茶色シャツコーデレディースコーデ16選
FASHION

「茶色シャツ」コーデは何を合わせるのが正解?レディースコーデ16選

2019/10/08

新鮮でトレンド感ある着こなしにしてくれる「茶色シャツ」。合わせるボトムス次第で、カジュアルにも大人っぽくも印象を自在に変えることができます。
茶色シャツがよりおしゃれに見える着こなしを、ボトムス別にご紹介します。

茶色シャツ×パンツコーデ

茶色は、大人っぽく成熟した印象を与えるカラー。デニムに合わせても、どこか大人っぽいカジュアルスタイルになります。クールな黒パンツと合わせると、大人っぽさ+リッチ感漂うスタイルに。
いつものパンツスタイルを大人な着こなしに見せたい時に、「茶色シャツ」は効果を発揮します。

デニムと合わせてカジュアルに

▼茶色ストライプシャツ×カットオフデニム

茶色ストライプシャツ×カットオフデニムのコーデ画像

茶色のストライプシャツとカットオフデニムのこなれ感あるデニムスタイル。脚長に見える緩やかなフレアシルエットのデニムをチョイスすることで、野暮見えを回避して。

▼茶色コーデュロイシャツ×ストレートデニム

茶色コーデュロイシャツ×ストレートデニムのコーデ画像

茶色コーデュロイシャツは、ニュアンスあるコーデにしたい時に活躍。淡いブルーデニムを合わせて、旬なペールトーンコーデを楽しんで。引き締めアクセントで、黒のワークキャップをプラス!

▼茶色チェックシャツ×濃紺デニム

茶色チェックシャツ×濃紺デニムのコーデ画像

茶色のシャツ&Tシャツのこっくりとした配色レイヤード。襟を抜いてゆるっと羽織るのが今っぽいスタイリングになるコツ。ボトムスは濃紺のワンウォッシュデニムで、大人っぽく仕上げたい。

黒と合わせる

▼茶色リネンシャツ×黒ワイドパンツ

茶色リネンシャツ×黒ワイドパンツのコーデ画像

くたっとした風合いが魅力の茶色のリネンシャツ。黒のワイドパンツにフロントだけインして、シャツのシワ感や動きを楽しみたい。ベージュ系のインナー・小物で抜け感を作ってこなれたシャツスタイルに。

▼茶色シャツ×黒ニットパンツ

茶色シャツ×黒ニットパンツのコーデ画像

シアー感ある茶色シャツ×リブニットパンツの、リッチ感漂う配色コーデ。異素材同士だからこそ、シンプルコーデでも気映えが叶う。大ぶりのフリンジピアスで、モードなアクセントをプラスして。

茶色のワントーンコーデ

▼茶色シャツ×茶色コーデュロイパンツ

茶色シャツ×茶色コーデュロイパンツのコーデ画像

意外とカラーのふれ幅が広い茶色。明るいキャメル系カラーのシャツとチョコブラウンのコーデュロイパンツなら、ワントーンコーデでもメリハリ感が出ます。インナーとパンプスで白を効かせているのが、垢抜けて見えるポイント。

▼茶色シャツ×茶色チェック柄パンツ

茶色シャツ×茶色チェック柄パンツのコーデ画像

ワントーンコーデ初心者さんでもトライしやすい、茶色シャツ×茶色チェック柄パンツの組み合わせ。
ビッグシャツをタックアウトでゆるっと着るなら、アップヘア&ビッグフープピアスで顔周りにポイントを持ってくると、こなれたスタイルに仕上がります。

▼茶色プルオーバーシャツ×茶色ワイドパンツ

茶色プルオーバーシャツ×茶色ワイドパンツのコーデ画像

裾がギュッと絞れる、スポーティーな茶色のプルオーバーシャツ。
シャツより少し濃い茶色のワイドパンツを合わせて、ニュアンス感たっぷりのワントーンコーデに。白のベレー帽・インナー・スニーカーが、クールなアクセントになっています。

オーバーシャツをベルトで引き締め

▼モカブラウンシャツ×黒の細ベルト

モカブラウンシャツ×黒の細ベルトのコーデ画像

オーバーシャツを着るなら、トレンドのベルト使いにもトライしたい。
モカブラウンのシャツに黒の細ベルトを巻くと、フェミニンなシルエットのパンツスタイルに。ベルトの端は、一旦内側に折り込み真っすぐ下に垂らす、このひと手間がこなれ感を演出します。

▼茶色チェックシャツ×ゴールド華奢ベルト

茶色チェックシャツ×ゴールド華奢ベルトのコーデ画像

カジュアルムード漂うオーバーチェック柄のビッグシャツを、ゴールドの華奢ベルト&白ワイドパンツできれいめに着こなして。足元は、ベルトと合わせたゴールドのメタリックパンプスにすると、コーデに統一感が生まれます。

茶色シャツ×スカートコーデ

パンツコーデよりも、広がって見えやすいシャツ×スカートの着こなし。スカートコーデでは、シャツの裾をどのように扱うかが大きなポイントとなります。
きちんと感を出したい時は、裾をすべてタックイン。カジュアルコーデにしたい時は、前だけタックインしてルーズなシルエットを楽しみたい。

タイトスカートで大人なコーデ

▼ショート丈茶色シャツ×タイトチェックスカート

ショート丈茶色シャツ×タイトチェックスカートのコーデ画像

ジャケット感覚で羽織れるショート丈のコーデュロイシャツ。シャツの裾がちょうどウエスト位置なので、タイトスカートと合わせてもすっきりとしたIラインシルエットをキープ。まじめなグレンチェックのタイトスカートを、大人カジュアルに着こなして。

▼茶色チェックシャツ×黒タイトスカート

茶色チェックシャツ×黒タイトスカートのコーデ画像

レトロなガンクラブチェックシャツを、黒のミモレ丈タイトスカートでモードなコーデに。
シャツの裾はハイウエストできっちりINすることで、スタイルアップをはかって。反対に、袖はロールアップすると、こなれたシャツの着こなしになります。

▼茶色シャツ×ミニデニムスカート

茶色シャツ×ミニデニムスカートのコーデ画像

タイツでしっかり脚線がカバーできる秋冬は、大人のミニスカートコーデも楽しみたい。
黒タートル×茶色シャツのレイヤードで首回りをしっかり詰めると、ミニデニムスカートを合わせても、子供っぽく見えず落ち着いた着こなしになります。

フレアスカートでかわいく

▼茶色チェックブラウス×キャメルフレアスカート

茶色チェックブラウス×キャメルフレアスカートのコーデ画像

きちんと感あるグレンチェックのブラウス。キャメルのロングフレアスカートと合わせて、秋冬らしいこっくりとしたブラウントーンコーデに。
ブラウスの前だけINして、足元はコンバースにすると、程よく力の抜けたカジュアルコーデの完成!

▼茶色シャツ×ギンガムチェックフレアスカート

茶色シャツ×ギンガムチェックフレアスカートのコーデ画像

夏の終わりにおすすめな、茶色シャツを使った爽やかカジュアルコーデ。
茶色シャツ&ファーカゴバッグで秋の訪れを予感させつつ、ボトムスはギンガムチェックのフレアスカートで爽やかに仕上げて。

▼ウィンドブレーカー風茶色シャツ×レトロ柄ロングスカート

ウィンドブレーカー風茶色シャツ×レトロ柄ロングスカートのコーデ画像

ウィンドブレーカー感覚で着れる、フード付きコーデュロイシャツ。レトロなロングスカートと合わせて、あえてゆるい着こなしを楽しみたい。
ルーズシルエットは、アップヘアや顔周りのアクセサリー使いで目線を上げると、縦ラインが強調され、すっきりコーデに見えます。

他の「シャツ」関連記事もCheck!

▼黒シャツコーデ18選

▼カーキシャツコーデ26選

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW