HOROSCOPE

占い師まーさの上半期占い〜ふたご座〜

2019/04/12

今話題の占い師“まーさ”による2019年上半期占い。気になるふたご座の運勢は?

上半期の星周りの運勢は?

2019年上半期はまず葛藤を生む大きな出来事からスタートします。これは今期のメインテーマを表すもので、おそらく12星座全員が少なからず「これは大変だ…でもしょうがないよなあ」と感じながら今年をスタートさせるはず。イメージで近いのは、会社内での部署異動、上司が変わる、自分がかかわる業務のルールそのものが変わるなど。人間関係でいえば、たとえば親やパートナーの親御さん、目上の誰かなど、自分にとってある程度“強制力”のある相手がらみで起こる何かでしょう。
「仕方がない」ことだからこそ一度は受け入れるけれど、でも本当にそれでいいのか。受け入れることが自分にとってのベストなのか。今この状況にいることは、自分の“本当の望み”なのか。私たちは半年かけて試行錯誤し、いろいろなことを試し、新たなものや人に出会って刺激を受け、「私はこうやって生きて行きたいんだ」を見つけ出す感じです。

変化が激しい時期でエネルギーがたくさん動く分、やりたいことがはっきりあり、行動する人にはどんどん結果が出てきます。展開も早いので、多少うまく行かないことがあってもまたすぐ風向きは変わるはず。大事なのは、簡単にめげない&自分を信じられる“心の明るさ”と、これまでの経験を生かし&必要ならどんどん新しいことも吸収できる“知性”です。反対にダメなのは、自分で自分の行動や考えの責任が取れない子供っぽさかも。この上半期はその人の物の考え方でかなり道が分かれてくる時期でもありますが、決め手になるのはこの差でしょう。

今もし自分の望む人生を生きているのなら、どうぞそのままマイペースを貫いてください。マイペース…、いうほど実は簡単ではありませんが、つまりは「乗っているときはスキップで、足元が悪いなと思ったら小さい歩幅で…進む。そして疲れたなあと感じたら休む」ということです。私はどう感じているのかを一層大事にしましょう。確かに「~でなきゃいけない」はこの世に常にあります。が、従うかどうかは自分で判断を。それこそ“知性”です!「ここは走れ」ともし命令されても納得いかないなら歩くべき。でも「確かに走るのも悪くない」、そう思うなら走ってみて。そこで学べることもきっとありますから。

また「なかなか望むものを得られないです」というあなた。そういう人こそ今はチャンスです。少なくとも「今のままでいては得られない」…こう思うなら自分自身も変化するしかありません。最初に必要なのはその覚悟。そして「まずどこを変えたいか」を考えましょう。今期の星は「時間をかけて願いをかなえる力」も強大です。だから焦る必要はないし、
あなたの覚悟が本物なら、変わるためのきっかけやチャンスを大いに与えてくれるはず。
もし望む場所に向かう船が迎えに来たら、それに飛び乗りなさい。でも船が来なくて悩む…ならともかく、「船が来たのに乗るかどうか迷って日々が過ぎ、船は行ってしまう」じゃもったいないからね。運命はきっと船をよこしてくれます。でもあなたが自分でそれに乗るんですよ。

ふたご座の全体運は?

ゆるいコミュニケーションが鍵

ハーイ双子座!今期、非常に対人関係に恵まれるタイミングです。こう聞くと「ちやほや…❤?」と思いそうですが(それもなくはない)、どっちかと言えば「何をする際にも人に支えてもらえるので、安心して頑張れ!」みたいな感じ。

それもそもそも、ここまでのあなたが同じことをしてきたからでしょう。自分が好きか嫌いかどう思うかだけじゃなく、「この状況では必要だから、誰かのためには大事だから」と、特にそれが評価されるかはわからなくても自分なりに了解して何かを積み重ねてきた。双子座のやってきた、そういう“大人の対処”が評価され、知らぬ間にあなたへの信頼や期待を高めていた人が思っていたよりたくさんいる!この事実に気づく時期なのかも。去年まで強かった義務感からもやや解放されるので、この上半期は自分のやりたいことに集中できるときもありそう。

また、「ぜひ双子座にやってほしい!」と持ちかけられる仕事などもどんどん来るでしょう。それは得てして夢やロマンを掻き立てられる要素があり、仕事と現実、遊びと仕事の垣根がほとんどない…と感じることも。概して仕事関係でも楽しいことが多いですが、同時に、人間関係が広がりそこからもたらされるチャンスも多くなる分、「人はみんな好き勝手に考えているなあ」(自分に好意的な相手でも)と感じることも増えるかも。

またこれまで親しく、身近でかなり自分を理解してくれているはずと思っていた相手が、案外自分の成功や達成を喜ばなかったりもありそう。でも大体大きな問題はないので、気にしすぎないでください。人間はそもそも複雑なものだし、考えていることも一通りではありません。気が合うとしても、すべての面で一致している必要はないでしょう?あなたに構いたい人が多い今期のコツは「今絶対決着をつけなくちゃならない!」のような事態でなければ、できる限りゆるく対処する…です。人から意見され「面倒だなあ」と感じたら、いちいち反論せず「へえー」(同意も反論もしない)程度に答えたり、何なら「聞こえなかったフリ」をして立ち去ってしまうとか(スルー術)、そんな感じでもOK.です。無駄に誰かと争ってエネルギーの浪費をしないこと。もっと大事なこと、好きなこと、やっていて楽しいことに使うべきですよ。

1月に振ってくる面倒は“任務”だと思ってください。で、大騒ぎしないこと。人との関係は良好なので、「大変だよね~」と言いながら楽しくやればよろしい。2月はもっともあなたらしい時期。本当にやりたいことをやりましょう。その充実感があらゆることから守ってくれます。5月はそれまで華やかだった時期から転じて「ひとりになりたい」かも。内面が充実します。周りは混乱気味なので、それを待っていないで単独行動◎。かなり集中できる時期です。

双子座の恋愛運

もし結婚を念頭に置いた真面目なパートナー探しをしているのなら、この上半期は非常に好機です。もともとあなたに注目している人が多いし、相手もどちらかと言えば「(単純な好き嫌いだけじゃなく)長く付き合える相手かな」という目でこちらを見ているでしょうから。

この時期気が合うなと感じ、関係が進展しやすい人自体、そもそも有力候補です。ただ、「相手のことはとても好きだし一緒にいたいけど、こういう面で考え方は合うのかな?」と、人生上のいろいろなポイントから相手を見、そこでムムム…となることはありそう。たとえば仕事の仕方や家族との関係、嫌だと感じること、コンプレックスなどかな。でもそれで決定的にあわない!みたいになるのではなく、「こういう差を双方がどう受け止め、折り合っていくか…」、双子座は時間をかけて考えるのでしょう。誰かと良い関係を作る際の、“より深いテーマ、事情”に思いがいくくらい、双子座は精神的に成熟しつつあるのですね。

逆に、シンプルに「ただ恋がしたい!先のことは考えていない!」と言うのもアリです。それでもチャンスは多いので、純粋に「これが凄い、好き!」と感じたら相手に伝えていって。本当に「ここが好きだから…他の部分はいいや」くらいの潔さがあれば、案外大本命を見つけられるかも。また「こういう部分はいいなあ」と、その人その人の好感を持てる箇所を自分から積極的に見つけ、評価するのも大事かも。「何もかもを一人の人に求めようとする」より、「多くの人の輝いている箇所をそれぞれにいいなと感じ取る」方が今は向いています。可能ならそれぞれと楽しくデートすればいいのでは。多分その中の誰かが「自分だけを選んでくれ!」と言ってきますよ。

PROFILE:アストロカウンセラー・まーさ

ブログの「今週の占い」やtwitterでの毎日占いが当たると口コミで評判になり、雑誌での執筆や個人鑑定も話題の人気占い師。専門は西洋占星術とトランプ。主な著書は『12星座相性★虎の巻』(実業之日本社)、『アストロカウンセラー・まーさの12星座のおはなし』(メトロポリタンプレス)ほか。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW