ピンクシャツコーデレディース15選
FASHION

「ピンクシャツ」コーデは甘さ控えめがカギ!レディース15選

2019/04/22

レディな色合いが特徴の「ピンクシャツ」。コーデをフレッシュにアップデートしてくれて、肌もキレイに見せてくれる大人女子に嬉しいポイントが盛りだくさん。上手に着こなすなら、”甘さ控えめ”がカギ!
大人コーデに仕上げるコツを、合わせるボトムス別にご紹介。ぜひTRYしてみて。

デニム×ピンクシャツ

カジュアルの定番アイテム「デニム」は、ピンクの甘さを抑えて大人のこなれコーデに導いてくれる。シャツを取り入れることできちんとした印象も演出できるので、クラス感漂う大人カジュアルに。

ワイドデニムパンツ

ピンクシャツ×ワイドデニムパンツは、丈感やデニムの色合いで印象に差がつきます。なりたいイメージに合わせてセレクトしてみて。

▼ピンクシャツ×クロップド丈ワイドデニムパンツ

くるぶしが見える短め丈のワイドデニムに、ピンクシャツをコーデ。ヌーディなサンダルで足元にヌケ感を作ることで軽い着こなしに。大きく開いた衿元や手首、足首を見せることでカジュアルコーデにレディな要素をプラス。

▼ピンクシャツ×黒ワイドデニムパンツ

くすみピンクのシャツに、黒デニムのワイドパンツを合わせたコーデ。黒は合わせる色を引き立てるカラーなので、ピンクの色合いが映える着こなしに。カジュアルだけど、落ち着いた印象を作りたいときにもオススメの組み合わせ。

▼ピンクシャツ×フルレングス丈ワイドデニムパンツ

ピンクシャツ×フルレングス丈ワイドデニムなら、今どきなリラックスカジュアルに。ゆるっとしたシルエットがトレンド感を演出。ショッキングピンクとライトブルーのコントラストでメリハリも生まれます。

スキニーデニム

ピンクシャツ×スキニーデニムは、足首見せで女っぽいヌケ感を意識するとバランスアップ。合わせる小物で表情も大きく変化するので、試してみて。

▼ピンクシャツ×スキニーデニム×黒バッグ

ピンクベージュのシャツブラウスに、スキニーデニムをコーデ。黒バッグ&パイソン柄サンダルで辛めエッセンスを足すことで、ピンクもハンサムな雰囲気に。程よいダメージ加工のデニムも辛めに仕上げるポイント。

▼ピンクシャツ×スキニーデニム×白小物

ピンクシャツ×ライトブルーのスキニーデニムに白小物をONすれば、ヌケ感たっぷりの大人カジュアルに。フラットシューズで力の入り過ぎない雰囲気も今ジャストな気分。シャツはあえて少しシワっぽいくらいのラフさが素敵。

▼ピンクシャツ×スキニーデニム×ピンクパンプス

程よく女っぽさ漂うカジュアルに仕上げたいときは、足元にシャツと同じ色合いのピンクパンプスを足してみて。レディな印象がアップする上に、コーデに統一感も。スキニーデニム合わせだから、甘くなり過ぎる心配はゼロ!

パンツ×ピンクシャツ

パンツ×ピンクシャツコーデは、パンツのシルエットや色の選び方で印象が自由自在。カジュアル・フェミニン・モードとさまざまなテイストに変化するので、ピンクシャツがあれば着こなしの幅がぐっと広がる!

ワイドパンツ

ハンサムなワイドパンツは、甘めデザインのピンクシャツを大人っぽく、シャープなデザインのピンクシャツをよりクールに仕上げてくれる。色合わせでいろんな表情を楽しんで。

▼ピンクシャツ×キャメルワイドパンツ

ピンク×キャメルは、フェミニンな印象の色合わせですが、ワイドパンツなら甘さ控えめな大人コーデに昇華。足元に黒シューズを合わせて引き締めて。ボーダーバッグでカジュアルダウンしたバランスも秀逸。

▼ピンクシャツ×ネイビーワイドパンツ

Vネックのすっきりシャープなピンクシャツに、ネイビーワイドパンツを合わせてハンサムに。シャツの裾を片側だけインして、あえてルーズに着こなすと大人の余裕を感じさせる。スニーカーで親しみやすさもON。

▼ピンクシャツ×カーキワイドパンツ

カーキは大人のこなれ感を演出できる優秀カラー。ピンクのシャツブラウスに、カーキのワイドパンツを合わせてヘルシーに仕上げて。普通に着ると甘くて幼くなりそうな淡いピンクもカーキ&ワイドパンツでスパイシーにシフト。

タイトパンツ

タイトパンツはすっきりしたシルエットが魅力。甘めなピンクシャツもタイトパンツ合わせなら大人っぽく着こなせます。コーデがシンプルになり過ぎないように、小物使いにこだわって。

▼ピンクシャツ×黒タイトパンツ×ハット

モーブピンクの半袖シャツに黒タイトパンツを合わせたすっきりコーデ。天然素材のハットとバッグをプラスして季節感を演出することで地味見えを防止! 目線もアップしてスタイルアップも叶う。

▼ピンクシャツ×黒シガレットパンツ

クールな印象の黒シガレットパンツにギャザーたっぷりのフェミニンなピンクシャツを合わせた甘辛MIXコーデ。ピンクのファーバッグを添えてアクセントにしつつ、統一感のある仕上がりに。

▼ピンクシャツ×ベージュテーパードパンツ

ピンク×ベージュはフェミニンで甘くなりがちな色合わせですが、テーパードパンツなら大人顔。キレイめコーデに、ウエストのドロスト仕様でスポーティなニュアンスの遊び心をプラス。

スカート×ピンクシャツ

スカート×ピンクシャツは、色合いもシルエットもレディな分、大人っぽい要素を上手にプラスすることでスマートな装いに。ピンクの選び方や小物合わせで全身のバランスを整えて。

フレアスカート

ふんわり広がるスカートとピンクシャツの色合いでフェミニンな印象になるので、甘くなり過ぎないように微調整を。大人バランスに仕上げるコツをレクチャー。

▼ビビッドピンクのシャツ×白フレアスカート

鮮やかなピンクのシャツを、白フレアスカートでヌケ感たっぷりにコーデ。メリハリの効いたスタイルで、大人っぽさをアシスト。ビビッドピンクなら、甘さよりシャープさが際立つのでスタイリッシュに決まります。

▼ピンクシャツ×カーキフレアスカート×サイドゴアブーツ

ふんわり袖が可愛い印象のピンクシャツは、大人カラー”カーキ”のフレアスカートを合わせて甘さを軽減。足元はサイドゴアブーツで大人っぽくカジュアルダウンを。

プリーツスカート

立体的な折りひだがコーデに奥行きを作ってくれるプリーツスカート。レディさとシャープさの両方を兼ね備えたアイテムなので、ピンクシャツとも相性◎!

▼ピンクストライプシャツ×ライトピンクプリーツスカート

細かなストライプのピンクシャツに、同系色のプリーツスカートを合わせたワントーンコーデ。プリーツの立体感で同色コーデもメリハリのある着こなしに。全身ピンクでまとめたときは、足元はスニーカーでカジュアルに仕上げて。

他の記事もCheck!

▼「抜き襟」シャツのやり方【基本〜応用テク】

▼水色シャツコーデ20選

▼ネイビーシャツコーデ【レディース18選】

▼黒シャツコーデ18選

▼デニムシャツのレディースコーデ18選

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE