Tシャツコーデ【27選】
FASHION

Tシャツコーデ【27選】春夏の参考にしたい着こなしテク

2019/04/12

Tシャツをさらりと着こなせる大人に憧れる! そう思っていたあの頃と比べると、確実にしっくり着こなせるようになってきたMINE世代。けれど、“ただ着る”だけではもったいない! Tシャツはシンプルアイテムだけにとにかく着こなしの幅が広いのです。カラーや合わせ方次第でがらりと印象が変わるので、新しい自分に出会えるかも。ベーシックカラーをメインに、カラー別Tシャツスタイルをご紹介。

『白Tシャツ』コーデは周りと差をつける

Tシャツの中でも特に定番なホワイト。みんな持っているアイテムだからこそ、周りと差をつける小物使いやテクニックがマスト! MINE世代なら、きれいめな大人カジュアルにまとめるのがオススメ。

パンツスタイル

▼色数は増やさずコンパクトに

白Tシャツとベージュのボトムスとバッグのコーデ画像

五分袖で肩周りがなだらかに見えるTシャツは、ロゴで遊び心を。ロゴのブラウンカラーを拾って、ボトムスとバッグはベージュトーン合わせでまとまりよく。リラックスなチノパンも、トップスインとヒールのかけ合わせで脚長にメイク。

▼引き立たせ合うライトブルーデニムを

白Tシャツとライトブルーデニムのコーデ画像

白Tシャツはそれ1枚でも爽やかだけど、ストレートラインのライトブルーデニムを合わせて更にクリーンな印象に。すっきりポニーテールときれいめサンダルで縦に長いシルエットを作るのがスタイルアップの鍵。赤ルージュとパールピアスを添えれば、いつものTシャツ×デニムスタイルが見違え!

▼トーン違いの白を組み合わせてみる

真っ白な七分袖Tシャツとオフホワイトのボトムスのコーデ画像

真っ白な七分袖Tシャツは、オフホワイトのボトムス合わせでグラデーションスタイルを作って。トップスはラフにウエストインするのがこなれ見えの秘訣。シンプルな組み合わせだけに、顔周り、腕、足元に黒を散らばせて立体感をON。

▼モノトーン×赤でプレイフルに

赤のボックスロゴTと黒ボトムスのコーデ画像

赤のボックスロゴTに、カラー統一したビッグトートを組み合わせて夏をエンジョイ。白と赤が引き立つように、ボトムスは黒が正解。

スカートスタイル

▼ロングデニムならカジュアルでも大人顔

白Tシャツとロングデニムのコーデ画像

Tシャツのテイストに合うデニムスカートは、ロング丈で大人の脱力感を。夏らしいPVCバッグもグレーカラーでシックにきめて。

▼ツートーンは小物でメリハリをつける

白Tシャツとベージュのフレアスカートのコーデ画像

ベージュのフレアスカートを合わせてTシャツをフェミニンに着こなしたら、ラフィアハットやプリントかごバッグでメリハリをON。足元はビーチサンダルで外し、大人のバカンススタイルを完成させて。

『黒Tシャツ』でコーデを引き締め

コーデをぐっと引き締めてくれるブラックは、モノトーンなのでTシャツと掛け合わせる定番アイテム「デニム」との相性がもちろん良し。更に、フェミニン度を加えてくれるベージュとも好バランス。お目立ち小物でブラッシュアップしてもトゥーマッチにならない、など、嬉しいポイントばかりの黒Tシャツスタイルをチェック!

パンツスタイル

▼折り返しデニムでおしゃれ感度高めに

黒Tシャツと折り返したデニムのコーデ画像

シャープなロゴデザインがスタイリッシュな黒Tには、ハイウエストのインディゴブルーデニムでダークトーンにまとめて。裾を大きく折り返すことで今っぽさをON。リネンベレー帽やスクエアのクリアバッグで小物遊びを楽しんで。

▼やっぱり黒×ベージュが好き!

黒Tシャツとベージュのワイドパンツのコーデ画像

黒をまろやかに抑えつつ、大人らしい印象が叶えられる黒とベージュの組み合わせ。ジャストサイズTシャツとワイドパンツのバランス感がスタイルアップテクの定番。大きめかごバッグやバレエシューズでフレンチシックにまとめて。

▼柄と素材でひねりのある白黒スタイル

黒Tシャツと白スニーカーのコーデ画像

黒と白のツートーンスタイルは、柄と素材で立体感のある着こなしに。レトロ感のあるプリントパンツは、柄でありながらトーンが馴染んでコーデの邪魔にならないのが嬉しいところ。足元は白で軽やかに、手元はPVCバッグで夏らしさを添えて。

スカートスタイル

▼夏らしいヌーディアイテムを足す

黒Tシャツとシフォンスカートのコーデ画像

スキントーンに馴染むシフォンスカートは、黒との対比でほんのり色っぽい印象に。赤リップ、ゆる巻きヘア、コンパクト小物で女性らしいサマースタイルを完成させて。

▼存在感のあるスカートと組み合わせ

黒Tシャツとベージュスカートのコーデ画像

切り替えが新鮮なベージュスカートは、プレーンな黒Tにメリハリを作ってくれるアイテム。女性らしさが強いアイテムだけに、キャップ、スニーカー、キャンバストートでカジュアルダウン。

『グレーTシャツ』コーデで女性らしさアップ

(リード文)グレーも白黒同様、どんな色とも馴染んでくれる万能カラー。中間色なので、上品かつ女性らしい柔らかな印象に。大人カジュアル、大人可愛いを叶えたいなら、早速取り入れてみて。

パンツスタイル

▼涼しげビーチスタイル

グレーTシャツとホワイトのリネンワイドパンツのコーデ画像

軽やかなホワイトのリネンワイドパンツで、グレーを優しげに見せた夏コーデ。コットントートバッグとビーチサンダルで、リラックスムード高めのビーチスタイルへ。色数が少ないからこそ、赤いペディキュアをアクセサリーとして添えて。

▼寒色系でまとめる

グレーTシャツとグリーンボトムスのコーデ画像

難易度高めのグリーンボトムスは、同じ寒色系であるグレーTシャツと合わせることで難なくクリア。ほっこり感のある大きめかごバッグは、黒の切り替えデザインで都会派に。足元も黒でまとめるのがgoodバランス。

▼グレーのハンサムさを活かす

グレーTシャツと黒スキニーのコーデ画像

もともとクールな印象も備えたグレーは、黒を添えることでハンサムムードを底上げ。ビッグシルエットなトップスは、スキニーボトムスでバランスをとるのが基本。手元にバッグを持つよりも、斜めがけすることでグレーと黒のバランスがより引き立った印象に。

スカートスタイル

▼きめすぎないフェミニンスタイル

グレーTシャツと白タイトスカートのコーデ画像

パフスリーブTを活かすように、女性らしいホワイトのタイトスカートを合わせたフェミニンスタイル。Tシャツとデニムの組み合わせなので、きめすぎない印象にできるのが嬉しいところ。小物はブラウン統一で、グレーとホワイトの爽やかさをキープ。

▼季節感たっぷりにグレーTを着こなす

グレーTシャツとリネンラップスカートのコーデ画像

リネンラップスカートとクリアサンダルを組み合わせて、季節感を詰め込んだスタイル。縦長シルエットを作って、スタイルアップを叶えて。

▼爽やかブルーで清涼感を

グレーTシャツとライトブルースカートのコーデ画像

グレーとパステルライトブルーの寒色コンビなら、暑さを吹き飛ばすような清涼感のあるスタイルに。寒色を邪魔しない、ホワイトのバッグとクリアサンダルが好バランス。

次ページ> 『ボーダーTシャツ』コーデはバランスが重要
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW