「ベージュニット」コーデ32選!着回し力抜群の定番カラー
FASHION

「ベージュニット」コーデ32選!着回し力抜群の定番カラー

2020/01/31

上品さとナチュラルさをあわせもつ「ベージュニット」。ベーシックカラーだからこそ、その着回し力は抜群。首元のデザインやシルエットにこだわることで、より大人コーデをアシストしてくれます。
おしゃれさんの「ベージュニット」コーデを参考に、その使い方をマスターしてみましょう。

【アイテム別】のお手本スタイル

ベージュニットの魅力はプルオーバーだけに限りません。ベージュの優しい雰囲気を存分に楽しめるアイテムが盛りだくさん。それぞれのよさを活かして大人コーデを完成させましょう♪

ニットワンピース

▼リブ編み×プリーツスカートで縦ラインを意識

リブニットワンピース×プリーツスカートで縦ラインを意識したコーデ画像

シンプルなオフタートルネックのニットワンピースに、プリーツスカートをレイヤード。ワンピースの縦リブ編みと繊細なプリーツがコーデに統一感を生み出すと同時に、美シルエットを作り上げています。仕上げにレザーベルトでウエストを絞ってメリハリをつければ、ミニマムで華やかな装いが完成。

▼カシュクールワンピースなら一枚で主役級に

カシュクールワンピースなら一枚でロマンティックにしたコーデ画像

昨年からトレンドのカシュクールワンピースは、さまざまな着方やアレンジを楽しむことができる魅力たっぷりのアイテム。首元が大きく開いた襟元で色気を漂わせつつ、ニットの紐をゆるりと巻いてウエストマーク。こげ茶色のブーツとハンドバッグを添えて、温もりを感じさせるロマンティックな装いに。

▼白シャツとレイヤードさせてマニッシュに

白シャツとレイヤードさせてマニッシュにしたコーデ画像

左右でリブ編みとケーブル編みに分かれたアシンメトリーデザインが個性的な、ベストタイプのニットワンピース。オーバーサイズの白シャツを合わせて、女性らしさもありつつ、どこかマスキュリンな雰囲気をまとった正統派スタイルに。

ニットカーディガン

▼ニットカーディガン×フレアスカートで愛されルック

コンパクトなニットカーディガン×フレアスカートで愛されルックのコーデ画像

ベーシックなニットカーディガンのコンパクトさを活かして、ボトムスにはふわりと広がるコットン素材のロングスカートを採用し、バランスの取れたグラデーションコーデに。白の小ぶりのショルダーバッグとゴールドのピアスを耳元に飾れば、ベーシックなアイテム合わせでも凛とした大人の装いが叶います。

▼オールホワイトコーデにさらりとまとう

オールホワイトコーデにさらっと羽織ったコーデ画像

シンプルなオールホワイトコーデに、肩を落として羽織ったニットカーディガン。ブラウジングさせてあげることで、親しみやすくヘルシーな雰囲気に仕上がります。シルバーのアクセサリーを添えて、洋服の表情を引き立てて。

ベスト

▼ざっくりニットベストで存在感を出して

ざっくりニットベストで存在感を出したコーデ画像

ケーブル編みとかのこ編みでデザインされた、個性あふれるざっくりニットベスト。ベストの下には、同トーンのスリムなタートルネックセーターをON。ボトムスにはオフホワイトのデニムワイドパンツを合わせて、全体を洗練された印象へとシフト。ニットベストやトップスの袖に施されたスリットで、抜かりなくこだわりを見せてみて。

▼ティアードワンピースをより印象的に

ティアードワンピースをより印象的にの画像

リゾートらしいアイテムが注目され、特におしゃれさんの間で話題となっているティアードワンピース。こちらは前出のニットベストをワンピースに重ね着したナチュラルスタイル。ティアードワンピースの裾のふんわり感とニットのケーブル編みを活かして、リズミカルなシルエットを叶えて。全体を引き締めるために、小物には黒をチョイス。

▼白シャツ×ニットベストでマニッシュに

白シャツ×ニットベストでマニッシュにしたコーデ画像

ショート丈のニットベストとロング丈の白シャツを重ね着したスタイル。クルーネックからのぞく角襟とラウンドヘムのコントラストが、女性らしさも忘れないマニッシュな装いを叶えてくれます。足元には、こっくり秋色のストレートパンツとレオパード柄のパンプスをチョイス。ダークカラーの組み合わせなので、ほどよく個性的にスパイスが効いています。

スカート

▼デザイン性のあるニットスカートで差をつける

デザイン性のあるニットスカートで差をつけたコーデ画像

こちらはスカートとパンツがドッキングされた、めずらしいデザインのニットスカート。トップスには立体的に編まれたケーブルニットを合わせると、コンフォートな雰囲気漂う美しいグラデーションコーデが完成。仕上げに大ぶりピアスと存在感のあるシルバーリングを添えて、ペールトーンコーデをグッと印象づけて。

▼乙女心をくすぐるニットスカート

乙女心をくすぐるニットスカートのコーデ画像

かのこ編みとダイヤ柄がロマンティックなニットスカート。ドレッシーなデザインを活かすには、他アイテムはシンプルなものを選んであげるのが正解。首元が広く開いたラウンドネックのカットソーに合わせたバンダナと、バケツ型のかごバッグが春らしさをプラス。

▼スウェット合わせでレディ度をアップ

スウェット合わせでレディ度をアップしたコーデ画像

カジュアルなスウェットトップスも、ベージュニットスカートを合わせればどこか女っぽさが香る装いに。リブ素材のタイトスカートならミニマルコーデに奥行きもプラスしてくれます。トップスはボリューミーに、スカートはスリムに。このシルエットなら絶妙なバランスの大人カジュアルな装いが完成します。

パンツ

▼初心者さんにはリブニットパンツがおすすめ

初心者さんにはリブニットパンツがおすすめの画像

メリハリのある縦ラインを作ってくれるリブパンツは、自然とスタイルアップ効果を発揮してくれる優秀アイテム。オーバーサイズのケーブルニットと合わせれば、王道ながら誰からも愛されるルックに。ざっくりと結ったお団子ヘアで、うなじを美しく魅せて。

▼ワントーンでまとめてどこか儚い雰囲気に

ワントーンでまとめてどこか儚い雰囲気にしたコーデ画像

ベージュとアイボリーでまとめた甘やかなムード漂うスタイル。裾が長めのリブニットパンツの足元は、パンプス×白靴下で可憐な印象に。パンツと同トーンのざっくりニットを合わせて統一感を演出すれば、儚さとコンフォートな雰囲気を叶えた装いが完成。

【首元別】のお手本スタイル

首元のデザインで大きく印象が変わるベージュのニット。イメージに合わせてうまくセレクトすることで、よりおしゃれ見えが叶います。

Vネック

▼大ぶりピアス合わせで首元を魅力的に

大ぶりピアス合わせで首元を魅力的にしたコーデ画像

首元の開きが深めなVネックニットは、デコルテの素肌見せが女っぽい印象。ベージュニットにピュアホワイトのワイドパンツを合わせて、抜け感たっぷりのクラシカルな着こなしに。袖をルーズにまくって、こなれ感も意識してみて。

▼プリーツスカートに前だけイン

プリーツスカートに前だけインしたコーデ画像

Vネックニットは、シャープな襟ラインが顔まわりをスッキリ見せてくれます。ほっこり感のあるケーブルニットも、Vネックなら洗練された印象に。パープルのマキシ丈プリーツスカートで、ベージュのナチュラルさにスパイシーなパンチをきかせて。

▼ハイネックインナーを重ね着して温もりを

ハイネックインナーを重ね着して温もりを出したコーデ画像

ざっくりと編まれたあぜ編みのベージュニットに、スムースな茶色のタートルをインナーとして合わせた技ありレイヤードでモードな印象に。Vネックだからこそ引き立つ重ね着が素敵。デニムワイドパンツを合わせてカジュアルダウンすることで、親しみやすい仕上がりに。

タートルネック/ハイネック

▼サテン生地のパンツ合わせでゴージャスに

サテン生地のパンツ合わせでゴージャスにしたコーデ画像

冬の装いは、どうしてもダークカラーでまとめた地味コーデになりがち。冬だからこそ、明るい色合いやインパクトのあるアイテムを合わせてみてはいかがでしょうか? こちらはベージュのハイネックニットにピンクベージュのサテン生地パンツを合わせて、凛々しくリッチに仕上げています。白の小物で雪景色に映える装いが完成。

▼ベージュニット×黒パンツで王道きれいめスタイル

シンプルなベージュニット×黒パンツで王道きれいめスタイルのコーデ画像

ベージュニットと合わせたい定番アイテム 「黒パンツ」は、コンパクトなニットにもオーバーサイズのニットにもぴったり合います。こちらはベージュニットと黒パンツの上に、贅沢なウールのチェスターコートをON。ベーシックなアイテム合わせなので、気取りすぎないエレガントスタイルに。

▼後ろが長めのニットでさり気なくこだわりを

後ろが長めのハイネックニットでさりげないこだわりを見せたコーデ画像

ゆるりと縄状に編まれたこちらのケーブルニットは、首元にたっぷりと生地が使われているため、小顔効果が抜群。ボトムスのシンプルなタイトスカートが立体的に編まれたニットを印象づけています。差し色にパウダーブルーのハンドバッグを添えて、冬景色に映えるきれいめな装いに。

▼ブラウンコート合わせでコンフォートな雰囲気に

カジュアルなデニムをニット×アウターでコンフォートな雰囲気にしたコーデ画像

ハイネックニットはノーカラーコートと相性バツグン。すっきりした襟元にほどよいアクセントがつき、お互いのシルエットを引き立ててくれるのでスタイリッシュに決まります。 ベージュ×ブラウンのナチュラルコーデをデニムでなじませて。

クルーネック

▼チェック柄シャツを重ねて奥行きを出す

チェック柄シャツを重ねて奥行きを出したコーデ画像

ざっくりした質感が可愛いベージュニットに淡い茶色のフレアスカートを合わせたワントーンコーデ。ニットのインナーにチェックシャツを忍ばせることで、ワントーンのなかに奥行きをメイク。クルーネックからのぞくチェック柄が、ほんのりカジュアルさを演出してくれます。

アシンメトリーネック

▼透け感のあるベージュニットで女度をアップ

透け感たっぷりのベージュニットでモードに女度をアップのコーデ画像

アシンメトリーネックニットは、モードさと女っぽさを兼ね備えた、おしゃれ度の高いアイテム。ベーシックカラーのベージュなら、コーデに投入しやすいのが魅力。こちらはハンサムなチェック柄パンツを、肩を落としたルーズネックニットでモードに着崩したスタイル。インナーの黒タンクを見せることで、ぐっと引き締まった印象に。

▼インナーをチラ見せしてメリハリをつける

インナーをチラ見せしてメリハリをつけたコーデ画像

フレア袖がフェミニンなベージュニットを使ったワントーンコーデに、レオパード柄スカートでスパイスをON。茶色のインナーをちら見せすることで、さりげなくメリハリを作ればグッと垢抜けた雰囲気に。

【オールベージュコーデ】で品のある女性に

肌なじみのよいベージュを用いた 「オールベージュコーデ」は、見る人に安心感を与えてくれ、やわらかい雰囲気を演出してくれます。ベージュの上品さを活かして、あなたもワントーンコーデをブラッシュアップしてみてはいかがでしょうか?

白Tを挟めば軽やかにきまる

白Tを挟めば軽やかにきまるの画像

オーバーサイズのざっくりニットを取り入れたオールベージュコーデは、ただ一枚着てしまうと、もったりと重たい印象になってしまうことも。ニットより長めの白Tやシャツを合わせてあげると重たい印象を回避でき、メリハリがついた装いになります。

ケーブル編みのセットアップはインパクト抜群

ケーブル編みのセットアップはインパクト抜群の画像

ニットのセットアップの魅力は、体を優しく包みこむストレスフリーさと女っぽい雰囲気が楽しめるところ。ベージュをセレクトすれば、今どきなリラックス感漂うコーデへとシフトできます。ざっくりとしたケーブル編みやファーバッグなど、立体感のあるアイテムを織り交ぜて奥行きをプラス。

差し色を取り入れて季節感を呼びこむ

セットアップに差し色を取り入れて季節感を呼びこむの画像

繊細に編まれたケーブルニットのセットアップ。女性らしいパフスリーブが印象的なトップスをロングタイトスカートにタックインしてあげることで、絶妙なこなれ感を演出。パンプスとマフラーに深い赤色をチョイスし、秋冬に映える上手な差し色使いでどこかセンシュアルかつ上品な装いを目指して。

【サマーニット】は春夏に大活躍

コットンやリネンで作られ、通気性に優れた「サマーニット」。シンプルながら上品にきまるものが多く、また着回しの幅も広くとっても便利なアイテムなんです。2020年の春夏はサマーニットを着こなして、もっとおしゃれを楽しんでみませんか?

透け感のあるベージュニットをグラデーション

透け感のあるベージュニットをグラデーションの画像

ローゲージのワッフル状に編まれたサマーニットとワイドパンツを合わせたゆったりコーデ。ワイドパンツと同色のブラウンのインナーを取り入れ、リラクシーながら上品に仕上げています。

アシンメトリーのサマーニットで個性的に

アシンメトリーのサマーニットは差をつけたいときにの画像

“ほどよい肌見せ”と “個性を引き出す”の両方を叶えてくれるアシンメトリーのサマーニット。片側だけデコルテを見せることで、他にないラグジュアリーな雰囲気を演出してくれます。ボトムスには紐ベルトつきのリネン素材のワイドパンツをチョイスすれば、春夏の暖かい空気にぴったりの爽やかな装いに。

【インナー】はどんなものを合わせたらいいの?

ニットの下のインナーは、どんなものを合わせたらいいのかお悩みの人も少なくないはず。こちらではニットのデザイン別に、取り入れたいインナーをご紹介していきます。

“見せるインナー”でアクセントをつける

“見せるインナー”でアクセントをつけたコーデ画像

首元が広く開いたベージュニットは、そのまま一枚で着てしまうとだらしなく見えてしまうためインナーが必須。同系色のシンプルなインナーであればチャレンジしやすく、さりげないレイヤードスタイルとしても楽しめます。

ワンショルダーにはベアトップorレースのインナーがおすすめ

ワンショルダーにはベアトップorレースのインナーがおすすめの画像

ラグジュアリーさと、ほどよい肌見せが魅力的なワンショルダーニット。「素敵なアイテムだけれど、インナーはどんなものを取り入れたらいいの?」とお困りの人もちらほら。肩紐のない「ベアトップ」なら、ワンショルダーニットだけでなく、オフショルダーのアイテムにも使えます。またレースのインナーであれば、どこかセンシュアルな魅力も引き立たせてくれます。

ボリュームのあるニットの下にはコンパクトなものを

ボリュームのあるニットの下にはコンパクトなものをの画像

オーバーサイズのニットを重たく見せないために、インナーには薄手のものを選んであげるのが正解。少し肌寒さを感じるだけの時期には、タンクトップの上にざっくり羽織って。寒さが厳しくなってきたら、ハイネックのインナーを取り入れてニットとコントラストをつけてあげると◎。

差し色にカラーを取り入れても◎

差し色にカラーを取り入れても◎の画像

ニットカーディガンの下に、差し色としてダスティブルーを取り入れたスタイル。こんな風に淡い色のインナーであれば浮くことなく、ニットとのメリハリをつけることができます。

他の「ニット」関連記事もCheck!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW