FASHION

「シャツワンピース ×レギンス」は、どう組み合わせるのが正解?

2018/12/27

かつて大流行したレギンスが、今年再びブームに!
そんなレギンスで大人カジュアルを楽しむなら、きちんと感が出るシャツワンピースと合わせるのがベスト。
ここでは、レギンスの種類・カラー別にシャツワンピースとの合わせ方を紹介します。

レギンスの種類

かつてのレギンスブームとは違って、今回のレギンスブームの大きな特徴は、レギンスの種類が豊富なこと!「ノーマル」レギンスから、素材感の出る「リブ素材」や「サーマル素材」のものまで、様々なレギンスが揃っています。
合わせるレギンスによってシャツワンピースの表情もガラッと変わるので、なりたいイメージに合わせてレギンスをチョイスしましょう。

「ノーマル」レギンス

ネイビーシャツワンピース×グレーレギンス

さらっとした表面感が特徴の、タイツ地やジャージー素材の「ノーマル」レギンス。
レギンス自体に主張がない分、コーデにも取り入れやすい。
たっぷりとブラウジングしたネイビーのシャツワンピースを、「ノーマル」レギンスが引き立てます。
足元に向かって徐々に軽やかになっていく、グレーレギンス×白パンプスの色使いもgood!

カーキシャツワンピース×黒レギンス

タイツ感覚で履けるのも「ノーマル」レギンスのいいところ。
シンプルなカーキのシャツワンピースは、定番の黒タイツではなく「ノーマル」レギンスに変えるだけで、今っぽい着こなしに。
レギンスがシンプルな分、ストラップパンプスやファー付きパンプスなど、デザインに凝ったパンプスで足元を盛り上げて。

「リブ」レギンス

白シャツワンピース×ベージュレギンス

今っぽさ&脚のすっきり見せを狙うなら「リブ」レギンスがベスト。特に「細めリブ」は、リブの縦長ラインと細いピッチで、脚をすっきりと見せてくれます。
軽やかなベージュのリブレギンスなら、クリーンな白シャツワンピースとも相性◎。秋冬らしいウォーム感も出ます。

黒シャツワンピース×グレーレギンス

テロンと落ち感のある黒シャツワンピースが、リブ&メロウレギンスで表情豊かに。
裾のメロウ仕上げが、ほんのりとフェミニンな雰囲気を漂わせ、かっちりとしたシャツワンピースコーデを、大人可愛いコーデに仕上げます。

「サーマル」レギンス

カーキシャツワンピース×グレーレギンス

裾の切り替えがポイントとなる「サーマル」レギンス。コーデにスポーティーなテイストを加えたい時におすすめ。
ナチュラルムード漂うビッグシルエットのシャツワンピースは、「サーマル」レギンスとスリッポンシューズのスポーティーなアイテムで、きりりと引き締めて。

ストライプシャツワンピース×グレーレギンス

ビタミンカラーのストライプシャツワンピースとグレーの「サーマル」レギンスは、好感度の高い爽やかな組み合わせ。
ストライプ柄とリブ、どちらも縦ラインを強調するので、すっきり見え効果も期待できます。ワンピースとレギンスが軽い色合いなので、足元は黒のコンバースで引き締めるのが正解。

「サイドスリット」レギンス

白シャツワンピース×ベージュレギンス

裾の外側か内側にスリットが入っている「サイドスリット」レギンス。さりげない足首の肌見せが、抜け感を与え、スタイリッシュなコーデにしてくれます。
肌の色に近いベージュの「サイドスリット」レギンスなら、白シャツワンピースとも自然につながる。白×ベージュの優しい色合いで、フェミニンな佇まいに。

白シャツワンピース×黒レギンス

大人かっこいいスタイルにするなら、黒の「サイドスリット」レギンスをチョイスして。
スリットデザインが強調されるので、ドロップショルダーのゆったりとした白シャツワンピースがスタイリッシュに決まります。
ポインテッドトゥパンプスとパープルのレザーバッグで、クラス感あるコーデに仕上げて。

「色の組み合わせ」お手本コーデ

今年のレギンスは、定番の黒や濃いグレー以外に、ブラウンやベージュ、アイボリーとカラーバリエーションも豊富!
定番色以外のブラウンやベージュといった”上級者カラー”の配色 も覚えれば、ワンランク上うのこなれたシャツワンピース×レギンスコーデを楽しめます。

「ベージュ・アイボリー」レギンス

白シャツワンピース×アイボリーレギンス

大人のかわいらしさを添えるアイボリーのレギンス。ニット・シャツ・レギンスの複数レイヤードも、ベージュトーンでまとめれば、軽やかな印象に仕上がります。

白シャツワンピース×ベージュレギンス

リラックス感ある白の開襟シャツワンピースも、ベージュのレギンスを合わせると上品カジュアルに仕上がる。服がシンプルな分、足袋バレエシューズやバイカラートートといった小物使いで、着こなしに差をつけて。

ブラウンシャツワンピース×アイボリーレギンス

一枚で旬の着こなしになるブラウンカラーのシャツワンピース。差し色のアイボリーのレギンスで、爽やかな印象に。シックな大人カジュアルに仕上げるなら、黒の靴とバッグでコーデを引き締めて。

「黒」レギンス

ワインシャツワンピース×黒レギンス

ワインカラーのフェミニンなシャツワンピースは、黒レギンスでシャープな足元に仕上げるのが正解。レギンスとパンプスが黒同士でも、スリットから肌を見せることで、軽やかな抜け感が生まれます。

デニムシャツワンピース×黒レギンス

ロングワンピースの裾から、レギンスがちらりとのぞくくらいのバランスも今っぽい。インディゴデニムのシャツワンピース×黒レギンスのダークカラー同士でまとめれば、大人シックなコーデに。

白シャツワンピース×黒レギンス

白と黒、コントラストを効かせたモノトーンコーデは、モードな印象を与えます。白シャツワンピースと黒レギンスの安定感ある組み合わせは、ニットベストをプラスして、遊び心あるスタイリングにするのも◎。

「グレー」レギンス

ストライプシャツワンピース×グレーレギンス

どんなカラーとも合わせやすく、明るく軽い足元にしてくれるグレーのレギンス。爽やかなストライプのシャツワンピースは、黒のレギンスならちょっと重いところも、グレーのレギンスなら洗練された印象に仕上がる。
黒のサンダルやキャップ、ミニショルダーで、少し引き締めるくらいがベスト!

チェック柄シャツワンピース×グレーレギンス

色がたくさん入っていて、レギンスとの色合わせに悩むチェック柄シャツワンピースも、グレーのレギンスならコーデが決まりやすい。靴はワンピースに合わせたトラッドなローファーで、統一感あるコーデに。

ブラウンシャツワンピース×グレーレギンス

ボリューム感あるブラウンのコーデュロイシャツワンピースは、グレーのレギンスで軽さを出して。グレーレギンス×黒のコンバースは、丁度いい軽さと引き締め感がでる鉄板の組み合わせ。

「ブラウン」レギンス

小花柄シャツワンピース×ブラウンレギンス

ブラウンのレギンスは、今っぽくおしゃれに見えるNo.1カラー!柔らかい色みなので、コーデにも意外と取り入れやすい。
ヴィンテージ風の小花柄シャツワンピースも、ブラウンレギンスで旬な着こなしにアップデート。

チェック柄シャツワンピース×ブラウンレギンス

オーソドックスなチェック柄シャツワンピースに、新鮮な表情をもたらすライトブラウンのレギンス。サイドスリットのレギンス×スリッパ風ミュールサンダルの感度の高い組み合わせも、垢抜けた着こなしのポイント。

小花柄シャツワンピース×ブラウンレギンス

グリーンの小花柄ワンピースも、くすみブラウンのレギンスなら自然にマッチ。
サイドスリットレギンスなので、レトロなワンピースもスタイリッシュに決まります。黒の上品ショルダーとバレエシューズで、きちんと感あるスタイルに仕上げて。

他の記事もCheck!

▼一年中着回す「シャツワンピースコーデ」

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW