shutterstock.com
LIFE STYLE

他の人とは違う!「運命の人」に共通していること5つ

2019/03/20

星の数ほどある男女の出会い。あなたは“運命の人”の存在を信じていますか?
目の前に現れた異性と恋に落ちて親密な関係になることもある意味“奇跡的”なことですが、すべての相手が運命の人であるとは限りません。

「じゃあ運命の人ってどうやって見分けたらいいの?」

そこで今回は、20~30代女性を対象に「運命の人」に関するアンケートを実施! 他の異性とは違った共通点をピックアップしてみましたよ。

(1)相手の体臭に嫌悪感を抱かない人

「運命の人って匂いで嗅ぎ分けるっていうでしょ? 他の人だったら絶対に嫌がるような臭いも、運命の人だったら心地よく感じてしまうのかも。彼にハグされたときに感じる体臭は、私にとってアロマよりリラックス効果があるから」(29歳/IT)

普通だったら不快に感じるはずの体臭がまったく気にならない! それどころか「心地よい香り」「何だか落ち着くかも……」なんて経験はありませんか?

実はそれ、無意識のうちに自分とは違った遺伝子を求めているサイン。異性を本能的に“いい香り”だと感じたら運命の人だと思って間違いないかもしれませんね。

(2)沈黙も心地よいと感じる人

「今までお付き合いしていた彼氏は、無言になると『どうしよう』『何か話さなきゃ!』って焦りを感じていたけど、今の彼氏は違う。何も語らなくても、黙って一緒にいるだけでホッとする」(28歳/事務)

一緒にいてワイワイ楽しめる相手もいいけれど、結婚となると別の話。話が途切れてしまったとき、焦りを感じているような相手とは長続きしません。

何も話さなくても分かりあえる夫婦のように、一緒にいるだけで落ち着く相手。楽しいときも、悲しいときも、そっと寄り添える相手こそ運命の人といえるのかも!

(3)辛い出来事のあとに出会った人

「両親が離婚して家族がバラバラになってしまったとき、『何かあった?』と優しく声をかけてくれたのが夫だった。とにかく辛い毎日だったから、夫が救世主みたいに見えた」(32歳/金融)

彼氏と別れたり、大切な人を失ったり……。寝込んでしまうほど落ち込んでいるとき、「大丈夫?」「何かあったの?」と話しかけてくれた異性=運命の人である可能性大!

目の前が真っ暗になって塞ぎ込んでいたあなたに、明るい光が差し込んでくるのを実感できるはずです。「今はそんな気分じゃないから……」と拒否せず、周りに甘えてみることも大切ですよ。

(4)「顔が似てきたね」と言われた人

「交際1年目の夏。久しぶりに会った地元の友人たちに夫を紹介したら、『お兄さん?』『二人とも顔がそっくり!!』と大爆笑された。ちなみに今は結婚8年目だけど、さらに顔が似てきた気がする。一緒にいる時間が長くなると、運命の人って顔や性格が似てくるのかな? それとももともとおなじような系統の顔なのかな?」(38歳/販売)

一緒にいる時間が長くなると顔が似てくる、なんて言われることがありますよね。実際に芸能界でもおしどり夫婦の顔を思い浮かべてみると、なんとなく似ている気がしませんか?

これは自分と似ているものに対して好感を持つ動物の習性の1つ。本能的に似ている顔の異性を好きになってしまう傾向があるようです。あなたも鏡を見て「彼氏と似ているかも……」と思ったら、彼との結婚はそう遠くないかも!?

(5)共通点が多い

「誕生日がちょうど1カ月違いだったり、かなりディープな共通の趣味を持っていたり。偶然が重なったから、出会った瞬間に運命を感じてしまった」(32歳/化粧品メーカー)

顔だけでなく、誕生日や生まれた病院、好きな音楽や映画、ファッションなど、共通点がたくさんあると二人の距離がぐっと縮まって、結婚へ向けて急展開するカップルが多いといいます。

ちなみに、アンケートの中では「両親が同じ誕生日」「音楽好きの夫婦で趣味レベルのバンドを組んでいる」なんて回答も……。たしかにここまで共通点が多いと、運命を感じてしまいますね。

せっかく運命の人と出会えても、ただ待っているだけでは恋愛のチャンスを逃してしてしまうかもしれません。「この人かも……」といった直感を信じて、自分からアプローチしてみてはいかがですか?

【取材協力】
※ 20~30代女性

Editor:mook

他の記事もCheck!

▼気になる彼の連絡先を聞く方法は?

▼幸せな恋愛をしている女性の共通点は?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW