ネイビータイトスカートコーデ13選
FASHION

着回し力抜群!ネイビータイトスカートの最旬コーデ34選

2020/09/18

ネイビータイトスカートは落ち着いた色味で、合わせる色を選ばない優秀アイテム。おしゃれに着回すなら、明るいカラーを織り交ぜるとコーデが重たく見えず好印象!
「実際に、どのようにコーディネートしたらいいの?」そんなお悩みを解消するおしゃれコーデをご紹介。ぜひチェックしてみて。

『今っぽく』着こなす3つのポイント

どんなときにでも使えるアイテムだからこそ、アイテム合わせや色使いで『今っぽく』コーデをランクアップ。これまでとは少し違った着こなしを意識して、手持ちのスカートを新鮮に着こなして。

タイトスカートに合わせた「細めシルエット」を意識

タイトスカートに合わせた「細めシルエット」を意識

体のラインにぴたりと沿ったタイトなトップスを合わせて、すっきり細めシルエットをメイク。タックインでウエストラインを出せば細見え効果も◎。

ワントーンコーデ

ワントーンコーデ

トップスのカラーをスカートに合わせたネイビーでワントーンコーデに。オールブラックよりもカジュアルで、ほどよい落ち着きもあわせもった大人女子らしい装いに。靴やバッグなどの小物で差し色を添えるのも◎。

きれめにもフェミニンにも決まるレーススカート

きれいめにもフェミニンにも決まるレーススカート

トレンドのレーススカートなら一枚で旬顔に。上品なネイビーならオフィスコーデにもばっちりマッチ。

オフィスからデイリーまで【テイスト別】シーンに合わせたコーデ集

仕事着から普段の服装にまで、幅広く使えるネイビータイトスカートをテイスト別にご紹介。それぞれのシーンごとにスタイリングの違いをチェックして、自分のコーデに取り入れてみて。

オフィスコーデ

▼ダークトーンでまとめてかっちり決める

ダークトーンでまとめてかっちり決める

ジャケットにも合わせやすいようダークトーンでまとめれば、きちんとした印象に。パンプスやバッグに少し明るめの色を取り入れることで、重た見えを回避。

▼グレージュブラウスでフェミニンに

グレージュブラウスでフェミニンに

かっちり感のあるスカートには、ふんわりカラーのトップスで軽やかさをプラス。ドロップショルダーの丸みを帯びたブラウスなら、かわいらしさもGETできます。

▼悩んだら白ブラウス

悩んだら白ブラウス

合わせるものに困ったら原点回帰、失敗知らずの白ブラウスをチョイス。シンプルな白無地のブラウスも、シルエットにこだわれば一気に垢抜けます。

デートコーデ

▼ヌーディーベージュのシアートップスで色っぽく

ヌーディーベージュのシアートップスで色っぽく

透け感のあるヌーディーベージュのリブブラウスで、かわいらしさのなかに艶っぽさを仕込んだガーリーコーデ。バッグや靴などの小物をトップスと同系色でまとめて統一感を出して。

▼ゴブランスカートを主役に

ゴブランスカートを主役に

シンプルな黒トップスに、花柄のゴブラン織りスカートをONして上品に仕上げて。繊細な織りと華やかな花柄が印象的だから、スカート一枚でコーデがバッチリ決まる。

▼太めのタックでスタイルアップを狙って

太めのタックでスタイルアップを狙って

タックが太めのタイトスカートなら、ウエストマークがバッチリ決まって細見え効果抜群。グレージュのとろみブラウスで可憐ながらも大人っぽさをまとった装いに。

女子会コーデ

▼強めコーデを白でさわやかに

強めコーデを白でさわやかに

ボディラインのはっきり出る細身のスリットスカートと厚底ブーツで、かっこよさ満点の強めコーデをメイク。首元に大胆なカットの入ったトップスには白を起用して、辛口スタイリングに清涼感をプラスして。

▼デニムスカートで気負わないカジュアルスタイリング

デニムスカートで気負わないカジュアルスタイリング

ラフなデニムもタイトスカートならレディにまとまる。ブルー系のトップスでさわやかにまとめれば、がんばりすぎないきれいめカジュアルコーデの完成。

▼マフラーを差し色にした大人のダークトーンコーデ

マフラーを差し色にした大人のダークトーンコーデ

ネイビーのレース編みスカートとグレーのニットでシックにまとめたダークトーンコーデに、ワントーン明るいマフラーをON。Iラインを意識した縦長のスタイリングに加えて、顔まわりに明るい色をもってくることでスタイルアップ効果も。

デイリーコーデ

▼パーカーをさらっと着てナチュラルに

パーカーをさらっと着てナチュラルに

ブラウン×ネイビーのカチッとはまるバイカラーコーデ。パーカーはインしないで着るのがこなれ見えのポイント。足元もフラットパンプスで、リラクシーなデイリーコーデをメイクして。

▼モノトーンコーデで落ち着いた印象に

モノトーンコーデで落ち着いた印象に

ボーダーTシャツと黒無地スカートのシンプルでプレーンなコーデ。トップスのボートネックやスカートのスリットなど、ディテールにこだわって日常の装いにほんのり色香をプラス。

▼基本のゆる×ピタコーデ

基本のゆる×ピタコーデ

デニムとニットの定番カジュアルコーデは、ライトブルーでかわいらしく仕上げて。ニットはフロントインして、シルエットにメリハリをつけたのが重たく見えないポイント。

【足元別】靴でガラッと印象チェンジコーデ集

靴が変わるだけでコーデ全体の印象も大きく変わるもの。コーデメイクに困ったら、足元からスタイリングしていくのもアリ。気分やシーンに合わせて、さまざまな靴を使い分けてみて。

スニーカー

▼肌見せ×スニーカーでヘルシーに

肌見せ×スニーカーでヘルシーに

白ノースリーブにネイビーデニムのタイトスカートを合わせた大人カジュアルコーデ。トップスに明るい色をもってくると、上半身に視線がいくためスタイルアップ! ノースリーブのラインとタイトスカートで縦ラインも強調できるので、より美人に。

▼カジュアルコーデはライトカラーでかわいく

カジュアルコーデはライトカラーでかわいく

キャップ、ボディバッグ、スニーカーのカジュアル「3種の神器」をそろえたコーデは、ライトカラーを取り入れてキュートさをプラス。ラフになりすぎず、女性らしさも忘れないスタイルに。

パンプス

▼黒ストッキングを合わせて上品に

黒ストッキングを合わせて上品に

すっと背筋の伸びるヒール高めのパンプスには、黒ストッキングを合わせてエレガントさアップ。ボーダーTシャツを合わせれば、ちょっと華やかなカジュアルコーデの完成。

▼オフィスにも使えそうなきれいめコーデ

オフィスにも使えそうなきれいめコーデ

ネイビーとオフホワイトで作った、フェミニンながらも落ち着いたきれいめスタイリング。シンプルなアイテムでそろえることで、オフィス使いもできるマルチなコーデに。

サンダル

▼「ちょっとそこまで」楽ちんコーデ

「ちょっとそこまで」楽ちんコーデ

Tシャツとスカートで、近所へのちょっとした外出にピッタリのシンプルコーデに。厚底のサンダルとかごバッグで季節感をプラスして、ちょっとした遊び心を加えて。

▼さわやかマリン風スタイル

さわやかマリン風スタイル

細ボーダーとロングスカートでお手軽マリン風コーデ。肌見せを抑えつつボディラインを隠したスタイリングで、年齢を選ばない装いに。

ブーツ

▼ブーツとタイツであったか冬コーデ

ブーツとタイツであったか冬コーデ

アイボリーも、コーデを明るくしてくれる優秀カラー。ネイビータイトスカートを明るく飾ってくれます。だた、膨張色でもあるので着ぶくれには注意。こちらのコーデでは、グレーのストールで首元を引き締めて上半身もすっきり見え。

▼印象を変えるカーディガン

印象を変えるカーディガン

ネイビータイトスカートに黒のリブニットを合わせたコーデには、淡いベージュのニットカーディガンを羽織って全体をトーンアップ! カーディガンのフロントから見えるインナーがIラインを作ってくれるので、スタイルアップ効果も抜群。

【春夏】コーデ例

薄着になる春夏は、ネイビータイトスカートコーデが重くなる心配はないけれど、季節感を漂わせたり清涼感を演出したりするために、明るいカラーを上手に使いたい。スタイルアップにも効果的なので、ぜひマスターして。

デニムジャケットは小物で差をつける

デニムジャケットは小物で差をつける

ネイビータイトスカートを使ったワントーンコーデに、デニムジャケットをON。バッグとスニーカーで白を投入することで、一気にコーデが明るい印象にシフト。ネイビー×白は、清涼感も演出できる春夏にピッタリの色合わせ。

Tシャツはカラーを合わせて統一感を

Tシャツはカラーを合わせて統一感を

ネイビータイトスカートを、Tシャツとスニーカーの白で挟んだコーデ。バッグとピアスをグリーンで統一したのがポイント。コーデに使う色を3色以内にまとめると、こなれたオシャレが叶う!

ゆったりシルエットで優しい印象に

ゆったりシルエットで優しい印象に

袖のフレアが特徴的なリネン素材のTシャツを、スカートにブラウジングしてラフに着こなして。ふんわり優しいシルエットのスタイリングを、スポーツサンダルでかっこよくまとめて。

ビッグTシャツを使った個性派コーデ

ビッグTシャツを使った個性派コーデ

透け感のある上品なスカートに、ラフなビッグロゴTシャツを合わせた異色のスタイリング。トップスの裾をあえてインせず、ふんわり着ることで抜け感をメイク。

【秋冬】コーデ例

秋冬は、ボリューミーな素材やダークカラーでコーデが暗くなりがち……。ネイビータイトスカートをおしゃれに着回すために、明るい色のトップスを活用したり、コーデに奥行きを作ることを意識したりすれば、100倍かわいくなる!

カットソーはゆるピタで好バランスに

カットソーはゆるピタで好バランスに

ほどよいゆるっとシルエットのブラウンカットソーに、ネイビータイトスカートを合わせたコーデ。トップスのゆったり感とスカートのタイトシルエットのメリハリが、コーデをおしゃれにランクアップ!

ネルシャツをかっこよく

ネルシャツをかっこよく

落ち着いた色合いのネイビーは、柄物アイテムも難なく受け止めてくれる。グリーンのチェックシャツ×ネイビータイトスカートのダークカラーコーデは、首元と手首の素肌見せで抜け感を作ると軽く仕上がります。白小物もブラッシュアップのポイント。

鮮やかな赤をメインに

鮮やかな赤をメインに

鮮やかな赤ニット×ネイビータイトスカートのコーデ。パッと目を惹くカラートップスは、視線を上げてくれるのでスタイルアップにお役立ち。ボトムスが落ち着いたネイビーだからこそ、気兼ねなく派手色が楽しめます。

デニムジャケットはアレンジを加えて

デニムジャケットはアレンジを加えて

ネイビーのデニムジャケット×ネイビータイトスカートのワントーンコーデには、白のダウンベストを重ねてコーデに抑揚を。立体感が生まれ、奥行きたっぷりな上に、白の明るさで抜け感もONできる!

【年代別】おすすめコーデを厳選

最後に、ネイビータイトスカートの年代別コーデ例をご紹介。アイテム使いはもちろん、コーデの雰囲気やカラーリングなど、ぜひ着こなしの参考にしてみてください。

20代

▼パンチの効いた個性派コーデ

パンチの効いた個性派コーデ

ポップなアーガイルカーディガンに、大胆なフロントスリット入りのショートパンツつきスカートで攻めに攻めた個性派コーデ。ポップでカジュアルな遊び心満載のスタイリングを楽しんで。

30代

▼シンプルイズベスト

シンプルイズベスト

Tシャツ×デニムスカートのザ・シンプルコーデ。気負わない、ほどよいラフさで大人の余裕を醸し出して。小物やシューズにも気を抜かないのが大人女子流のオシャレテク。

40代

▼ゆったりだけれど、かっこよく

ゆったりだけれど、かっこよく

大人の女性にこそ試してほしいタイトデニムスカートのカジュアルコーデ。シルエットこそ緩やかだけれど、白いトップスとネイビースカートのコントラストが、洗練されたかっこよさを引き出してくれます。

他の「タイトスカート」関連記事もCheck!

▼タイトスカートお手本コーデ35選

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW