HOROSCOPE

占い師まーさの上半期占い〜いて座〜

2019/01/03

今話題の占い師“まーさ”による2019年上半期占い。気になるいて座の運勢は?

上半期の星周りの運勢は?

2019年上半期はまず葛藤を生む大きな出来事からスタートします。これは今期のメインテーマを表すもので、おそらく12星座全員が少なからず「これは大変だ…でもしょうがないよなあ」と感じながら今年をスタートさせるはず。イメージで近いのは、会社内での部署異動、上司が変わる、自分がかかわる業務のルールそのものが変わるなど。人間関係でいえば、たとえば親やパートナーの親御さん、目上の誰かなど、自分にとってある程度“強制力”のある相手がらみで起こる何かでしょう。
「仕方がない」ことだからこそ一度は受け入れるけれど、でも本当にそれでいいのか。受け入れることが自分にとってのベストなのか。今この状況にいることは、自分の“本当の望み”なのか。私たちは半年かけて試行錯誤し、いろいろなことを試し、新たなものや人に出会って刺激を受け、「私はこうやって生きて行きたいんだ」を見つけ出す感じです。

変化が激しい時期でエネルギーがたくさん動く分、やりたいことがはっきりあり、行動する人にはどんどん結果が出てきます。展開も早いので、多少うまく行かないことがあってもまたすぐ風向きは変わるはず。大事なのは、簡単にめげない&自分を信じられる“心の明るさ”と、これまでの経験を生かし&必要ならどんどん新しいことも吸収できる“知性”です。反対にダメなのは、自分で自分の行動や考えの責任が取れない子供っぽさかも。この上半期はその人の物の考え方でかなり道が分かれてくる時期でもありますが、決め手になるのはこの差でしょう。

今もし自分の望む人生を生きているのなら、どうぞそのままマイペースを貫いてください。マイペース…、いうほど実は簡単ではありませんが、つまりは「乗っているときはスキップで、足元が悪いなと思ったら小さい歩幅で…進む。そして疲れたなあと感じたら休む」ということです。私はどう感じているのかを一層大事にしましょう。確かに「~でなきゃいけない」はこの世に常にあります。が、従うかどうかは自分で判断を。それこそ“知性”です!「ここは走れ」ともし命令されても納得いかないなら歩くべき。でも「確かに走るのも悪くない」、そう思うなら走ってみて。そこで学べることもきっとありますから。

また「なかなか望むものを得られないです」というあなた。そういう人こそ今はチャンスです。少なくとも「今のままでいては得られない」…こう思うなら自分自身も変化するしかありません。最初に必要なのはその覚悟。そして「まずどこを変えたいか」を考えましょう。今期の星は「時間をかけて願いをかなえる力」も強大です。だから焦る必要はないし、
あなたの覚悟が本物なら、変わるためのきっかけやチャンスを大いに与えてくれるはず。
もし望む場所に向かう船が迎えに来たら、それに飛び乗りなさい。でも船が来なくて悩む…ならともかく、「船が来たのに乗るかどうか迷って日々が過ぎ、船は行ってしまう」じゃもったいないからね。運命はきっと船をよこしてくれます。でもあなたが自分でそれに乗るんですよ。

いて座の全体運は?

12年に1度のラッキーイヤー。スケールの大きな人生を!

現在幸運の吉星・木星のご加護下にある射手座。2019年は自由かそれとも安定か…を問う出来事から始まりそうです。

その出来事はあなたに生活面での保証を約束する種類のもので、その分多くの奉仕も要求してくるでしょう。昇進や何かの名誉のような“権威”と共に入ってくることもあり、ある面から言えば「これまでの結果が出た」とも言えます。が、本来射手座は短調な安定よりは不確定な自由を求め、そんな状況でこそ一番輝く人。その性質が強調されている現在なら、なおさら息苦しさや反発を感じるでしょう。が、大事なのはそこからです。星が射手座に言いたいのは「好きを通すのは結構。じゃあどうする?」先にも出たように、今はあなたの本来の持ち味が生きる時期。のびのびと明るく、何より自由に動き回れることがどのジャンルにおいても幸運を呼びます。が、だからと言って、たとえばこれまで時間をかけて培ったものをポイしたり、大事だったはずの相手を雑に扱うことが◎なわけありません。

現状にもし「これじゃない」を感じるなら、「何が自分の“これ”なのか」を全力で探すこと。また今射手座が求めるとしたら、それは自分にとって規模の大きい夢でしょう。それが一時のツキで得られるようなものではないはず。また、いくら能力やツキがあっても「すぐに叶うとも限らない」。これも現実です。幸い近年の射手座は、夢と現実を人生の中で両立させる力を身につけています。実力があっても、礼儀正しさは同じくらい大事だし、いくらモテていようが、誠実さがなければ愛は失われます。今までにあなたがしてきた努力、培ってきたものは何も無駄ではありません。ならばチャンスが来たこのタイミングでも、全部を生かしながら更に先に進むこともできるはず。そう、“前向きに欲張って”ください。

一つだけを選ぶ方が難しいようでいて実は簡単です。何も考えなくて済むからね。でも射手座は先を見通す賢さも特徴ですから、自分の人生を雑に扱って面倒がって、楽な方にばかり進まないように。運が味方する時期だからこそ、一層厳しい“高み”を目指しましょう。たくさん動きたくさん出会ってたくさん笑って怒って食べて眠る。人生の半径を一段と広げスケールの大きい日々を生きてください。

1月、強い感情はあなたを動かす原動力です。たとえそれが「嫌だ!」でも。大いに悩んでください。同時にめいっぱい稼ぐこと。お金は持っていて損はないから!2月、いわゆる“才能開花”の時期。今後へのひらめきがビシバシ来ます。出会いも豊富だから閉じこもっていちゃダメ。4月、「これこそ私らしい」的な、模索してきた今後への道がよりはっきり見えてきそう。忙しいですがすべては自分の財産に変わります。

いて座の恋愛運

恋のチャンスは主に上半期前半、3月上旬までに多そうです。特に2月は新しいものを求めるあなたとツーカーの相手が現れやすいとき。

今期の恋は“意気投合までが一気”が成功法則なので、話が合いそうだな、面白そうだなと感じた人とはどんどん会話の機会を持つこと。こちらがピンとくるような相手は大体向こうもそうなので、そこは心配しなくてよし。

また今現在特定のパートナーがいるなら、6月ごろその存在に振り回されている気分になることも。そもそもここに至るまでの数か月、射手座はかなりガッツを出してきているせいで疲れがたまり、不安定になっていそうなのが背景にあります。無意識に「支えてもらいたい」「もっとこうしてほしい」「なのにやってくれない」みたいな気持ちが強まってそうなるのかな。

全体的に見て、今期の主軸は射手座自身の人生で、恋愛はあくまでその結果としてついてくる感じです。だからどういう関係にせよ「もっとこうしてくれれば…」と考えるのは、負のループのパターン。反対に「私から攻める!」の姿勢で行くなら、出会い探しも進行形の恋もうまく行くでしょう。でも現状は、特定の誰かに絞り込むよりは、できるだけ恋の候補や経験値を増やす!の姿勢の方がいいかな。また新たな相手を探すときは「これまでに付き合ったことがないタイプにしよう」と言うのもいいかも。そうでないなら直感が一番頼りになります。

長い・難しい恋愛&片思いをしているなら、その恋はそのままに、でも新しい風も入れたほうがいいですね。本当に自分にとって必要なものを選べているなら、あなたは明るくエネルギッシュでいられ、なおかつ…そんなに待たされないはずです!

PROFILE:アストロカウンセラー・まーさ

ブログの「今週の占い」やtwitterでの毎日占いが当たると口コミで評判になり、雑誌での執筆や個人鑑定も話題の人気占い師。専門は西洋占星術とトランプ。主な著書は『12星座相性★虎の巻』(実業之日本社)、『アストロカウンセラー・まーさの12星座のおはなし』(メトロポリタンプレス)ほか。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW