HOROSCOPE

12月23日〜1月5日のいて座の満月占い

2018/12/23

ヴィーナスマイの新月・満月占い。月に2回、新月、満月に寄せて女神のメッセージをお届けします。12月23日に迎えるかに座の満月、その時期のいて座の運勢はどうなる?

深いデトックスが起きるサイクル

前回のいて座の新月は、男性からの愛を実感するというサイクルだったけれど、今度訪れるかに座の満月は、母性に満ちた癒しのエネルギーを受け取る時間よ。2018年最後の満月。この1年の深い浄化が起きるときだわ。

かに座の満月がやってくるのは12月23日。といっても2:30だからほぼ、22日の深夜と言えるわね。そしてその22日とは冬至の日。1年で最も夜が長い節目の日なの。

最も夜が長い=最も暗闇にいる時間が長い。冬至も大きな運気の切り替えのとき。自分の奥底があぶり出され、「心の暗闇」を見るときよ。激しいデトックスも起きやすいから、ここ数日、体調を崩した人も多いのではないかしら。

そもそも、かに座の満月はデトックスに最適な満月。かに座の守護星は月なので、ダブルの月のパワーになること。そして、水の星座だから癒しのパワーを持っていること。さらには、かに座そのもののキーワードが、母のように包みこむ愛と受容。そのすべてが、暗闇を照らし、傷を治し、浄化を促進してくれるの。

愛に頑張った自分を褒めてあげて

そんな満月と冬至がほぼ同時にやってくる今。まさに2018年の締めくくりにふさわしい、癒しのサイクルにしていただきたいわ。この1年間、頑張ってきた自分を、褒めて、癒して、包んであげましょう。

2018年も、あなたは十分に愛に向き合い、その試練に立ち向かい、そして努力を重ねてきたのではないかしら。

シングルの人は、恋人がいないことへの不安に陥ったかもしれないし、片思いの人は苦しく切ない思いに駆られたことでしょう。カップルの人は、互いを信頼し愛し続ける難しさを知り、お別れを選んだ人は、大きな勇気を振りしぼった。
結婚や出産というステージに進んだ人さえも、その覚悟の大きさは半端のないものだったはず。

それでも、みんな、夜空に燦然と輝く満月のように、愛に希望を見出すことも忘れなかった。

許すことが真の愛を生む

そうやって頑張ってきた2018年のすべてを認め、褒め称えてあげるとき。優しくあなたを包み込むかに座のエネルギーの前で、もう、肩肘張って頑張る必要はないわ。母親の前で泣き出す子供のように、1年間我慢した思いもなにもかも、すべて吐き出してしまって。あらゆる感情を解放して、心の浄化をしていきましょう。たとえ暗闇のような思いだって、もう怖がることはないわ。

そして同時に男性たちに対しても、すべてを許し、包んであげて。彼らもあなたと同じように、必死に愛の試練に立ち向かい、傷ついて、頑張ってきたのだから。

あなたがあなた自身の母親のように、自分のすべてを受け入れる。そして相手のすべてを受け入れる。「許す」ことから愛は始まっていくわ。大きな解放とともに、また素晴らしい1年がやってきますように!

【官能ムーンアクション】

思い切り、泣いて、泣いて、そして笑って。溜め込んだ感情を一気に解放するように、このサイクルは「泣く」ことを自分に許してあげましょう。それは恥ずかしいことでも、子供っぽいことでもなんでもないわ。泣くべき時にちゃんと泣けるのは、気持ちがヘルシーな証拠。

感動の映画やドラマ、漫画や音楽…どんな方法でも構わないから、心のデトックスのつもりでとことん泣いてみて。この1年を通して、本当は泣きたかったのに泣けなかった…という思いを抱えている人なら、なおさらよ。

大泣きした次の日にまぶたが腫れないように、決して瞼をゴシゴシこすらないでね。実際の涙だけじゃなく、ツヤ感アイシャドウで濡れたような目を演出するのもありだわ。形から入って、泣きたい気持ちへと引っ張ることもできるから。

同時にPC画面やスマホなどで疲れ果てた目を休めるのも、やっておいていただきたいこと。温かいアイマスクで緊張を緩め、いつでも素直に泣ける準備をしておいて。散々泣いた後には、思い切り笑えるようになる。そうして、新しい年が、やってくるわ。

【かに座の満月のオススメ官能シネマ】 『ラブ・アクチュアリー』

今回ご紹介するのは、この季節になると見返したくなる名作。すっかりクリスマスの定番となった『ラブ・アクチュアリー』よ。ヒュー・グラント演じる英国首相の不器用な恋を筆頭に、いくつもの家族やカップルのエピソードが連なるオムニバス映画。

アラン・リックマン、コリン・ファースなど豪華出演陣が恋に翻弄される姿がキュートね。すごく好きという思いも、すごく切ないという思いも、恋をした時に感じられるあらゆる想いがつまっていて、ひとつひとつのエピソードに胸がきゅんとするわ。イギリス人らしいウィットに富んだ会話や展開もおしゃれ。エロティックではなく、ロマンティックでハートフルな映画だけれど、あらゆる感情を感じられるという意味では、実に「官能的」な映画。

個人的には、キーラ・ナイトレイが演じる新婚カップルとその友人のエピソードがとても好き。見る人それぞれで、お気に入りのエピソードがあるんじゃないかしら。クリスマス、大好きな人と一緒に観ながら、あなたの中に溢れる幸福な愛を感じていきましょう。

12月23日から1月5日のいて座の満月占い

このサイクルのいて座さんを待っているのは、ミステリアスでロマンティックな夜。2018年の締めくくり、そして2019年の始まりは、なんとも言えない官能的な雰囲気になりそうよ。恋人がいてもいなくても、メンズと触れ合う時間が増えて、彼らに癒しを与えてあげられそう。もちろんあなたも、メンズから癒しを受け取ることでしょう。

濃厚な愛の時間を過ごすには、環境設定がかなり大事。香りや音楽、デートするお店に至るまで、ムードづくりを意識して過ごすといいわ。特にあなたの身だしなみには気をつけて。男性から見て、手元は思っている以上に目立つもの。キラキラした細かいラメ入りのトップコートで、爪を美しく輝かせると、彼らへの癒し効果が高まるわ。

1月1日に火星がおひつじ座入りしてからは、情熱的な恋がボルテージアップ。5日、水星のサポートで金運が上昇。余裕が出る分だけ、自分の美しさへと投資をして。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW