ノーカラーシャツコーデ色別22選
FASHION

ノーカラーシャツコーデで首周りスッキリ!色別22選

2019/01/22

最近よく聞くノーカラーシャツ(ブラウス)。ノーカラーとは、 英語で書くと「no collar」、つまり襟無しのこと。襟が無いので首周りをスッキリ見せることができます。合わせるアイテムによって、きれいめにもなれば、個性的な着こなしを楽しむことも可能!
ここでは、意外と振れ幅のあるノーカラーシャツ(ブラウス)の、色別のスタイリング方法を紹介します。

ホワイト系

ピュアさやきちんと感を出せる、ホワイト系ノーカラーシャツ(ブラウス)。ホワイト系は意外と存在感の強いカラーなので、ボトムスと合わせたシンプルなワンツー・コーデが決まりやすく、ジャケットやニットのインナーに差すとコーデのアクセントとして威力を発揮します。

ノーマル型

▼白ノーカラーブラウス×ストライプフレアスカート

白ノーカラーブラウス×ストライプフレアスカートのコーデ画像

凝った袖口のデザインがポイントの白ノーカラーブラウス。カラフルなマルチストライプのフレアスカートと合わせて、モード感あるスタイリングに。シャツがノーカラーでフロント部分があっさりしているからこそ、主張の強いスカートともすっきり合わせることができます。

▼白ノーカラーブラウス×プリーツワイドパンツ

白ノーカラーブラウス×プリーツワイドパンツのコーデ画像

一枚で決まる、ウエスト部分をキュッと絞ったノーカラーブラウス。袖はボリューミーなデザインなので、ウエストのシャープさが強調され、着やせ効果も◎。優雅なプリーツワイドパンツにアウトで合わせても、スタイル良く決まります。ゴールドのアクセサリー&チェーンバッグでクラス感をアップして。

▼白ノーカラーシャツ×ベージュノースリーブニット

白ノーカラーシャツ×ベージュノースリーブニットのコーデ画像

襟のこなし方を考えなくてすむノーカラーシャツは、ニットレイヤードにも取り入れやすい。 白ノーカラーシャツをノースリーブニットにインして、白×ベージュの上品レイヤード。インディゴデニムとレザートートで、きれいめに仕上げるのが正解。

Vネック型

▼白Vネックブラウス×ベージュワイドパンツ

白Vネックブラウス×ベージュワイドパンツのコーデ画像

ネックラインと袖口に刺繍レースを施したフェミニンな白Vネックブラウス。ベージュのワイドパンツと合わせて、繊細な組み合わせを楽しみたい。ゴールドのアクセサリーやバッグでツヤ感を加えると、ディナーやパーティーでも映える着こなしに。

▼白Vネックブラウス×ブラウンフレアスカート

白Vネックブラウス×ブラウンフレアスカートのコーデ画像

深めのVネックでデコルテを強調し、美人見えするとろみブラウス。あっさりとしたデザインなので、オン・オフ問わず様々なボトムスと合わせることができます。トレンドカラーのブラウンのフレアスカートと合わせれば、シンプルながらも旬を感じさせる着こなしに。ブラウスはきちんとタックインして、スカートのベルトデザインを引き立てて。

▼白Vネックレースブラウス×レザージャケット

白Vネックレースブラウス×レザージャケットのコーデ画像

ブラウスにVネックの抜けがあると、ジャケットとも合わせやすい。辛口イメージのライダースジャケットも、グレージュをチョイスすればフェミニンに仕上がります。ハイウエストのパンツにブラウスをインしてコンパクトに見せるのが、スタイリッシュに決まるポイント。

ベージュ系

女らしいムードやニュアンスを出しやすい、ベージュ系のノーカラーシャツ(ブラウス)。ノーカラーだと、よりデコルテが強調されやすくなるので、フェミニンコーデにもってこいのアイテムです。基本的にどんなボトムスとも合わせやすい上、同じニュアンスカラーのグレーに比べて、よりいっそう華やかな印象を与えます。

ノーマル型

▼ベージュノーカラーシャツ×黒ロングスカート

ラフなワッフル素材のロングスカートに、ベージュのノーカラーシャツを合わせてキレイめカジュアルに。シャツは上から4つくらい開けて、付属のサッシュベルトでしっかりウエウストマーク。デコルテ見せ&メリハリを出すことでこなれたコーデに。

▼キャメルノーカラーシャツ×ベージュワイドパンツ

キャメルノーカラーシャツ×ベージュワイドパンツのワントーンコーデは、優しさが漂うムード満点な配色。
シャツは、裾の方だけボタンを留めてフロントインして、リネンのシワを活かしたニュアンスたっぷりの着こなしにして。

Vネック型

▼グレンチェックVネックブラウス×キャメルレーススカート

グレンチェックVネックブラウス×キャメルレーススカートのコーデ画像

くびれがキュッとできるウエストタックのグレンチェック柄ブラウス。上品なレースタイトスカートにそのまま合わせても、メリハリあるスタイルになります。ブラウスの深いVネックがコーデに抜け感を与え、洗練されたベージュ系ワントーンコーデに。

▼ベージュVネックブラウス×黒ライダースジャケット

ベージュVネックブラウス×黒ライダースジャケットのコーデ画像

肌の色に近い淡いトーンのベージュは、最も女っぽく見せてくれるカラー。鎖骨が見えるVネックブラウスなら、その効果は倍増!ハードな黒ライダースジャケットを羽織っても、大人フェミニンな印象を与えます。

ネイビー、ブルー系

知的さや清潔感を与えるネイビー、ブルー系のノーカラーシャツ(ブラウス)。ネイビー系はマニッシュな着こなしになり、淡いブルー系は爽やかな印象に。色の幅が広く、トーンによってガラッと印象が変わるので、シャツの色が醸し出すイメージを見極めて、コーデを作っていきたい。

ノーマル型

▼ネイビーノーカラーブラウス×ベージュタイトスカート

ネイビーノーカラーブラウス×ベージュタイトスカートのコーデ画像

凛とした雰囲気を漂わせるダークネイビーのノーカラーブラウス。上品なベージュのタイトスカートと合わせて、品格ある大人の着こなしに。ブラウスはきっちりタックインすることで、ドロップショルダーのゆったりとしたドレープが際立ちます。

▼ブルーノーカラーブラウス×ネイビーニットベスト

ブルーノーカラーブラウス×ネイビーニットベストのコーデ画像

淡いブルーのストライプシャツとネイビーノースリーブニットとの知的な配色レイヤード。ブルー系のワントーンコーデも、ニット・シャツ・デニムと異なる素材をミックスすることで、奥行きのあるスタイリングに。

Vネック型

▼くすみブルーVネックブラウス×グレータイトスカート

くすみブルーVネックブラウス×グレータイトスカートのコーデ画像

フェミニンなくすみブルーのV ネックブラウス。同じくすみカラーであるグレーのタイトスカートと合わせて、ニュアンス感たっぷりのコーデに。秋冬の寒色系コーデには、ファー巾着やゴールドアクセサリー、ブラウンのショートブーツで温かみをプラスして。

▼ネイビーVネックシャツ×インディゴスキニーデニム

ネイビーVネックシャツ×インディゴスキニーデニムのコーデ画像

ネイビーシャツ×インディゴデニムのオールネイビーコーデは、シャツの深いVネックで、女っぽい抜けのある着こなしに。開いたネックラインと手首には、シルバーアクセサリーでツヤ感を与えると、ワンランク上の大人のデニムスタイルが完成します。

ブラック系

地味に見えやすいブラック系ノーカラーシャツ(ブラウス)は、素材や柄に特徴のあるものを選べば、ワンツーコーデも決まりやすい。また、対照的な白やベージュと合わせて、カラーコントラストをつけると気映えするスタイリングになります。

ノーマル型

▼黒クリンクルブラウス×ベージュフレアスカート

黒クリンクルブラウス×ベージュフレアスカートのコーデ画像

黒でも表情豊かな、クリンクル(シワ加工)ブラウス。ベージュのフレアスカートに合わせて、レディ感漂う上品コーデに。足元は、ブラウスと同じ黒のパンプスにすることで、統一感あるスタイルになります。

▼白ノーカラーシャツ×変形黒ニットベスト

白ノーカラーシャツ×変形黒ニットベストのコーデ画像

ノーカラーシャツとニットベストのレイヤードは、襟がない分、プルオーバー感覚で気軽にコーデに取り入れることができます。モードな変形ニットベストは、白シャツの袖を見せることで、きちんと感ある着こなしに仕上がります。

▼黒ノーカラーブラウス×ベージュリネンコート

黒ノーカラーブラウス×ベージュリネンコートのコーデ画像

オールブラックなスキニーコーデに、ベージュのリネンコートを羽織り、コントラストを効かせた大人のシンプルスタイル。リネン・光沢感あるブラウス・レザー小物と異なる素材をミックスすることで、深みのある2トーンコーデに仕上がります。

Vネック型

▼黒Vネックブラウス×ベージュリネンコート

黒Vネックブラウス×ベージュリネンコートのコーデ画像

胸元のタックデザインがポイントのキレイめVネックブラウスを、アイボリーのコーデュロイパンツでカジュアルダウン。ブラウスの深いVネックと黒×アイボリーの大胆配色で、カジュアル過ぎずシャープな印象に仕上がります。

▼黒Vネックシャツ&カーキニットワンピース

黒Vネックシャツ&カーキニットワンピースのコーデ画像

ハイウエスト位置に裾が来るショート丈のシャツなら、羽織としても使えます。シャツにカラーがない分、カーディガンのように羽織ることができ、バランスも取りやすい。ストンとしたロングニットワンピースに、メリハリが生まれ、腰の位置も高く見えるのでスタイルアップも叶います。

その他

イエローやオレンジなど鮮やかカラーや柄物のノーカラーシャツ(ブラウス)を、コーデに一点投入するだけで、新鮮なスタイルにアップデートします。襟があるシャツより顔周りがあっさりとしているので、比較的トライしやすいのもポイント。ベーシックカラーコーデにマンネリ気味の人は、ぜひチャレンジしてみて。

ノーマル型

▼オレンジノーカラーブラウス&ベージュロングフレアスカート

オレンジノーカラーブラウス&ベージュロングフレアスカートのコーデ画像

ネックラインと袖口にレースが施されたロマンティックなレースブラウス。リーフ柄レースにオレンジカラーのブラウスは、他に見ないデザインで着こなしに差が付きます。ベージュのロングフレアスカートとのワンツーコーデも、雰囲気あるスタイルが完成します。

Vネック型

▼イエローVネックシャツ×ベージュフレアスカート

イエローVネックシャツ×ベージュフレアスカートのコーデ画像

ボタンデザインと鮮やかすぎないイエローカラーで、どこかヴィンテージライクなシャツ。ベージュのフレアスカートで品よくまとめるのが正解。フロントだけインしたニュアンスある着こなしで、今っぽさを演出して。

▼ダークブラウンVネックシャツ×ボルドーサブリナパンツ

ダークブラウンVネックシャツ×ボルドーサブリナパンツのコーデ画像

ハンサムなダークブラウンのVネックシャツに、女っぷりの上がるボルドーのサブリナパンツを合わせたジェンダーミックスなスタイル。シャツ以外をフェミニンアイテムで統一することで、大人のきれいめコーデに仕上がります。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW