HOROSCOPE

1月21日から2月4日のいて座の満月占い

2019/01/21

ヴィーナスマイの新月・満月占い。月に2回、新月、満月に寄せて女神のメッセージをお届けします。1月21日に迎える満月、その時期のいて座の運勢はどうなる?

しし座のパワーが起こすビッグバン

成功への階段を上る覚悟を決めた前回のやぎ座の新月。それから巡ってきた次の満月は、さらにその流れを後押しするような、とてもエナジェティックな満月よ。
しし座の満月。それは、輝くスターの満月。動物界の王者として君臨するライオンの名前にふさわしく、12星座の中でも最も派手で華やかでアーティスティック。そして、わがままが許される星座よ。

1月21日に起きる今回の満月は、ホロスコープ上でも面白い形。月以外の惑星がすべて反対側に集まっていて、まるでバケツの取手のような位置に月が存在しているの。この「バケツ型」と呼ばれる一極集中型の配置は、その集中する星に爆発的なパワーが宿るとき。社会的に大きな出来事も起きやすいわ。しかも、今回惑星の全パワーが注がれるのは、ただでさえ月のパワーが満ちている満月。「しし座」らしさが、強烈に放たれるはずね。

毎日をスターな気分で生きていく

舞台の中央でスポットライトを浴びる女優のように。
レッドカーペットの真ん中を闊歩するスターのように。

あなたの一挙手一投足に大きな注目が集まるわ。今までよりも自分の発言や行動の影響力がぐんと大きくなるサイクル。だからこそ堂々と、思うことややりたいことを表現していきましょう。あなたがあなたを表現すればするほど、人はあなたに注目し、憧れの眼差しを向けるの。しし座の影響はすべての人に起こるもの。あなただけではなく誰しもが輝きを増し、お互いの存在を認め合う時間よ。ぼけっと遠慮していたらその流れから置いてけぼりにされて、周囲から見えない人になってしまうわ。「遠慮、無難、空気を読む」。この3つは今サイクルのNGワードね。

あなたの姿、仕草、話すこと…何もかもが見られている。もし恋の出会いを探している人は、ただ街を歩く姿ですら見られていると思っておいて。信号待ちの姿、電車の中の横顔…すべて見られているの。そしてそこからチャンスがやってくる。毎日毎秒を女優のような気分で、過ごすことをお勧めするわ。あなたの姿を見て、誰かがインスピレーションを受け取ったり癒されたりする。スターってそういうものでしょう?

表現することを恐れないで

日本ではほぼ見えないけれど月食も起こるタイミングの満月。光が食われる「食」のときは、心の深い部分の影も出てきやすいもの。あなたの中で「輝くのが怖い!」「スターになんかなりたくない!」という思いが噴出して、何かの破壊が起きるかもしれない。でもそれも、膿み出しのいいチャンスよ。怖いという思いに蓋をしたまま、先に進むことは難しいのだから。恐れているものは何かしら。人からの評価? 自信のなさ? 表現をためらう理由を探し出して、それを叩き潰してしまいましょう。百獣の王・ライオンの強さが、あなたをさらに強くしてくれるはずよ。


堂々と、誇り高く。シンプルに言えば、ただそれだけが求められる時期。迷うことも恐れることも何もないわ。胸を張って、背筋を伸ばして、街を闊歩する。そして幸運が、舞い込むわ。

【官能ムーンアクション】

スポットライトを浴びるスターの人生。もちろんそこには、ふさわしいドレスとヘアメークが必要よね。だから、このサイクルでよく考えていただきたいの。あなたのワードローブ、主役?脇役?どちらになっているかしら。もちろんそれぞれのキャラクターの違いがあるでしょうから、派手で華やかであればいいというわけでもないわ。でもポイントは、主役の装いは細部にまで必ずこだわりがあるかということ。ちらりとしか出てこない脇役のスタイルに、時間やお金をかける人は少ないでしょう。どうかしら。あなたのワードローブは、ヘアメークは、その他大勢にまとめられるようなものになっていないかしら。自分の魅力を発揮する、その特徴とこだわりに満ちているかしら。理想を言えば、持ち物一つを見るだけでも「あなたらしいね」と言われることね。というわけで、このサイクルの間に、脇役みたいな持ち物はすべて捨ててしまいなさい。

たとえばヘアスタイルも無難にまとまっているなら、思いきって切るなり色を変えるなりしてしまいましょう。2019年は始まったばかりだけれど、1年はたった12ヶ月しかないわ。脇役として生きることに時間を割いている暇なんてない。あなたの輝きを早く発揮して、主役の人生を謳歌してね。

【しし座の満月のオススメ官能ドラマ】 『マーベラス・ミセス・メイゼル』 2017年〜 シーズン1〜2

スポットライトとともに自分の言いたいことを表現して、本当の魅力を発揮していく…。まさにしし座の満月にぴったりなテーマのコメディが、今回のおすすめよ。内容もキャラクターもファッションもすべてがとびっきりファッショナブル。今、最もおしゃれなドラマといってもいいんじゃないかしら。舞台は50年代後半のニューヨーク。アッパーウエストサイドに住む裕福な専業主婦が、夫の浮気をきっかけにスタンダップコメディアンとして成功の階段を上っていく、というお話。酔っ払って浮気の愚痴をステージで言いたい放題話したら大受け、それからコメディエンヌの才能をどんどん発揮する主人公のミッジのキャラクターは、最高にパワフル。今の時代情勢らしい、女性の自立や夫婦のバランス、女性の社会的な地位なんてお話を盛り込みながらも、説教臭さは一切なし。テンポよくキレッキレの台詞、見ているだけでウキウキするレトロキュートなファッションとヘアメーク、カラフルなインテリア、洗練されたジャズミュージックなど、どこをみてもセンスの塊よ! 官能という意味でも、ナイトウェアや下着がとっても素敵なの。ベビードールを着て寝たくなること、間違いなしね。

かのケイト・スペードの姪にあたる主演のレイチェル・ブロズナハンの、陶器のように透き通る美しい白肌にもうっとりしてしまう。先日のゴールデングローブ賞でも2年連続の受賞。エミー賞も独占状態と、評判と勢いが止まらない! 是非是非チェックしてみてちょうだい。

1月21日〜2月4日のいて座の運勢

2019年の幸運期を象徴するかのような、ラッキーサイクルがやってきているわ。しし座の満月だけじゃなく、愛の星・金星からもサポートを得られている今。のびのびとあなたらしく人生を謳歌するときよ。それはつまり、行動範囲を広げてスケール大きな人生を送るということ。恋においても海外の方とのご縁や、憧れの人との出逢いのチャンスがあるわ。結婚生活で想定しているスケールも、スターなあなたらしくとびきり大きく望みましょう。夢を見ることは恥ずかしいことでもなんでもない。むしろいて座さんにとって、リアリストになることはパワーを落としてしまうことだと覚えておいて。チャンスを掴むにはカラーパンプスがラッキーアイテム。好きな時にすぐに出かけられるようにね。 水星がみずがめ座入りする24日以降は、SNSの発信力が高まりそう。30・31日が吉日に。

PROFILE: Venus Mai

魔女ユニットmailoveとしても活動する、ヒーラー&ビューティスピリチュアリスト。元ファッションエディター。数千年以上続く魔法学校モダンミステリースクールで学んだ、ヒーリングやホロスコープ、タロット、形而上学などを駆使してクライアントの女性性を開かせ、その人が本来生まれ持った魅力や才能を輝かせることを中心としたセッションは、業界内でも「怖いくらいに当たる」、「人生が変わった」と口コミで話題。モットーは「愛と美と官能の人生」。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW