LIFE STYLE

社会人として知っておきたい! 日常会話で使える、5つの英単語

2019/04/12

冬休み中、海外旅行に行った人も多いのでは? 英語でのコミュニケーションはできていた? まだまだ英会話に自信がないあなたに、これさえ覚えておけばOKな5つの単語をレクチャー。教えてくれるのは、恋愛リアリティ番組「テラスハウス」の出演をきっかけに人気を博すモデル・岡本至恩さん。旅行中のシーン別に使い方を学びましょう。

「〜したい」ときは「Would」を使う

まずは、丁寧にお願いごとをしたいときに便利な「Would」を紹介。日本語の敬語のような表現ができるので、使い方を覚えて活用しましょう!

ショッピングやレストランでは「Have」を活用

買い物に行ったときのお店やホテルで「〜ありますか?」と聞きたいときには、「Have」が有効。逆に「〜抜きで」とお願いしたいときに使える単語も教えます。

さまざまなシーンで使える「Get」

どこか目的地に行きたいとき、到着の時間を知りたいとき、何かをして欲しいときなど、多様な場面で活躍するのが「Get」。基本の使い方を覚えられればアレンジも無限大です。

買い物シーンで活躍する「Take」

ショッピング中、店員さんとのやりとりで「これに決めたい」と伝えるには「Take」を使うのがベスト。日本語でもおなじみの「Take out」は間違い!? 正しい使い方をマスターしよう。

「Make」で予約や注文を

「Make」と言えば何かを「作る」イメージが強い単語ですが、お店の予約、注文の量やサイズ変更にも使えます。「念のための確認」に便利な表現も教えます!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE