shutterstock.com
LIFE STYLE

【男のホンネ】女子ボディケアOK・NG境界線

2019/03/20

露出が少なくなる冬場、ボディケアが甘くなっている人はいませんか?
彼氏といざベッドインしたときに「あ!」と気がついても時すでに遅し。暗いとはいえ、目が慣れてくれば処理の甘さに気がついてしまうこともあります。
そこで今回は男性にボディケアのOKとNGの境界線を聞いてきましたのでご紹介します。

(1)髭に見えるうぶ毛

「うぶ毛って女性の方がはえてるじゃないですか。髪の生え際とか、もみあげのところとか。それほど気になるものではないんですけど、口まわりのうぶ毛だけはダメですね。完全に髭に見えちゃうんですよ」(Nさん・28歳男性)

うぶ毛というのは顔の表面にも沢山はえています。普段はそれほど気になるものではないけれど、口まわりのうぶ毛が濃いのだけは髭の印象が強くてNGといった意見。
「顔のうぶ毛を抜くと化粧ののりも違ってきます」といった女性の意見も紹介しておきます。

(2)唇のひび割れ

「唇がひび割れて血が出てきちゃっている女性っていうのはちょっと嫌ですね。笑ったときにピキッて割れちゃうみたいな。カサカサな唇程度だったらリップクリームを塗ればすぐになおると思うので、そこが僕のNGラインですかね」(Hさん・29歳男性)

カサカサした唇というのは男性から不人気。しかし、「仕方ない」といった意見があるように理解は示してくれている様子。

しかし、唇がひび割れてしまうところまで放っておくのはNG。酷い場合はマスクなどを着用すると隠すことができるし、保湿もできるのでおすすめです。

(3)Oラインのムダ毛

「お尻のOラインにムダ毛がはえているのはちょっと萎えますね。そこは処理しておいて欲しいところです。お尻の肌が少し荒れてブツブツしているのは、仕方ないと思えるんですよ。でも、ムダ毛は処理できますからね」(Tさん・30歳男性)

お尻の肌荒れは諦められるけれどOラインのムダ毛処理はNGという男性の意見。
顔だけでなく背中などの肌荒れは食生活や生活リズムなど、体の内側から綺麗にならなければ改善が難しいこともあります。そのことを男性も分かっているわけです。

それに比べて、Oラインのムダ毛は簡単に処理できるもの。やり方が分からないという人はお店で処理してもらうといいかもしれません。

(4)剃り残し

「女性の脇とかで剃り残しを発見したときは衝撃的でしたね。特に冬場は露出が減るから甘くなるのは分かるんですよ。剃り跡が目立つくらいなら仕方ないと諦めることができます。僕だって完璧な人間ではないのでね。だけど、一本だけピヨって生えているのは許せません」(Aさん・27歳男性)

毎日髭を剃る男性からすると脇が青くなってしまうのは理解できる様子。
しかし、剃り残しはNG。長くなってしまったムダ毛を見ると、処理していないという女子力の低さを感じるのだとか。

特に背中などは自分で処理するには難しい部分。最近では背中用のムダ毛処理グッズが売っているので活用してみては?

(5)Vラインがつるつる

「Vラインは普通が一番ですね。女性だから気にして処理するのは分かるんです。見られたときに恥ずかしくない程度には綺麗にしておきたいんでしょう。でも、つるつるにするのはやり過ぎかな」(Tさん・31歳男性)

ショーツからはみ出さないようにVラインを処理しておく人は多いかもしれませんね。しかし、やり過ぎはNGなようです。

全く生えていない、または綺麗過ぎると遊び人に感じられてしまうのだとか。下着姿が綺麗に見える程度で辞めておくといいようです。

いかがでしたか? 今回は女性のボディケアでNGラインをご紹介しました。
基本的には処理が少し甘くなってしまうのは男性も仕方ないと分かってくれるようです。しかし、甘くなりすぎはNG。デートの前日は特にしっかりとしたボディケアをしておいた方がいいかもしれませんね。

Editor:Tsumugu Kusanagi

他の記事もCheck!

▼男がガッカリした彼女の秘密って?

▼男にすぐ飽きられる女性の特徴って?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW