今こそTシャツコーデを見直そう!春も冬もTシャツ女子【レディース47選】
FASHION

今こそTシャツコーデを見直そう!春も冬もTシャツ女子【レディース47選】

2020/05/12

Tシャツをさらりと着こなせる大人に憧れる! そう思っていたあの頃と比べると、確実にしっくり着こなせるようになってきた今日この頃。でも、『ただ着る』だけではもったいない! そこで、今回は着こなしの幅を広げる季節別&カラー別のお手本コーデを厳選してご紹介。ぜひ参考にして、いつものTシャツコーデをランクアップさせて♪

定番【Tシャツコーデ】をブラッシュアップ!

何でも合わせやすくオールシーズン着られる『Tシャツ』。でもなんだか最近、着こなしがワンパターン化して、ちょっぴりマンネリ化してきたかも……!? いつものTシャツコーデに新しい風を吹き込ませるなら、次のふたつを試してみて。

  1. 主役ではなく『名脇役』として活用する
  2. ネックラインにこだわると◎

【1】主役ではなく『名脇役』として活用する

他のアイテムの引き立て役として活用すれば、おのずと着こなしの幅は増えます。透けブラウスのインナーやジャケットのインナーなど、主役級のアイテムを際立たせる、まさに『名脇役』。キャッチーなアイテム同士のつなげ役としても、大活躍することまちがいなし!

【2】ネックラインにこだわると◎

一口にTシャツといえども、ネックラインはさまざま同じ色のTシャツでもネックラインが違うだけで、首元の印象がガラッと変わります。デザインによっては、着る人を選ぶ場合も。まずは基本的な4つの形状をチェックして、今後のTシャツコーデに活かしてみて!

▼ラウンドネック

ラウンドネックTシャツのコーデ画像

首に沿ってラウンドしたものをすべて『ラウンドネック』と呼びます。ブラウスやニットでもよく見られる形で、カジュアルにもフェミニンにもあらゆるテイストにマッチする基本のネックライン。

▼ Vネック

VネックTシャツのコーデ画像

アルファベットのV字型になっているネックラインのこと。ラウンドネックと並ぶ基本の形です。Tシャツのカジュアルな印象をスタイリッシュに格上げしてくれるので、オフィスカジュアルにも最適! クールな大人カジュアルを目指すときにおすすめ。

▼ Uネック

UネックTシャツのコーデ画像

アルファベットのU字型になっているネックラインのこと。U字の部分が浅くても深くても、女性らしいやわらかい雰囲気になる。カジュアルよりもフェミニンなスタイルが好きな人にイチ押し。

▼ボートネック

ボートネックTシャツのコーデ画像

着用したときに、首元が水平にカットされて見えるネックラインを『ボートネック』と呼ぶ。鎖骨をきれいに見せてくれるので、女っぽさ抜群! カジュアルのなかにも女性らしい艶っぽさがほしい人はボートネックを試してみて。

【春】は明るいカラーを味方につけて

春のTシャツコーデは、清潔感あふれる白や春らしい明るい色を取り入れて明度を高めるのが大人女子流。寒暖差の激しい季節なので、長袖やライトアウターを羽織るなど、おしゃれに温度調節することを忘れずに。

パンツコーデ

▼カジュアルコーデにきちんと感をプラス

カジュアルコーデにきちんと感をプラスしたコーデ画像

基本のワンツーコーデには、辛口なライトアウターできちんと感を加えて。トレンチコートやライダースジャケットでもマッチするけれど、2020春なら大流行中のジャケット合わせがイチ押し。トレンドアイテムをONして、今年ならではのエッセンスをプラスして。

▼フレッシュな白をカーキパンツで落ち着いた雰囲気に

フレッシュな白をカーキパンツで落ち着いた雰囲気にしたコーデ画像

フレッシュな白Tシャツ×白リネンジャケットを、カーキパンツで落ち着いた雰囲気にシフトチェンジ。黒のバッグや華奢サンダルで、さらに大人カジュアルコーデへと加速させて。

スカートコーデ

▼ブラウンのシャツワンピースをゆるっと羽織る

ブラウンのシャツワンピースをゆるっと羽織ったコーデ画像

リラクシーなロングスカートにシャツワンピースをゆるっと羽織ると、こなれ感抜群のスタイリングに。Tシャツのロゴが無地コーデのよいアクセントになってGOOD! 春らしいピンク色のおかげで、シーズンムードもさらに高まる♪

▼トレンドカラーで旬顔にブラッシュアップ!

トレンドカラーで旬顔にブラッシュアップしたコーデ画像

トレンドカラーのグリーンスカートを合わせれば、いつもの長袖Tシャツも見違えるほどおしゃれになるはず。ゆる×ゆるシルエットなので、足元はレザーブーツで重厚感をもたせてバランスをとって。

【夏】の暑さを半袖Tシャツで乗り越えて

夏になると「待ってました!」と言わんばかりに、コーデの登場回数が急増するTシャツ着心地が抜群な上に、一枚で素敵に決まっちゃう優れもの♪ 今年も半袖Tシャツを着て、おしゃれに夏の暑さを乗り越えよう!

パンツコーデ

▼デニムのシルエットと色にこだわる

デニムのシルエットと色にこだわったコーデ画像

白Tシャツ×デニムのベーシックなコーデは、デニムのシルエットと色にこだわると洗練された雰囲気に仕上がる。スキニーでもワイドでもないストレートパンツはインディゴブルーを選び、都会的な品格漂う大人カジュアルコーデを楽しんで。

▼女らしさ満点のやわらかブラウンカラー

女らしさ満点のやわらかブラウンカラーのコーデ画像

Tシャツはカラーによって印象が激変! やわらかいブラウンなら、女っぽい柔和な印象にシフトチェンジできる。ラフな白のリネンワイドパンツで、ほどよく肩の力が抜けたスタイリングが完成。

スカートコーデ

▼ティアードスカートでガーリーに

ティアードスカートでガーリーにしたコーデ画像

ついパンツと合わせて、そのままカジュアルスタイルにしてしまいがちなTシャツコーデ。たまには、甘さたっぷりのスカートを穿いて女度の高いコーデを楽しんでみて。コットン素材のティアードスカートを合わせると、まるで夏のお嬢さんみたいになれるはず♪

▼夏の爽やかモノトーンコーデ

夏の爽やかモノトーンコーデの画像

Tシャツは身体にフィットするサイズを選べば、カジュアル感が半減して、きれいめスタイルにうまくなじむ。黒のロングスカートは、リネン素材とたっぷりギャザーのおかげで重苦しさが払拭され、夏の爽やかモノトーンコーデに。

【秋】は落ち着いたカラーでまとめて

春夏に着まわしたTシャツにこっくり色アイテムを投入して、秋の装いにシフトチェンジ! よりシーズンムードを高めるには、落ち着いた配色と秋らしい素材が決め手。ブラウンなどの温かみのある色をちりばめて、おしゃれに温感を高めて

パンツコーデ

▼こっくり色のブラウンでまとめる

こっくり色のブラウンでまとめたコーデ画像

長袖のTシャツは体温調節がしやすいので、季節の変わり目におすすめ。ブラウンのパンツはセンタープレス付きのものをチョイスすれば、きれいめな印象に。全体をこっくり色のブラウンでまとめると、シーズンレスの白Tシャツも一気に秋の装いに変身する。

▼ブラウン×カーキに女らしさをプラス

ブラウン×カーキに女らしさをプラスしたコーデ画像

ブラウンのジャケットとカーキのパンツで、ロゴTシャツをスタイリッシュに。このままクールに決めてもうまくいきますが、足元にバレエシューズをONしてちょっぴり女らしさを加えるのが大人女子流。

スカートコーデ

▼名品Tシャツはフレンチシックにまとめて

名品Tシャツはフレンチシックにまとめたコーデ画像

「アニエスベー(agnès b.)」の名品Tシャツは、そのままフレンチシックにまとめるのが正解。黒のタイトスカートでIラインを強調すると、スタイルアップまちがいなし! レオパード柄の巾着バッグで秋らしさを加えることも忘れずに。

▼ ニットアップのインナーに

ニットアップのインナーにしたコーデ画像

何も考えずに素敵に決まるニットアップ。グレー&ニット素材で作ったシーズンムード満点のワンツーコーデには、白Tシャツを忍ばせて。黒のチェーンバッグとハイカットスニーカーで全体を引き締めるとGOOD!

【冬】は重ね着やダウンコートでしっかり防寒

冬のTシャツコーデには、徹底した防寒対策がマスト。上からニットを重ねたり、ダウンコートを羽織ったりするなど、ひと手間を加えるだけで、寒い冬でも快適に着こなせるはず♪ 着ぶくれをしないように、ボトムスでバランスを取ることを意識して

パンツコーデ

▼ニットカーディガン×コートの重ね着

ニットカーディガン×コートの重ね着したコーデ画像

アウターを羽織るだけでは寒い冬は、Tシャツとアウターの間にニットカーディガンを挟んでみて。ニットカーディガンは着脱がしやすいので、寒暖差対策にもおすすめです!

▼Vネックニット×コートの重ね着

Vネックニット×コートの重ね着したコーデ画像

寒暖差が気にならないときは、Tシャツの上からニットを重ね着してレイヤードスタイルにするのもおもしろい。VネックニットからラウンドネックのTシャツを垣間見せると、顔まわりが明るくなる。パンツはトレンチコートの色とそろえて、統一感を出して。

▼ダウンコートでしっかり防寒

ダウンコートでしっかり防寒したコーデ画像

しっかり防寒したいときは、ダウンコート一択! インナーはTシャツ一枚でも、暖かいダウンコートさえ羽織れば寒さ知らず。黒のスキニーパンツを穿いて、メリハリコーデを完成させて。

スカートコーデ

▼パーカー×ニットカーディガンで寒さを吹き飛ばす

パーカー×ニットカーディガンで寒さを吹き飛ばしたコーデ画像

パーカーの上からニットカーディガンを重ねて、おしゃれに徹底防寒! もこもこニットカーディガンで視覚的にもあたたかいコーデに転換して♪ クールなパイソン柄のブーツで、ほっこり見えを回避すると◎。

▼ダウンコートをゆるっと羽織って抜け感たっぷりに

ダウンコートをゆるっと羽織って抜け感たっぷりにしたコーデ画像

Tシャツにドロップショルダーのダウンコートをゆったり羽織ると、抜け感たっぷりのコーデに。メンズライクになりがちなダウンコーデにイエローのロングスカートを合わせて、甘さをひとさじ。タイトシルエットを選ぶと、強弱のついたメリハリコーデになる。

【白】は小物使い&小ワザでまわりと差をつける

Tシャツのなかでもとくに定番なのが「」。みんな持っているアイテムだからこそ、まわりと差をつける小物使いや小ワザがマスト! 大人女子なら、きれいめな大人カジュアルにまとめるのがオススメ。

パンツコーデ

▼色数は増やさずコンパクトに

色数は増やさずコンパクトにしたコーデ画像

五分袖で肩まわりがなだらかに見えるTシャツは、ロゴで遊び心を。ロゴのブラウンカラーを拾って、ボトムスとバッグはベージュトーン合わせでまとまりよく。リラクシーなチノパンを、トップスインとヒールのかけ合わせで脚長にメイク。

▼互いを引き立てるライトブルーデニム

互いを引き立てるライトブルーデニムのコーデ画像

ストレートのライトブルーデニムを合わせてクリーンな印象に。すっきりポニーテールときれいめサンダルで縦長シルエットを作るのがスタイルアップの鍵。赤ルージュとパールピアスを添えれば、いつものTシャツ×デニムスタイルが見違える。

▼トーン違いの白を組み合わせる

トーン違いの白を組み合わせたコーデ画像

真っ白な七分袖Tシャツは、オフホワイトのボトムス合わせでグラデーションを作って。トップスはラフにウエストインするのがこなれ見えの秘訣。シンプルな組み合わせだけに、顔まわり、腕、足元に黒をちりばめて立体感をON。

▼モノトーン×赤でプレイフルに

モノトーン×赤でプレイフルにしたコーデ画像

赤のボックスロゴTに、鮮やかな赤のビッグトートを組み合わせて夏をエンジョイ! 白と赤が引き立つように、ボトムスは黒が正解。

スカートコーデ

▼ロングデニムならカジュアルでも大人顔

ロングデニムならカジュアルでも大人顔のコーデ画像

デニムスカートはロング丈を選んで、大人の余裕漂う着こなしに。夏らしいPVCバッグはグレーでシックにきめて。

▼春の流行色を取り入れて旬顔に

春の流行色を取り入れて旬顔にしたコーデ画像

ロングスカートで今年のトレンドカラーを取り入れると、一気に旬顔に! 明るいカラーを身にまとうと、心までウキウキするはず♪ クリーム色のローカットスニーカーで大人かわいいカジュアルスタイルに奥行きを出して。

▼シックなかわいさは黒のチュールスカートで演出

シックなかわいさは黒のチュールスカートで演出したコーデ画像

ベーシックな白ロンTを、フェミニン代表のチュールスカートでかわいらしくアレンジ。甘さたっぷりのチュールスカートも黒を選べばシックにまとまるから、大人女子におすすめ。

【黒】でコーデを引き締めて

コーデをぐっと引き締めてくれる黒Tシャツは、デニムと好相性! さらにはフェミニン度を上げてくれるベージュとも好バランスお目立ち小物でブラッシュアップしても、トゥーマッチにならない黒Tシャツスタイルを今すぐチェック!

パンツコーデ

▼折り返しデニムでおしゃれ感度高めに

折り返しデニムでおしゃれ感度高めにしたコーデ画像

シャープなロゴデザインがスタイリッシュな黒Tシャツは、ハイウエストのインディゴブルーデニムでダークトーンにまとめて。裾を大きく折り返すことで今っぽさをON。リネンベレー帽やスクエアのクリアバッグで小物遊びを楽しんで♪

▼やっぱり黒×ベージュが好き!

黒×ベージュのコーデ画像

大人っぽい印象が叶えられる黒とベージュの組み合わせ。ジャストサイズのTシャツとワイドパンツのバランス感が絶妙。大きめかごバッグやバレエシューズでフレンチシックにまとめて。

▼柄と素材でひねりのある白黒スタイル

柄と素材でひねりのある白黒スタイルのコーデ画像

黒と白のツートンスタイルは、柄と素材で立体感のある着こなしに。レトロ感のあるプリント柄は、コーデのじゃまにならないのがうれしいところ。足元は白で軽やかに、手元はPVCバッグで夏らしさを添えて。

スカートコーデ

▼夏らしいヌーディーアイテムを足す

夏らしいヌーディーアイテムを足したコーデ画像

肌になじむシフォンスカートは、黒との対比でほんのり色っぽい印象に。赤リップ、ゆる巻きヘア、コンパクト小物で女性らしいサマースタイルを完成させて。

▼存在感のあるスカートとの組み合わせ

存在感のあるスカートとの組み合わせたコーデ画像

切り替えが新鮮なベージュスカートは、プレーンな黒Tシャツにメリハリをつけてくれる。女性らしさが強いアイテムだけに、キャップ、スニーカー、キャンバストートでカジュアルダウンするのが大人女子のたしなみ。

【グレー】で女性らしさアップ

グレーも白黒同様、どんな色ともなじんでくれる万能カラー。中間色なので、上品かつ女性らしいやわらかな印象に。大人カジュアルや大人かわいいを叶えたいなら、さっそく取り入れてみて。

パンツコーデ

▼涼しげビーチスタイル

涼しげビーチスタイルのコーデ画像

軽やかなホワイトのリネンワイドパンツで、グレーを優しげに見せた夏コーデ。コットントートバッグとビーチサンダルで、リラックスムード高めのビーチスタイルへ。色数が少ないからこそ、赤いペディキュアをアクセサリーとして添えて。

▼寒色系でまとめる

寒色系でまとめたコーデ画像

難易度高めのグリーンボトムスは、同じ寒色系のグレーTシャツと合わせれば難なくクリア。ほっこり感のある大きめかごバッグは、黒の切り替えデザインで都会派に。足元も黒でまとめるのがGOODバランス。

▼グレーのハンサムさを活かす

グレーのハンサムさを活かしたコーデ画像

もともとクールな印象のグレーは、黒を添えることでさらにハンサムに。ビッグシルエットのトップスは、スキニーボトムスでバランスをとるのが基本。バッグを斜めがけすることで、グレーと黒のバランスがより引き立った印象に。

スカートコーデ

▼きめすぎないフェミニンスタイル

きめすぎないフェミニンスタイルのコーデ画像

パフスリーブTを活かすように、女性らしいホワイトのタイトスカートを合わせたフェミニンスタイル。Tシャツとデニムの組み合わせなので、きめすぎない印象に仕上がるのがうれしい。小物は肌になじむブラウンで統一し、グレーとホワイトの爽やかさをキープして。

▼キャッチーな赤でポップな雰囲気に!

キャッチーな赤でポップな雰囲気にしたコーデ画像

見ているだけで元気がわいてくる赤のロングタイトスカート。鮮やかカラーでダークグレーのTシャツをポップな雰囲気にシフトチェンジして。

▼季節感たっぷりにグレーTを着こなす

季節感たっぷりにグレーTを着こなしたコーデ画像

爽やかな白のロングフレアスカートで暑苦しさを払拭! ミニマムな黒のショルダーバッグで、ラフなスタイルをさりげなく引き締めて。指にはめたゴールドリングが品格をもたらしてくれる。

【ボーダー】は白黒でまとめてリッチに

カジュアルな印象が強いボーダーTシャツは、モノトーンでまとめるとリッチな雰囲気に子どもっぽく見せず、高見えさせるのが大人の着こなしのコツ。

パンツコーデ

▼ラフさも添えた大人の休日モノトーンスタイル

ラフさも添えた大人の休日モノトーンスタイルのコーデ画像

ボーダーロンTとテーパードパンツをかけ合わせた休日スタイル。トップスはタックインが主流だけど、たまにはアウトにしてラフに着崩すのもあり。その分、小物はきれいめアイテムでまとめるのがちょうどいい。

▼モノクロはボーダーでカジュアルダウン

モノクロはボーダーでカジュアルダウンしたコーデ画像

黒地に細いボーダーをデザインしたビッグTシャツは、黒スキニーでトーンをそろえながらメリハリをつくって。モノトーンの落ち着いたコーデなので、存在感のあるビッグトートを合わせてもまとまりのあるスタイルに。

スカートコーデ

▼ボーダーはモノトーンですっきりと

ボーダーはモノトーンですっきりとしたコーデ画像

ボーダーのロンTとブラックのタイトスカートを合わせた大人カジュアルスタイル。小物を白でまとめつつ、肩かけデニムジャケットで縦長シルエットを意識して。

▼ボーダーをドレスアップ

ボーダーをドレスアップしたコーデ画像

カジュアルなイメージが強い太めボーダーのロンTは、春風に揺れるふんわりシフォンスカートでドレスアップ。光沢のあるバレエシューズとバッグで上品にまとめて。

【カラー】コーデの配色・小物テクニック

色によってガラリと印象が変わるカラーTシャツスタイル。ここでは、配色のお手本にしたいコーデや合わせるべき小物テクをご紹介します♪

ヌーディーカラーでコンパクトに女らしく

ヌーディーカラーでコンパクトに女らしくしたコーデ画像

肌感を高めるスキンカラーTシャツに、淡いトーンのストレートブルーデニムを合わせて極力シンプルに。無駄な装飾はせずにコンパクトにまとめるのがむしろ新鮮♪

シンプルスタイルは小物でブラッシュアップ

シンプルスタイルは小物でブラッシュアップしたコーデ画像

カラーTシャツのなかでも、ベーシックなブラウンなら着まわし力抜群。黒スキニーとのシンプルな組み合わせだからこそ、デザインサンダルやアイグラス、バングルといった小物を重ねてもトゥーマッチにならない。

秋っぽいカラーをあえて夏に着こなすのが新鮮

秋っぽいカラーをあえて夏に着こなすのが新鮮なコーデ画像

秋らしいダークブラウンのTシャツとキャメルワイドパンツを、あえて夏に着こなすことで新鮮さを狙ってみて。ベレー帽とシューズはブラックで統一し、全体のトーンをそろえるとうまくまとまる。

カラーは白黒で引き立たせる

カラーは白黒で引き立たせたコーデ画像

モノトーンと組み合わせることでパープルの存在感を際立たせたTシャツスタイル。ボーイッシュなキャップにあえてスカートという組み合わせが秀逸。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW