shutterstock.com
LIFE STYLE

「いいね!」なし…SNSでウケが悪い投稿5つ

2019/02/27

アラサー女子の生活に欠かせないSNS。タイムラインを眺めていると、同じような投稿なのに、「いいね!」がつく投稿とつかない投稿ってありますよね。
その違いを明らかにするため、「いいね!」しづらい投稿について、アラサー女子に聞いてみました。

(1)とにかく投稿が多い

「仕事の話から、普段の食事までとにかく投稿が多いSさん。タイムラインが彼でいっぱいになってしまうので、投稿をミュートにしています」(IT/30歳)

投稿が多いと、だんだん鬱陶しく感じてしまったりしませんか? 食事の写真を三食あげたり、移動するたびに投稿があると、あんたの日常知りたいのは、恋人だけだよ!と突っ込みが入ってしまいますよ。

(2)マッチングアプリで顔写真なし

「アプリでいいね!をくれる男性の中に、たまに顔写真がない人がいます。面食いというわけではないけれど、顔写真がない人に会うのは怖いので、返事はしません」(28歳/金融)

マッチングアプリをするなら、自分の顔やスタイルがわかる写真をあげておくのがマナー。
自分の正体も明かさずに、いいね!をもらえるなんて、都合のいい話はありませんよ。

(3)やたら感謝している

「友人のT美のハッシュタグが多くて笑える。#彼に感謝 #一生の友達 #ママの子に産まれて良かった等、世界に感謝系の投稿が多く、直接言えよ!と思ってしまう」(31歳広告)

たまに見かける、感謝系の投稿ですが、これもアラサーには不評。わざわざ世界中の人の前に言わなくても!と思ってしまうようです。感謝を伝えるのはいいですが、ほどほどに。

(4)ネガティブな投稿

「滅多にツイートしないのに、たまの投稿が鬱ツイートの友人がいます。ネガティブな投稿にいいねしづらいし、心配だしで、投稿を見た後に個別にラインしています」(29歳/教育)

ツイッターでよく見かけるのがネガティブ投稿。手軽に投稿できるので、ストレスがたまるとついついツイートしてしまう気持ちはわかりますが、相手を不快にしない程度にしましょうね。

(5)プロフィールが切実

「マッチングアプリのプロフィールがライトすぎるのも嫌ですが、結婚したい理由、理想の家庭像、子供の人数などびっちり書いている人にも引きます。何事もほどほどがいいです」(29歳/メーカー)

プロフィールをきちんと書くのはいいことですが、赤裸々すぎるのも考えもの。読んだ相手がどう思うか、興味を持ってもらえるかを一歩引いてみてみましょう。
プロイールを書き直しただけで、「いいね!」が増えたという声もあるくらいです。

顔を見て話すわけではないからこそ、自慢やネガティブ発言は嫌われがち。見知らぬ人や疎遠になっている友人など、何時も会わない人がこの投稿を見たらどう思うかな?という冷静な視点が必要かも。
心からの「いいね!」を手に入れるためにも、投稿内容には気をつけましょう。

Editor:Ayane Ito

他の記事もCheck!

▼気になる彼の連絡先・SNSを聞く方法って?

▼恋愛トラブルがあるとSNSで暴走する女の特徴って?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW