HOROSCOPE

占い師まーさの上半期占い〜さそり座〜

2019/01/03

今話題の占い師“まーさ”による2019年上半期占い。気になるさそり座の運勢は?

上半期の星周りの運勢は?

2019年上半期はまず葛藤を生む大きな出来事からスタートします。これは今期のメインテーマを表すもので、おそらく12星座全員が少なからず「これは大変だ…でもしょうがないよなあ」と感じながら今年をスタートさせるはず。イメージで近いのは、会社内での部署異動、上司が変わる、自分がかかわる業務のルールそのものが変わるなど。人間関係でいえば、たとえば親やパートナーの親御さん、目上の誰かなど、自分にとってある程度“強制力”のある相手がらみで起こる何かでしょう。
「仕方がない」ことだからこそ一度は受け入れるけれど、でも本当にそれでいいのか。受け入れることが自分にとってのベストなのか。今この状況にいることは、自分の“本当の望み”なのか。私たちは半年かけて試行錯誤し、いろいろなことを試し、新たなものや人に出会って刺激を受け、「私はこうやって生きて行きたいんだ」を見つけ出す感じです。

変化が激しい時期でエネルギーがたくさん動く分、やりたいことがはっきりあり、行動する人にはどんどん結果が出てきます。展開も早いので、多少うまく行かないことがあってもまたすぐ風向きは変わるはず。大事なのは、簡単にめげない&自分を信じられる“心の明るさ”と、これまでの経験を生かし&必要ならどんどん新しいことも吸収できる“知性”です。反対にダメなのは、自分で自分の行動や考えの責任が取れない子供っぽさかも。この上半期はその人の物の考え方でかなり道が分かれてくる時期でもありますが、決め手になるのはこの差でしょう。

今もし自分の望む人生を生きているのなら、どうぞそのままマイペースを貫いてください。マイペース…、いうほど実は簡単ではありませんが、つまりは「乗っているときはスキップで、足元が悪いなと思ったら小さい歩幅で…進む。そして疲れたなあと感じたら休む」ということです。私はどう感じているのかを一層大事にしましょう。確かに「~でなきゃいけない」はこの世に常にあります。が、従うかどうかは自分で判断を。それこそ“知性”です!「ここは走れ」ともし命令されても納得いかないなら歩くべき。でも「確かに走るのも悪くない」、そう思うなら走ってみて。そこで学べることもきっとありますから。

また「なかなか望むものを得られないです」というあなた。そういう人こそ今はチャンスです。少なくとも「今のままでいては得られない」…こう思うなら自分自身も変化するしかありません。最初に必要なのはその覚悟。そして「まずどこを変えたいか」を考えましょう。今期の星は「時間をかけて願いをかなえる力」も強大です。だから焦る必要はないし、
あなたの覚悟が本物なら、変わるためのきっかけやチャンスを大いに与えてくれるはず。
もし望む場所に向かう船が迎えに来たら、それに飛び乗りなさい。でも船が来なくて悩む…ならともかく、「船が来たのに乗るかどうか迷って日々が過ぎ、船は行ってしまう」じゃもったいないからね。運命はきっと船をよこしてくれます。でもあなたが自分でそれに乗るんですよ。

さそり座の全体運は?

春までは仕事が多忙な時期。恋愛での妥協は手放して吉

2019年は昨年ひとまわり成長したであろうあなたに、さらなる前進を星が促してくる時期です。年の初め、まず何か仕事にかかわる方面で大きな出来事が起こり、その影響で春まではかなり忙しく心身に負荷のかかるときになりそう。

かなり唐突なうえ選択肢もないのでストレスも相当でしょうが、これは蠍座に「これからの人生の軸足、どこに置く?」と尋ねるための出来事です。現状はそれに見合う(何ならそれ以上の)報酬も与えてくれるよう。だから考えようによっては「やっただけのことはある」ものですが、でも大変なのは間違いないし、正直「ずっと与えてくれるとは限らない」。「頑張ってこなして、それが具体的に私の何になる?」「どこまではあり?どこ以上はなし?」…こんなことを真剣に考える時期となるでしょう。そう、星は蠍座に己の価値観を尋ねています。蠍座は変化を嫌い、得てして与えられた状況を長きにわたり受け入れてしまいがちです。よい面もありますが、それは「自分で考えて選んだ」のであればです。正直、自分には選択肢がないと思い込むほど、今の蠍座は弱い存在ではないはず。やりたいこと、大事にしたいものだってあるでしょう。人生には自分なりの“作戦”が必要です。それを思えば、「自分の時間を今こうして使うことは正しいか?」、当然この視点は生まれるはずです。

特に今期はお金に関しては、いろいろあれど満たされる方向です。でもそう、調子がいいからこそ、そういう時期に「自分がこれからも安心して暮らせる、働いてお金を生み出せる道筋」を作って行ってください。金銭的心配が少なければ、人は往々にして自由でいられます。貯金の仕方を見直す、投資を学ぶ、副業を考える…何でもいいですよ。また、この世は「楽しんでおこなったことが更に楽しいものを運んでくる」仕組みです。人生の中で本当にイヤイヤ…やっているものがあるなら、もうそれとはお別れすべき。今までやってきたことを順に見直して、人生の中をあなたの好きなものだけにしていきましょう。

また、不思議と蠍座が自分自身をしっかりと持つと、これまで「あれはナシだな」と思い込んでいた方面からいい出会いが降ってきたりもします。「地味、面白みがない」「軽い、チャラそう」と思っていた相手も、視点を変えれば「堅実でブレがない」「話題豊富、人を構えさせない」なのかも。心が開けばそこに飛び込んでくる人は必ずいます。もちろん第一印象は大事です。でも賢い人は“第二印象、第三印象”もうまく参考にするものですよ!

2月、作戦会議に最適なのはこのころ。物事は表面的な部分だけで見ないこと。恋愛は上昇傾向。3月は恋愛も仕事(お金稼ぎ)も活性化する時期。同時にこなすのは難しいですが、強いて言うなら恋かな。6月は不安定になりやすいかも。軽い旅や本、映画に没頭するなどの現実逃避がリフレッシュにおすすめ。現実の中だと散在注意。

さそり座の恋愛運

実はなかなかに恋愛的チャンスの多そうな今期。でもちょっと波乱含みな傾向も…。そもそも心身のストレスが大きそうな時期もある2019年なので、「難しい現状からの現実逃避」みたいな感じで恋愛するのは、まず止めましょう!(これ一番大事ね)と先にお伝えして先に進むと、今期蠍座に多そうなのは複雑な状況下で生まれる恋です。相手が面倒な人…というのではないのが幸いですが、たとえば緊張感のある職場内でとか、「私のやりたいことには断固反対だけど、それ以外の点ではパーフェクトな彼」とか…。

恋をそのまま選ぶことはどこか自分にとって別のものを“妥協する”ことを意味する。こういう境遇もよくありそう。非常に悩ましいし、ここでも自分の価値観&優先順位は問われることになります。でもこの上半期内に決定的な結論はおそらく出ないし、出さなくてもいいのです。おすすめは「何かだけを選び、他は切り捨てる…的発想はやめること」と、「いい恋愛をしていても、それだけに寄り掛からないこと」。この二つです。

特に後者、今は恋愛に欲が絡みやすいし、仕事等のストレスもあって散財もしやすいので…つまりは「好きだからいいと思ってどっぷり貢いでしまう」「最初は真面目な関係だったのに、○○目当てっぽい付き合い方に」(いろいろ当てはまります)みたいなことが起こりやすいので、そこは意識的に注意していきましょう。

もし仕事関係者と付き合うなら、公私をきっちり分けるのも大事。そもそも今縁があるのは、真面目できちんとした相手なので、出会って普通にいけば将来を考える展開になりやすいのです。それを望むならなるべく関係はシンプルな状態にしておくこと。また、現在のパートナーがやや信頼の置けない存在なら、3月以降「もっとしっかりした相手が欲しい!」と急に方向転換したくなる可能性も。それもありですが、必ず自分の本心を確認してね。

PROFILE:アストロカウンセラー・まーさ

ブログの「今週の占い」やtwitterでの毎日占いが当たると口コミで評判になり、雑誌での執筆や個人鑑定も話題の人気占い師。専門は西洋占星術とトランプ。主な著書は『12星座相性★虎の巻』(実業之日本社)、『アストロカウンセラー・まーさの12星座のおはなし』(メトロポリタンプレス)ほか。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW