「グレーパーカー」コーデお手本23選
FASHION

「グレーパーカー」コーデならラフでオシャレにキマる!お手本23選

2019/04/12

ラフなアイテムはもちろんのこと、きちんと感のあるアイテムにもマッチする「パーカー」。中でも中間色のグレーなら、どんなカラーと合わせてもうまく馴染んでくれる便利色なのです! そんなグレーパーカーを主役に、様々な目線で着こなしをご紹介。

グレーパーカーに『パンツ』を合わせる

大人カジュアルなムードが楽しめる、パーカーとパンツの掛け合わせ。スニーカーでラフさをキープしながら、レイヤード術で部屋着っぽく見せないのが鍵

スリムパンツ

▼さりげないディテールを効かせる

モノトーンでまとめた定番の大人カジュアルスタイル。インナーのTシャツの裾をのぞかせたり、ボトムスの裾を大きく折り返してさりげないディテールでおしゃれを叶えて。ヘアはざっくりお団子ですっきりとした印象に。

▼レイヤードを駆使して奥行きを作る

ボーダーT、パーカー、そしてライダースジャケットで奥行きを持たせたレイヤード術なら、防寒対策としてもばっちり。小物をスポーティにまとめたら、アスレジャーミックススタイルの完成。

▼ロゴパーカーで遊びゴコロを

ロゴ入りパーカーでモノトーンに遊びゴコロをプラスしたカジュアルスタイル。ピタッと脚のラインに沿うレギンスでトップスとのメリハリを強調させればグッドバランス!

▼真面目なアウターの外し役として

きちんと感の強いチェスターコートも、パーカーを挟んでカジュアルダウン。ラフに着崩したい時の外し役としてもぴったりなパーカーは、一枚持っておくと便利。

ワイドパンツ

▼バランスとカラートーンを揃える

ゆったりシルエットのワイドパンツなら、ジャストサイズのパーカーが好バランス。ライトグレーの色味に合うように、デニムもライトブルーでトーンを統一して。

▼カジュアルなのに大人見えの理由って?

こちらもコンパクトなパーカーでボトムスとバランスを取ったスタイリング。カジュアルアイテム揃いの中で、1点レザーの細ベルトを投入することでぐっと大人の雰囲気をプラス。

▼明るい色とフェミニンボトムスで大人可愛く

ジャストサイズのパーカーと、フレアラインが女性らしいワイドデニムパンツの組み合わせ。ライトグレーとホワイトで全体が明るい印象に。

グレーパーカーに『スカート』を合わせる

スカートを合わせることで、甘すぎない大人かわいいカジュアルを作れるパーカー。フレアやシフォンで軽やかにしたり、タイトシルエットで色香をプラスしたりと変幻自在。媚びないフェミニンを作りたいのなら、パーカー×スカートはマストです!

タイトスカート

▼カジュアルなのにさりげなく色っぽい

単体だと子供っぽく見えてしまうパーカーだけど、ダスティパープルのタイトスカートで大人の色香をプラス。ちらりと覗く華奢な足首とチェーンバッグで更に女っぽさを上げて。

▼立体感と奥行きを作る

季節感たっぷりのブラウンニットスカートは、立体感のあるデザインでプレーンなパーカーとメリハリをつけて。パーカーの下にタートルニットを重ねれば、いつものコーデも新鮮な印象に。

▼小物技でおしゃれ見え

ゆったりパーカーに膝丈タイトスカートを合わせたら、小物技でコーデをプラッシュアップ。ブーツからくしゅくしゅソックスを覗かせて足元に立体感を。耳元にオレンジのピアスを足せば、モノトーンの単調なイメージががらりとチェンジ。

フレアスカート

▼女っぽさを高めるなら、パステルグレーをチョイス

グレーと言っても、その色味は様々。白に近いパステルグレーなら、フェミニン度高めな印象に。ボトムスはベージュのフレアスカートでリラックスムードを纏った着こなしに。手元にはロゴライン入りのPVCバッグで甘いだけじゃないコーデを完成させて。

▼ソフトな色合いにブルーを効かせる

ライトグレーとホワイトのシフォンスカートが軽やかな組み合わせには、差し色ブルーで個性派に仕上げて。

▼グリーン合わせでナチュラルに

ライトグレーパーカーに、ダークグリーンのスカートを合わせてナチュラルな印象に。
キャンバス地のポシェットとスニーカーはホワイトで統一して、大人のリラックスムードを加速。

グレーパーカーに合う『靴』は?

スニーカーならスポーティーに、フラットなら大人カジュアルに、ヒールではきれいめカジュアルなど、合わせるシューズで印象が変わるパーカー。シューズのアイテム別にコーデをピックアップ。

スニーカー

▼ホワイトスニーカーで楽ちん休日スタイル

休日リラックスにぴったりなカジュアルスタイル。グレーパーカーと黒スキニーのモノトーン合わせには、デニムジャケットとホワイトスニーカーでストリートムードをON。

▼カジュアルコーデをワンランク上げる

パーカーにデニム、そしてスニーカーのカジュアルコーデは、きちんと見えするチェスターコート、レザーバッグ、そして足元は靴下を覗かせてランクアップ。

レインブーツ

▼レインブーツにもカジュアルパーカーがマッチ

雨の日が待ち遠しくなるようなコーデをご紹介。パーカー×ロングレインブーツでカジュアルスタイルを作ったら、ベージュの綺麗めアウターを合わせて大人リラックスに。

ヒール

▼縦長ラインにはヒールで更にスタイルアップ

パーカーにジレをプラスして縦長ラインを強調したら、ポインテッドヒールをプラスして更にスタイルアップ。色数は抑えて統一感を持たせればまとまりのある大人カジュアルコーデに。

▼きれいめヒールをリラックスに着こなす

グレーと馴染ませたきれいめシルバーパンプスには、パーカーとデニムでリラックスムードをまとって。カーキアウターやオレンジのファーバッグで季節感もしっかりプラス。

グレーパーカーに合う『アウター』は?

アウターが必須な冬は、パーカーとのレイヤードが楽しめる季節。フードで首回りに立体感が出るから、防寒対策としてもおすすめ。おのずと縦長ラインが強調されるロング丈アウターならスタイリッシュに、コンパクトなショート丈ならメンズライクな印象に。

ロング丈アウター

▼ボアアウターとパーカーでぬくもりたっぷり

ロング丈で一層存在感が増すボアアウターは、パーカーと重ねて温感高めに着こなして。ボトムスはスキニー、ヘアもスッキリまとめれば細見え効果大。

▼フェミニンレジャースタイル

パーカーにナイロンバックパック、キャップにスニーカーといったユニセックスな組み合わせには、装いに鮮度をもたらすホワイトボアアウターをプラスして華やぎをON。

▼きちんとアウターも程よくリラックス

パーカーワンピースとチェック柄チェスターアウターを重ねた都会派スタイリング。ラフお団子ヘアに華奢フレームのアイグラス、そして大きめキャンバストートできちんとアウターのお堅さを和らげて。

ショート丈アウター

▼トレンドのキルティングダウンとも相性良し

コンサバなイメージが強かったキルティングダウンも、今年はビッグシルエットでストリートムードにもマッチ。トップスにボリュームを持たせたら、ボトムスはすっきりまとめるのが安心。

▼ジャケットに親近感を

ジャケットのセットアップはオフィス仕様、なんて考えはもう昔のこと! 正反対なパーカーとスニーカーを合わせて着崩すのが今っぽく見える着こなし。カラーはモノトーン統一で大人らしさはキープ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE