FASHION

来たる春夏を先取り!22の「黒Tシャツ」最旬コーデ

2019/01/28

季節問わず、どんなアイテムともマッチする優秀選手、Tシャツ。中でも黒なら、ベーシックで使いやすい、締めカラーでコーデをすっきり、インナーが透けないなど嬉しいポイントだらけ。ここでは、来たる2019年春夏に向けて、そんな黒Tシャツを使った着回し術を先取り!

「ボトムス」別の黒Tシャツコーデ

まず始めに、パンツ、スカートのボトムス別コーデをご紹介。MINE世代なら、きれいめボトムスでTシャツをランクアップさせるのがオススメ!

パンツ合わせ

▼ホワイトのワイドパンツでオン仕様

コンパクトシルエットのTシャツに、明るい印象をもたらすワイドパンツをON。華奢ミュールとレザートートバッグでオフィスでもOKなモノトーンスタイルの完成!

▼アースカラーでクールに着こなす

カーキのワークボトムス、ベージュのバッグ、ブラウンのサンダルでアースカラーをミックスしたTシャツスタイル。カラートーンが落ち着いているので、大人らしい印象に。

▼ブラックにダークパープルを足していい女!

クルーネックT、スキニーパンツで女性らしいラインを強調。足元はいい女度が高まるダークパープルのパンプスをオン。

▼同カラーの小物で差し色を

黒とグラデーションになるグレーのワイドボトムスで、シルエットのメリハリを作ったスタイル。チェーンバッグ、パンプス共にくすみピンクを足してレディ度を底上げ。

▼ベージュで柔らかさを足す

全身黒だとハンサムな印象だけど、ボトムスにベージュをチョイスして柔らかにまとめて。サングラスとレザートート、ラフにまとめたヘアスタイルで大人の都会派リラックススタイルをメイク。

スカート合わせ

▼デザイン性の高いスカートで差をつける

3つの色が楽しめる、ひねりの効いたデザインスカートでシンプルなTシャツをよそ行き仕様にアップデート。パールピアスや太めのシルバーバングルといったアクセサリー術で全体にメリハリを作って。

▼黒Tをレディに着こなす

ボリュームたっぷりのベージュフレアスカートは、ロング丈なのでよりエレガントな印象に。Tシャツのカラーに合わせた小物でシックにきめて。

▼白地ドットでレトロに着こなす

まるでオールドムービーから抜け出したようなレトロ感がおしゃれなスタイリング。ドット柄とリンクした、ころんと丸いフォルムのバッグがキュート。

▼スカートでもハンサムに

Tシャツといっても、その袖丈は様々。五分袖丈でメンズライクなシルエットを作ったら、クールなカーキスカートで縦長ラインを強調。小物もユニセックスなアイテムをチョイスして、とことんハンサムに。

「重ね着」で着回す

重ね着を駆使したら、オールシーズン着回せるのもTシャツの良いところ。アウターはもちろん、ワンピースのプラスアルファテクも今季は欠かせない!

デニムジャケットを肩掛け

定番のデニムジャケットの肩掛けテクには、ウエストリボンがポイントになるワイドパンツでフェミニンに。トップス、ボトムスのカラーとリンクした小物でコンパクトにまとめて。

ストライプワンピースで爽やかにシフト

黒Tシャツに清涼感を与える白地のストライプワンピースを羽織りとしてON。ロング&リーンな装いでスタイルアップを狙って。

リネンアウターで軽やかに

リネン素材のデザインアウターをプラスして、黒を軽やかに仕上げたスタイリング。ボトムスはくるぶしがのぞく丈をチョイスして、華奢な足首をアピール。

ドットワンピースでロマンティックに振り切る

黒Tシャツ×インディゴデニムのハンサムカジュアルには、ブラウン地が大人らしいドットワンピースを合わせてロマンチックに。パワーを纏うレッドのバッグもムードにマッチして◎。

ジャケットで余裕感あるスタイルへ

Tシャツ×デニム、ぺたんこサンダルの組み合わせには、ベージュのジャケットをプラスして大人のリラックススタイルをメイク。ストライプ柄バッグをポイントに、コーデにメリハリを持たせて。

「ロゴTシャツ」コーデ

強い黒に親近感を湧かせるロゴプリント。取り入れる時は、Tシャツが際立つようにシンプルな色合いやアイテムを合わせるのがおすすめ。

タックインでロゴを目立たせる

タックインでスッキリ上半身をメイクして、胸元のロゴが目立たせて。さりげない細めのロゴプリントなら大人っぽくデイリーに使えてgood。

ロングデニムスカートで大人カジュアル

ドレープ感のあるロングデニムスカートとロゴプリントTを合わせた、大人の遊びゴコロ感じるスタイリング。サスペンダーを足して物足りなさ回避。

スニーカー・スキニーパンツでメンズライクに

ストリートムード漂うロゴTシャツ×スニーカーの組み合わせは、挑戦しやすいメンズライクコーデ。オーバーサイズTシャツと細身のスキニーパンツでメリハリをつけるのがポイント。足元にカラーを持ってきて親しみやすさをプラスして。

「差し色・配色」で差をつける

どんなカラーも引き立たせてくれる黒だからこそ、差し色や配色テクで周りと差をつけて。

軽やかオレンジで夏を謳歌!

ヴァカンスにぴったりな黒Tシャツコーデをご紹介。シフォン素材のビタミンオレンジスカートで軽やかな夏スタイルを演出。フラットサンダル、ラフィアハット、ジュートクラッチ合わせで、小物も季節感にこだわって。

フェザーのパワーピンクで視線を独り占め

女性らしいクルーネックのTシャツに、視線が集まるピンクのデザインスカートをプラス。ポインテッドトゥのパンプス、チェーンバッグでとことんきれいめにこだわって。ベレー帽やビッグパールピアスなどの小物技にも注目。

目立ち度大なアスレジャーミックススタイル

キャップにバックパック、スニーカーがアスレジャーなスタイルには、ワインレッドのスカートで色遊びを。アクセサリーは黒のフープピアスやシルバーブレスレットでトーンをなじませて。

鮮やかブルーが目を引く個性派スタイル

一見取り入れづらそうなブルーパンツは、黒で大人らしい印象をキープ。レザートートやミュールで小物はきれいめにまとめてブルーを際立たせて。

リネンのライトブルースカートで清涼感たっぷり

引き締め効果のある黒と、爽やかさたっぷりなリネンスカートがgoodバランスなスタイル。かごバッグやビーチサンダルで海辺が似合う大人コーデの完成!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW