スウェットコーデ レディース30選
FASHION

「スウェット」コーデで旬顔に! レディースお手本スタイル【30選】

2019/01/21

トレンドコーデが簡単に楽しめる「スウェット」、上手に使いこなせていますか? 「子供っぽい」とか「カジュアル過ぎる」といった点を気にしてなかなか手を出せない……なんて方も、トレンドだからこそ今年はぜひ挑戦してほしいアイテム。そんな「スウェット」コーデの魅力を、色・ボトムス別にレクチャー。

旬のスウェットコーデの魅力とは?

コーディネートに今どきのカジュアルさをプラスしてくれる「スウェット」は、もはや大人女子のワードローブに欠かせないアイテム。パンツ合わせのハンサムコーデも、スカート合わせのきれいめコーデも、「スウェット」をトップスにすれば力の入り過ぎない今ジャストな気分が楽しめる。どんなボトムスも旬顔に仕上げてくれるので、ぜひTRYしたい! 早速、色別スウェットのお手本コーデを見ていきましょう。

グレーのスウェットコーデ

スウェットの定番カラーであるグレー。ニュートラルカラーなので、合わせる色を選ばず万能に着まわせるのが最大の魅力! 杢グレー(もくグレー)のかすれた色合いもカジュアルな雰囲気をアシストしてくれます。

グレースウェットに『パンツ』を合わせる

▼グレーロゴスウェット×白ワイドパンツ

グレーロゴスウェット×白ワイドパンツのコーデ画像

オーバーサイズのグレースウェット×白ワイドパンツのゆる×ゆるコーデ。白ボトムスを合わせるとクリーンなカジュアルコーデに。目を惹くロゴがコーディネートにメリハリをプラスしてくれるので、ゆる×ゆるコーデが野暮にならずまとまります。小さめファーバッグで季節感を漂わせて。

▼グレースウェット×黒スキニー×ボアブルゾン

グレースウェット×黒スキニー×ボアブルゾンのコーデ画像

グレースウェット×黒でまとめたモノトーンコーデは、カジュアルなアイテムで全体をまとめても、色味が落ち着いているから大人っぽい仕上がりに。レオパード柄巾着と靴下で、さりげなくベージュを取り入れて着こなしを和らげて。

▼グレーロゴスウェット×ベージュチノワイドパンツ

グレーロゴスウェット×ベージュチノワイドパンツのコーデ画像

グレー×ベージュは、失敗がない安定感のある色合わせ。スウェット×チノワイドパンツでこなれ感漂うハンサムスタイルに。定番カラー&ワンツーコーデのミニマルスタイルだからこそ、足袋ブーツで個性を光らせて。

グレースウェットに『スカート』を合わせる

▼グレーロゴスウェット×白プリーツスカート

グレーロゴスウェット×白プリーツスカートのコーデ画像

紫のロゴが大人なアクセントになったグレースウェットに、可憐なシフォンのプリーツスカートを合わせたカジュアル×きれいめのMIXコーデ。異なるテイストのアイテムを組み合わせることでコーデの深みが増します。ロングスカートのときは、短丈スウェットがバランス◎。

▼グレースウェットパーカー×ラベンダータイトスカート

グレースウェットパーカー×ラベンダータイトスカートのコーデ画像

オーバーサイズのスウェットは、タイトスカートと合わせるとスタイルアップが簡単。グレーのスウェットパーカーにラベンダーのスカートを合わせて甘辛MIXに。華奢アクセやきれいめチェーンバッグで大人っぽく飾ってクラスアップ!

▼グレースウェット×黒タイトスカート×黄色スニーカー

グレースウェット×黒タイトスカート×黄色スニーカーのコーデ画像

グレースウェット×黒タイトスカートのシンプルコーデに、黄色スニーカーを差し色にして遊び心をON。カジュアルコーデに、意表をつく大人バッグをプラスしてスマートな装いに。定番グレースウェットコーデは、小物使いでおしゃれに差がつきます。

白・ベージュのスウェットコーデ

クリーンな白・優しげなベージュは、どちらもカジュアルなスウェット素材を少しキレイめにシフトしてくれるカラー。普段スウェットを着慣れていない初心者さんでも取り入れやすい! 明るい色合いで軽快なコーデが叶います。

白・ベージュスウェットに『パンツ』を合わせる

▼白ロゴスウェット×黒パンツ

白ロゴスウェット×黒パンツのコーデ画像

シンプルロゴの白スウェットを黒のストレートパンツとコーデ。モノトーンの落ち着き配色で大人カジュアルに。スニーカーとバッグでベージュをプラスして優しげに。白のヌケ感でオーバーサイズスウェットも軽く着こなせる。

▼白オフショルスウェット×白パンツ

白オフショルスウェット×白パンツのコーデ画像

白スウェット×白パンツのワントーンコーデは、クリーンで洗練感たっぷり。オフショルの素肌見せで女っぽさをプラスすると、スウェットがきれいめコーデになじむ。ニットとは一味違うこなれ感を演出できます。

▼白スウェット×ブラウンニットパンツ

白スウェット×ブラウンニットパンツのコーデ画像

スウェットとニットパンツのリラックスコーデは、白×ブラウンでトレンドのナチュラルスタイルに仕上げるとおしゃれ。小物もブラウンのグラデーションで揃えて統一感を。白のフレッシュさがニュアンスカラーをまとめてくれます。

白・ベージュスウェットに『スカート』を合わせる

▼白スウェット×レオパード柄スカート×Gジャン

白スウェット×レオパード柄スカート×Gジャンのコーデ画像

ココア色のGジャン×レオパード柄スカートのコーデに、白スウェットをインナーとして活用。フラットな質感のスウェットは、インナー使いの脇役としても大活躍。主役級アイテムを引き立てつつ、カジュアルで親しみやすい雰囲気をプラスしてくれます。

▼ベージュスウェット×小花柄スカート

ベージュスウェット×小花柄スカートのコーデ画像

レディな小花柄スカートに明るいベージュスウェットを合わせた春待ちコーデ。スウェット合わせなら、フェミニンな花柄も気負いせず着こなせます。白やベージュのスウェットは、冬アイテムとはもちろん、これから登場する春アイテムともなじみやすいので1枚あるととっても便利!

黒のスウェットコーデ

黒のスウェットは、シックな雰囲気とカジュアルさのバランスが秀逸! どんなスタイリングも、カジュアルになり過ぎずちょうど良い大人感を演出できます。黒の引き締め効果で、オーバーサイズでも着膨れしずらいのも嬉しいポイント。

黒スウェットに『パンツ』合わせる

▼黒スウェット×ベージュワイドパンツ

黒スウェット×ベージュワイドパンツのコーデ画像

スウェット×ワイドパンツの今どきなゆるっとしたスタイリングは、黒を使えば程よく引き締まりスタイリッシュな印象に。裾を前だけラフにインして、丈感を微調整すると脚長効果◎。

▼黒スウェット×グレンチェックテーパードパンツ

黒スウェット×グレンチェックテーパードパンツのコーデ画像

きれいめアイテム代表格のグレンチェック柄テーパードパンツに、黒スウェットを合わせてリッチにカジュアルダウンしたコーデ。裾リブが締まり過ぎないAラインなら、きれいめボトムスともなじみが良好。紫のファーバッグ&パンプスでリュクスに仕上げて。

▼黒スウェット×黒リブニットパンツ

黒スウェット×黒リブニットパンツのコーデ画像

黒スウェット×黒リブニットパンツのオールブラックコーデ。インナーのカットソーやスニーカーのソールで白を少量散りばめることで単調なブラックコーデに奥行きをプラス。さりげなく添えたレオパードポーチがアクセントに。

黒スウェットに『スカート』を合わせる

▼黒スウェット×レオパード柄スカート

黒スウェット×レオパード柄スカートのコーデ画像

スウェット×レオパード柄スカートのトレンドスタイリング。黒スウェットをセレクトすれば、流行アイテムが大人っぽく着こなせます。ベレー帽やウエストポーチなど、幼い印象になりがちな小物も、黒合わせなら難なくクリア!

▼黒スウェット×チェック柄タイトスカート

黒スウェット×チェック柄タイトスカートのコーデ画像

ナチュラルな雰囲気でほっこりしがちなベージュ系のチェック柄スカートですが、黒スウェットを合わせたらモードに昇華。バッグ、スニーカーも黒で統一して大人っぽくブラッシュアップ! スウェットのルーズさとタイトスカートのコントラストでスタイルアップも叶う。

カーキのスウェットコーデ

大人の余裕を醸し出すカーキスウェットは、カジュアルコーデを大人顔にアップデートしてくれる! どこかにきれいめなエッセンスを取り入れたり、ヌケ感を意識するとよりおしゃれ見えが叶います。

カーキスウェットに『パンツ』を合わせる

▼カーキスウェット×デニムワイドパンツ

カーキスウェット×デニムワイドパンツのコーデ画像

たっぷりボリューミーな袖が特徴のカーキスウェットにデニムワイドパンツを合わせたコーデ。中途半端なサイズ感よりも、オーバーに振り切ることで女っぽい華奢さが際立ちます。カーキ×ダークネイビーの色合わせに、白のキャンバストートでヌケ感を。

▼カーキスウェット×グレーパンツ

カーキスウェット×グレーパンツのコーデ画像

クリーミーな色合いのカーキスウェットなら、カジュアルさが控えめでコーデに取り入れやすい。きれいめ素材のグレーパンツでスウェットコーデをクラスアップ! 白Tを忍ばせてチラ見せさせてよりこなれた印象を作ってみて。

カーキスウェットに『スカート』を合わせる

▼カーキスウェット×アイボリーリネンスカート

カーキスウェット×アイボリーリネンスカートのコーデ画像

カーキスウェットにリネンスカートを合わせたリラックスカジュアル。ベージュレギンスでナチュラルさをプラスして今どきに。レース素材のフラットシューズでレディな要素をMIXすると、コーデに深みが増して上級者っぽい着こなしが完成!

▼カーキスウェット×デニムタイトスカート

カーキスウェット×デニムタイトスカートのコーデ画像

カーキ×デニムのカジュアルな組み合わせも、タイトスカートならどこか女っぽい装いに。ライトな色合いで春を感じるコーディネート。足元は黒ローファーでピリッと引き締めて大人っぽさをアピールして。

ネイビーのスウェットコーデ

ダークカラーだけど、爽やかに着こなせるネイビーのスウェット。ラフになり過ぎず、ちょうど良いカジュアルさで好感度もアップ! 白やベージュなど、明るい色を上手に組み合わせて、清潔感のある着こなしを目標にしてみて。

ネイビースウェットに『パンツ』を合わせる

▼ネイビースウェット×カーキキルティングコート×レギンス

ネイビースウェット×カーキキルティングコート×レギンスのコーデ画像

ネイビーとカーキは、隣り合った色相でとってもなじみの良い組み合わせ。色差があるように見えますが、着てみると自然な印象。オーバーサイズの上半身×タイトなレギンスでバランスアップ。白インナーを覗かせてヌケ感を意識して。

▼ネイビースウェット×スキニーデニム×カラースニーカー

ネイビースウェット×スキニーデニム×カラースニーカーのコーデ画像

ネイビースウェット×スキニーデニムのミニマルなワントーンコーデには、カラースニーカーで差し色をON。ラフに袖をまくってこなれ感を演出して。真っ白なバッグで着こなしを明るくブラッシュアップ!

ネイビースウェットに『スカート』を合わせる

▼ネイビーロゴスウェット×ストライプスカート

ネイビーロゴスウェット×ストライプスカートのコーデ画像

ネイビースウェットにストライプスカートを合わせて爽やかさを存分に楽しむマリンスタイルに。白のロゴも、着こなしに軽さをプラスするアクセント。グレーのヘアターバンで目線をアップしてスタイルアップ&定番シルエットを新鮮に仕上げて。

▼ネイビースウェット×ベージュチノスカート

ネイビースウェット×ベージュチノスカートのコーデ画像

ルーズなサイズ感のスウェットとマキシ丈のチノスカートコーデも、ネイビー×ベージュなら重くならず好バランス。ネイビーの爽やかさがカジュアルコーデに清潔感を漂わせてくれます。

その他の色のスウェットコーデ

スウェットがトレンドにフューチャーされている今だからこそ、定番カラー以外にもおしゃれな色合いがたくさん登場しています。まわりと差のつくカラースウェットをワードローブに取り入れれば何倍もファッションを楽しめるはず!

パンツ合わせ

▼ブラウンスウェット×ベージュボアブルゾン×スキニー

ブラウンスウェット×ベージュボアブルゾン×スキニーのコーデ画像

ブラウンスウェットとベージュボアブルゾンのなじみカラーコーデを、黒スキニー&バッグで引き締め。スウェットのフラットな生地が、ボアのもこもこ感をより引き立ててくれます。トレンドカラーと流行アイテムを組み合わせた最旬スタイリングに。

▼パープルスウェット×黒スキニー

パープルスウェット×黒スキニーのコーデ画像

珍しいパープルスウェットにロンTを重ねた技ありレイヤードは、黒スキニーでシンプルにまとめるのが正解。コットンのナチュラルな素材感が色合いを落ち着かせてくれるので、カラースウェットは意外と使いやすい! 裾と袖のフレアシルエットもまわりと差のつくポイント。

▼キャメルスウェット×黒ニットパンツ

キャメルスウェット×黒ニットパンツのコーデ画像

スウェット×ニットパンツのリラックスコーデも、鮮やかなカラーを取り入れれば格段に鮮度アップ! シンプルに着こなしても地味見えせず、おしゃれな雰囲気に。目を惹くカラースウェットを投入したら、他のアイテムは色味を抑えるとコーデも簡単。

スカート合わせ

▼ピンクスウェット×ドット柄フレアスカート

ピンクスウェット×ドット柄フレアスカートのコーデ画像

淡いピンク×ドット柄フレアスカートの甘い組み合わせは、スウェットを使うとほんのりカジュアルさが漂って今どきに。足元のスニーカーでさらにカジュアルダウンして親近感を上げてみて。スウェットだからこそ、甘い色合いを大人っぽく取り入れられます。

▼レッドスウェット×黒スカート

レッドスウェット×黒スカートのコーデ画像

こくのある赤がおしゃれなスウェットは主役級の可愛さ! 他のアイテムの色味をおさえてスウェットの色合いを引き立てて。きれいめなヒールパンプスを合わせて足元をレディにまとめるとぐっと大人な雰囲気に。

▼グリーンスウェット×切替デザインスカート

グリーンスウェット×切替デザインスカートのコーデ画像

カレッジロゴがカジュアルな深みグリーンのスウェットに切替デザインのスカートを合わせたコーデ。カジュアルなスウェットなら、デザインボトムスを合わせてもトゥマッチにならずこなれ感を演出可能! 白スニーカーで足元を軽く仕上げてヌケ感を。

他の「スウェット」関連記事もCheck!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW