FASHION

【低身長さんコーデ】秋冬にスタイルアップする17のコツ

2019/04/12

適度な肌見せでスタイルアップができる春夏に比べ、低身長さんにとってコーデが組みづらいのが秋冬。ビッグシルエットや全身を覆うアイテムが多い季節だからこそ、どうしたらバランスよく見えるのかと日々悩んでいる方も多いのでは? ここでは、そんな低身長さんのために、アイテム別で選ぶべきものを伝授! 秋冬の好バランスファッションをマスターして、年中おしゃれな着こなしを楽しんで。

低身長さんの「トップス」選び

全身で見た時に、パッと目がいくのが上半身。そんな上半身をうまくまとめることで、すっきりとした印象を与えることができます。早速チェック!

トップスに引き締めカラーを

色選びというのは、バランスを良く見せるために欠かせないもの。目の行きやすい上半身にブラック、ネイビーなどの引き締めカラーを合わせることですっきりとした印象に。

トップスの前だけインしてバランス良く

スタイルアップテクとして、フロントインのブランジングテクも欠かせない! 全てインするとかっちりしすぎてしまうし、逆に全て出すと野暮ったい印象に。そんな時は、真ん中を目安にラフにインするのがこなれ見え&脚長効果の秘訣。

トップスはコンパクトにまとめる

身体のラインに沿うようなシルエットと、ダークトーンのカラーをチョイスして、すっきり見せることも好バランスのテクニック。綺麗めで上品な印象も与えてくれます。おまけに、トップスがすっきりすることでアウターにひびかないという利点も。

低身長さんの「ボトムス」選び

低身長さんにとって、秋冬のボトムス選びもなかなか悩みどころ。そんな時は、低身長に見せない、そして低身長を逆に生かすという2つのテクニックを取り入れてみて!

ハイウエストで脚長効果

おのずと脚長効果を生んでくれるボトムスといえば、ハイウエスト。MINE世代におすすめなのは、程よくゆったりしたタイプ。ぴったりシルエットのハイウエストデニムなどは、少し若すぎる印象なので避けるのがベター。テーパードパンツ、ワイドパンツなど少しゆとりのあるもので大人らしさもキープ。

タイトスカートで縦長ラインを強調

ピタッと下半身をすっきりさせてくれるタイトスカートは、膝下丈で大人らしく仕上げるのがおすすめ。秋冬に欠かせないブーツとの相性も抜群です。

低身長だからこそグッドバランス! ミニスカートをON

大人になったら敬遠しがちだったミニスカートは、低身長さんだからこそ取り入れるべきアイテム。潔く脚のラインを見せることですっきりとした印象に。台形かつダークトーンのミニスカートであれば、大人可愛い印象までゲット出来ちゃいます。

ロールアップで華奢見せ

ボトムスの丈が合わない場合は、それを生かしてロールアップしちゃいましょう。足首という華奢な部分を強調できるので、スタイルアップ効果が狙えます。

低身長さんにオススメな「ワンピース・セットアップ」

楽ちんかつ、考えずともおしゃれに見せてくれるワンピースやセットアップ。頼れるアイテムだからこそ、選ぶべきものを見極めて。

ブラウンセットアップでコンパクト&大人見え

程よい温感、大人らしさをゲットできるだけあって、ブラックやネイビーと並んで人気のブラウン。セットアップを選ぶ時も、そんなブラウンが役立ちます。ミニマムなデザインで大人らしさをキープしつつ、引き締め色でもあるのですっきりした印象に。

「隠す」と「見せる」で最強コンビ!

Vネックトップスで華奢なデコルテをアピールしつつ、タイトスカートで程よく脚のラインを隠すテクが低身長さんにおすすめ! カラーは、アースカラーやダークトーンを選ぶことで他のアイテムとのバランスが取りやすくなります。

スリット入りで軽さを出す

膝下ワンピースをチョイスするときは、スリット入りで軽さ出しを。縦長シルエットだからこそ、スリットで裾を遊ばせて立体的に見せるのがポイントです。

ゆったりシルエットはブラックの1点決めで

ゆったりしたワンピースは、バランス的に取り入れるのが難しい…… なんて場合は、ブラックという縛りを! 一番の引き締めカラーなので、これなら低身長さんでも難なくクリア。シューズなどの小物は、トーンを合わせてコンパクトにまとめるのがベター。

次ページ> 「小物使い」でスタイルアップ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW