パーカーコーデ【レディース21選】
FASHION

パーカーコーデ【レディース21選】大人女子のオシャレ見え着こなし術

2019/04/12

大人のカジュアルファッションに欠かせないアイテム、パーカー。そのままカジュアルに着こなしても、またはスタイリッシュコーデの外し役としても活躍する万能選手。ここでは、そんなパーカーの着こなしを色別でご紹介。季節問わず取り入れられるアイテムなので、早速クローゼットに加えてみて。

グレーパーカーコーデ

白よりも大人っぽく、黒よりも親しみやすいグレー。中間色なので、どんなカラーとも合い着回し力抜群。そんなグレーのパーカーを使ったスタイルを5選ピックアップ。

小物とアウターでカジュアルさを払拭

パーカー×スキニーデニムのモノトーンカジュアルの組み合わせには、小物とアウターでブラッシュアップ。レザーバッグとオックスフォードシューズできちんと感を加えたら、レディ度高めのトレンチコートをON! よそ行きなパーカースタイルの完成。

インナーのバランスをとる

羽織りとしても活躍するパーカー、ただ羽織るだけだと部屋着感が…… そんな時は、インナーのトップスをタックインしてベルトを添えれば、「腰の高さはここ!」とスタイルアップが可能。足袋ブーツをプラスしてシティに馴染む装いへ。

ネイビージャケットとシューズで「上品カラー」を足す

カジュアルなのに大人っぽく映るのは、ネイビーの持つ上品さのおかげ。ジャケットとシューズでパーカーをサンドイッチしたら、大人の休日リラックススタイルの完成。

女っぽいアイテムとコーデしてみる

女っぽいアイテムと合わせても、いやらしくない印象にできるパーカー。グレーに合うようにくすみパープルのタイトスカートとチェーンバッグを合わせたら、ラフなのにフェミニンな装いに。足元はスニーカーで外すのがお約束。

グレーパーカーとベージュの曖昧カラーで柔らかい印象に

グレーとベージュといった中間色のツートーンコーデなら、優しげなまろやかな印象に。カジュアルパーカーにあえてフェミニンなドレープスカートという意外性がおしゃれ見えの秘訣。

黒パーカーコーデ

シルエットをピリッと引き締めてくれる黒。カジュアルでも大人な印象を叶えられるので、こちらも王道な万能カラー。メンズライクからフェミニンまで、あなたはどう着こなす?

シックに導く黒の力

トレンチコートとブラックというスタイリッシュなかけ合わせは、パーカーとデニムでカジュアルダウン。トレンチコートのカラーと馴染むブラウンボーダートップス、そしてヒールにソックスを合わせた足元でパリシックに着こなして。

黒パーカーならメンズライクもお手のもの

ブラックとカーキを組み合わせて、メンズっぽく落とし込んだパーカースタイル。トップスにボリュームがあるので、ボトムスはスキニーデニムがgoodバランス。ベージュのキャップで明るさを1点プラスするだけで華やいだ印象に。

黒パーカーでストイックなモノトーンスタイル

パーカーやスニーカー、バックパックでリラックスな装いだけど、黒で全体を引き締めストイックな印象へシフト。レイヤードしたTシャツやグレーのスニーカーでメリハリを作って。

シアー素材が鍵!

ゆったりサイズの黒パーカーを低身長さんが着こなすなら、足元はシアーな素材のスカートで抜け感を作るのが鍵。軽やかな印象なので、フラットなスニーカーでもスタイルアップ。

ゆったりコンビは黒パーカーで引き締め

パーカーにオーバーサイズアウター、フレアスカートのゆるゆるコンビには、黒をチョイスして引き締まった印象に。シューズもスカートと同じ白で統一して、足元は軽やかが好バランス!

白パーカーコーデ

ホワイトのパーカーなら、カジュアルに清潔感がプラスされ、きれいめな大人コーデに。全体に明るい雰囲気をもたらしてくれるのも嬉しいポイント。

ホワイト×ベージュで柔らかさを引き立たせる

ホワイトとベージュで淡いトーンが強調されたスタイル。カジュアルなスウェットにはマウンテンパーカーでハリ感をもたらせば、都会派仕様にチェンジ。

ビッグカラートートでインパクトを

きれいめなブラックチェスターコートを、ホワイトパーカーでカジュアルダウン。全体を白黒で統一させたら、秋冬に馴染むモスグリーンのバッグでインパクトを持たせて。

低身長さんはコンパクトに見せるのが鍵

低身長さんがホワイトパーカーを着ると、幼く見えてしまいがち。そんな時は、細身の黒ボトムスにタックインして脚長効果を出して。アウターもコンパクトサイズを肩掛けすれば、大人の余裕漂うコーデに一変!

ボトムスでエレガントムードを

ホワイトパーカー×デニムジャケットのカジュアルコンビには、ドット柄×プリントスカートを足してドラマチックにシフト。ジャケットの抜き襟テクで垢抜けさせるのもお忘れなく。

ベージュ・ブラウン系パーカーコーデ

色の持つ優しい印象で、コーデをまろやかに仕上げてくれるベージュ・ブラウン。黒に添えて親しみやすさをプラスしても良し、柔らかカラーで統一してフェミニンに仕上げても良しな優秀選手!

ベージュパーカーで黒をまろやかに中和

パーカー以外を黒でまとめたメンズライクなスタイルには、ベージュを投入して親近感を作って。ビッグサイズのトップスは、やっぱりコンパクトなボトムスが相性良し。

アウターと同系色でリンクさせる

ボアアウターのデザインカラーと馴染ませたパーカーをチョイスしたスタイリング。黒スキニーやチェーンバッグで綺麗め要素をプラスすれば、大人なカジュアルスタイルの完成。

ベージュのグラデーションでぬくもりたっぷり

ベージュパーカー、そしてペールトーンのブラウンアウターを重ねてグラデーションを作ったスタイル。足元にも白ソックスを覗かせて軽さを作って。

優しげカラーに黒を添える

ベージュパーカーとホワイトのフレアスカートでフェミニンに着こなして。バッグとシューズの小物はブラックで統一して、ふんわりなカラーたちを引き締めるのもポイント。

その他の色のパーカーコーデ

ここでは、「くすみピンク」「パープル」「ネイビー」のパーカーを使った着こなしをそれぞれご紹介。色遊びで自分らしさを楽しんで。

くすみピンクのパーカーで温感を高める

色の印象だけでも暖かそうなカジュアルスタイル。ゆったりボトムスと軽やかなホワイトスニーカーで、全体的にリラックス度高めに着こなして。

個性派に仕上げるならパープルパーカーで

ホワイトカーディガンとブラウンのニットパンツには、目が覚めるような鮮やかパープルで意外性を狙って。シックなシューズとバッグで全体のゆる感にメリハリを作るのも鍵。

パーカーでも上品なネイビー

上品カラーのネイビーパーカーに、黒のチェスターコート合わせでマスキュリンに。ホワイトソックスをちらりと覗かせて、ちょっぴり抜け感をプラスするのがこなれて見える技。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES