shutterstock.com
LIFE STYLE

仕事が100倍早くなる!ショートカットキー10選

2019/02/25

いつも仕事が終わらなくて残業ばかりのあなた!もしかしたら普段のパソコン操作を見直すだけで、時短になるかもしれませんよ。そこで、いますぐ覚えたいショートカットキーを10個ご紹介します。

(1)Ctl+A(すべて選択)

データをすべて選択したいときに、マウスで選択していませんか? データ量が多いと選択するだけで時間のロスに。このショートカットキーを知っていれば、1秒で終わります。Aは「All(すべて)」で覚えましょう。

(2)Ctl+N(新しいファイルを開く)

新しいファイルを開くときは、わざわざ「ファイル」タブから「新規作成」を選択しなくてもこれだけでOKです。Outlookを使用している場合は、新しいメールの作成もこのショートカットキーで対応できます。Nは「New(新しい)」で覚えてください。

(3)Ctl+P(プレビューの確認と印刷)

印刷画面を確認したいときに便利なプレビュー画面、Ctl+Pで簡単に呼び出すことができます。Pは「Print(印刷)」で覚えましょう。

(4)Ctl+S(ファイルを上書き保存)

本来ならファイルはこまめに保存したいですが、なかなかできていないことも多いですよね。ショートカットを覚えておけば、時短になる上にこまめに保存ができるので、データのうっかり削除も防止できて一石二鳥です。Sは「Save(保存)」です。

(5)Ctl+W(ページを閉じる)

今作業しているページを閉じる時に使用するショートカットです。ページを閉じる前には「Ctl+S」でデータの上書き保存を忘れずに。少し覚えづらいですが「Window(窓)」のWです。

(6)Ctl+X(データの切り取り)

データのコピーは「Ctl+C」、貼り付けは「Ctl+V」というのは多くの方が知っていますが、意外と活用されていないのが切り取りのショートカットです。かなり便利ですので必ず覚えましょう。Xに意味はないようですので、ハサミのような形でイメージすると覚えられそうです。

(7)Ctl+Z(元に戻す)

データを誤って削除してしまった時などに大変役に立つショートカットです。ブラウザの戻るボタンでも元に戻すことはできますが、マウスで操作するよりショートカットキーの方が早く対応できますよ。Zに意味はありませんが、アルファベットの最後なので、Aに戻るというイメージで覚えてください。

(8)Ctl+Shift+1(数値にカンマをつける)

主にExcelで大変役に立つショートカットです。数値に桁区切りのカンマをつけたい時、表示形式から設定しなくても、ショートカットで対応できます。

(9)F7キー(入力文字をカタカナに変換)

カタカナに変換したいのに、なかなか変換候補に出てこない時ってイライラしますよね。F7キーを覚えておけば一発変換されるので、時間短縮できてストレスもありません。

(10)F10キー(入力文字を半角英数字に変換)

半角数字を入力したい時は、わざわざ英数に切り替えたり、変換して半角を選択したりしなくてもショートカットキーで対応できます。数字を打つ機会が多い方は、これでかなりの時短になりますよ。

仕事に役立つ基本的なショートカットキー10選をご紹介しました。覚えれば仕事の時短に繋がること間違いなし! 明日から早速使ってみてくださいね。

Editor:Megumi Fukuchi

他の記事もCheck!

▼褒められる「手土産」の選び方は?

▼スマホの文字入力が速くなる裏ワザは?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW