shutterstock.com
LIFE STYLE

「予防掃除」手入れがラクに!キッチン掃除のコツ3つ

2019/03/09

“予防掃除”という言葉はご存知でしょうか?
予防掃除とは汚れてからお掃除するのではなく予防することで汚れをつきにくくすることができるお掃除方法です。
「年末に大掃除したのに汚くなってる……」「頑張って綺麗にしたはずなのに排水溝が匂う」
なんてことになっていませんか?
せっかく大掃除しても毎日使うキッチンはお掃除をサボるとカビやにおい、ヌメリなど汚れが気になる場所ですよね。予防掃除をすると冬場のキッチンのお掃除がラクに早く、簡単に終わらせることができるんです。
キッチンお掃除をラクにする予防掃除の習慣・裏技を3つご紹介いたします。

(1)排水溝の予防掃除

キッチンで1番お掃除したくない場所といえば排水溝ではないでしょうか?
「触るのも、見るのも苦手……」という方が多い場所ですが簡単にお掃除、ヌメリ予防ができるんです。
まずはヌメリをとります。

(1)重曹1/2カップを排水溝にかけた後にクエン酸1カップかけます。
(2)その上にお湯1/2カップかけたら1時間放置します。お湯をかけた直後ブクブクと発泡しますが効果がでている証拠なのでご安心ください。
(3)発泡しながら汚れが浮いてくるので流すだけで汚れをとることができます。

また、キレイになった排水溝をキープするのにオススメなのがアース製薬からでている『キッチンの排水溝ヌメリがつかない』です。

予防掃除に特化した商品で置くだけでヌメリ、臭い予防ができる優れものです。私も実際使っていますが「早く使えばよかった」と思うほどヌメリがつかず効果を実感しています。

(2)冷蔵庫の予防掃除

美味しそうなものや珍しいものをみつけたら買いたくなりますよね。
「お家でゆっくり食べようと思っていたけど、忘れてそのまま冷蔵庫に入れっぱなし……気づいたらダメにしてしまった」なんて経験はありませんか?
食べ物を入れる場所だからこそキレイをキープしたいですよね。

まずは簡単お掃除!
アルコールスプレーとキッチンペーパーで全体を拭きます。もし汚れがこびりついていたらキッチンペーパーを湿らせたものをおき5分待つと汚れが浮いてスルンととることができます。

今後も汚れがつかないようにレジャーシートを活用しましょう。最近は100円ショップなどで可愛い絵柄のものが沢山あります。
ケースに合わせるように貼るだけで手軽に予防をしながら冷蔵庫を華やかにすることができちゃいます。

(3)ガス台の予防掃除

キッチンでの汚れが落ちずらい箇所 No.1といってもいいぐらいガス台の汚れは落ちにくいですよね。
でもそのままにしてしまうと余計に落ちないのでお掃除したくなくなります。
だからこそ予防掃除をしてキレイを保ちましょう!

ガス台の汚れは食器用洗剤で落とすことができます。スポンジや入り込んだ細かいところは歯ブラシで擦りましょう。
こびりついた汚れは無理に落とそうとせず冷蔵庫掃除同様少
しおいてから落とすとキズがつかずに済みますよ。

ガス台の予防掃除はこまめに拭くことです。使わなくなったタオルを小さく切ってストックしておくだけで汚れたときにすぐに使うことができてキレイをキープすることができま
すよ。

お掃除が苦手な人ほど予防掃除をしておくことでお掃除がラクに早く終わらせることができます。
簡単に始めることができるので是非今年の習慣にしてみてくださいね。

Editor:Satomi Sawai

他の記事もCheck!

▼最大の敵「G」を寄せ付けない裏ワザって?

▼「洗濯物を早く乾かす」裏ワザって?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW