカーでも、スウェット素材のしっかり感が着こなしを引き締めてくれるのでだらしなさを排除! ストレスフリーなおしゃれが楽しめる。

白プルオーバーパーカー×ベージュワイドパンツ×ウエストバッグ

白スウェット×淡いベージュワイドパンツのミニマルコーデは、フードの立体的なシルエットが地味見えを防止して奥行きをメイク。さらに茶色のウエストバッグで着こなしを引き締めて。無地スウェットの潔さが大人っぽさをアシスト。

「スカート」コーデ

ベージュプルオーバーパーカー×黒タイトスカート

パーカーに黒タイトスカートを合わせてボトムスを女っぽく仕上げたMIXコーデ。柔らかなベージュのパーカーなら、カジュアルさ控えめでスカートコーデになじみやすい。パーカー初心者さんも、こんな優しげカラーならチャレンジしやすいはず!

白プルオーバーパーカー×グレータイトスカート

短め丈の白パーカー×グレータイトスカートで、大人女子が目指す理想的なスポーティカジュアルに。キャップやスニーカーなど、カジュアルアイテムをたくさん使っても、白が多めのモノトーンならクリアな印象で子供っぽくなりません。

白プルオーバーパーカー×茶色レーススカート

パーカーのカジュアルさと相反する、レディなレーススカートを組み合わせて作ったMIXコーデ。異なるテイストを混ぜることで、コーデの深みがぐっと増してオシャレ上級者風な着こなしが叶う! さらにフリンジバッグでボヘミアンな雰囲気も足して3テイストMIXに。

黒プルオーバーパーカー×花柄フレアスカート

パーカー×花柄スカートも、簡単にテイストMIXできてオシャレ見えする組み合わせ。全体を黒でまとめて大人っぽく仕上げて。白のキャップとスニーカーで、着こなしの上下にヌケ感を。

黒プルオーバーパーカー×プリーツスカート×チェスターコート

チェスターコート×プリーツスカートの正統派レディなコーデに、黒パーカーを挟んで遊び心をON。ぐっと親しみやすい雰囲気が生まれる。ロングコートとマキシ丈スカートの重心が下がりがちな組み合わせも、フードが首元のアクセントになり目線アップ! スタイルアップを叶えてくれる。

「アウター」別のパーカー着こなし

「プルオーバーパーカー」は、フードの立体感がポイントのアイテム。アウターを重ねると、奥行きが増してよりおしゃれに見えるだけでなく、着膨れしがちなアウターコーデをスタイルアップしてくれる嬉しい効果も。
重ねるアウターによって変化する印象をチェックして。

「チェスターコート」コーデ

ベージュチェスターコート×黒プルオーバーパーカー

パーカーは、トラディショナルなチェスターコートをカジュアルダウンするアイテムとして大活躍。コートの衿とフードが重なって、顔まわりを立体的に仕上げてくれるので、深みのある大人コーデが作れる。上品なベージュを黒で引き締めてメリハリを。

茶色チェスターコート×白プルオーバーパーカー

こちらは、大きな衿の茶色チェスターコートのリラックス感を活かすために、白のパーカーをINしてヌケ感をプラス。デニムにパーカーをウエストインすることで、上半身が小さく見えて好バランスに。

「ダウンジャケット」コーデ

黒ダウンジャケット×グレープルオーバーパーカー

黒ダウンジャケット×プルオーバーパーカーのカジュアルコーデ。上半身にボリュームがあるときは、スキニーで下半身をタイトに仕上げてシルエットにメリハリを。グレーパーカーのフードが、顔まわりを明るくしてくれるので、黒ベースの着こなしも軽やか。

黒ダウンジャケット×白プルオーバーパーカー

ダウンジャケット×パーカーのカジュアルなレイヤードに、センタープレスのキレイめパンツを合わせてテイストMIX。ヒールブーツを合わせて、さらにキレイめ要素をプラスしてパーカーコーデをクラスアップ!

「ボアブルゾン」コーデ

トレンドのボアブルゾンだって、パーカーと相性◎! オールブラックでまとめた中に、ベージュパーカーでニュアンスをプラスすると、メンズライクなカジュアルコーデが柔らかく優しげな印象にシフト。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW