shutterstock.com
LIFE STYLE

恥ずかしすぎる…!「夜の営みの赤っ恥体験」5選

2019/03/20

そろそろエッチの予感……! 交際してしばらくすると、いざというときに備えてこっそり準備している女性は少なくないはずです。
でも、いざ本番を迎えたとき、思わぬハプニングに巻き込まれてしまうことも……。
そこで今回は、20~30代独身女性を対象に「セックス」に関するアンケートを実施! 今だから言える「赤っ恥セックス体験」を大暴露してもらいましたよ。

(1)いつもと匂いが違うと言われた

「デートの前日、友達と一緒に韓国料理を食べに行ったからかな? 彼氏とエッチしているとき、“口臭? アソコ? いつもより匂いがキツイ”とダメ出しされたときは、恥ずかしすぎてプレイを中断した」(27歳/事務)

どんなに下着やファッションが決まっていても、体臭がキツイとセックスが台無しに……。
彼氏から「いつもより匂う」なんて突っ込まれたら、逃げ出したくなるほど恥ずかしいですよね。デートの前日は、口臭やアソコの匂いがキツくなりやすいニンニク料理や肉料理は避けておきましょう。

(2)ムダ毛処理が甘かった

「いつもはお風呂に入ったときにムダ毛処理をしているんだけど、その日は疲れていたからうっかり忘れてしまって……。エッチのときに“チクチクする”、“ないわぁ~”と顔をスリスリされてイジられた。女性としてありえない!」(28歳/金融)

入念にお手入れしているつもりでも、エッチのときにムダ毛の剃り残しがあってガッカリ。彼氏に指摘されて思わず赤面する女性は少なくありません。
特にデリケートゾーンは自己処理が難しく、肌トラブルの原因にも……。思い切ってサロン脱毛で全身つるすべ美肌を手に入れるのもアリかもしれませんね。

(3)挿入中に大きなオナラが…

「お腹の調子が悪いけど誘われたから断れなくてエッチをしたら、急に腹痛に襲われて……。我慢しながらプレイを続行していたら、特大のオナラが出てしまった。音はもちろん、匂いも強烈で、その日は彼の顔をまともに見られなかった」(26歳/販売)

生理現象だから仕方ないとはいえ、やっぱり大好きな彼氏の前ではオナラを避けたいもの。しかも、よりによってベッドインしているときに大物が出てしまうとは……。
体調の優れないときは無理に彼のお誘いに付き合うのではなく、「今日はやめておこう」と断る勇気も必要ですよ。

(4)挿入したのに気が付かなかった

「彼氏と初エッチの日。ドキドキしながらも愛撫に酔いしれていたら、いつの間にか彼が挿入していてフィニッシュ! あれ? いつの間に……? 思わず“挿れたの?”と突っ込みを入れてしまうほど。小さすぎて指だと思っていたのが、彼のアソコだった」(28歳/経理)

今回のアンケートで意外と多かったのがコレ! 彼のアソコが小さすぎていつ挿入したのか分からず、思わず「早く挿れて」とおねだりしてしまった女性もいるようです。
初めてのときはお互いに分からないことばかり。うっかり発言で相手を傷つけてしまうこともあるので、控え目に振る舞うのがベストですよ。

(5)彼のベッドを汚してしまった

「プレイに夢中になっていたら、思いのほかベッドが汚れていて……。終わったあとに彼が“マジかよ!”と機嫌が悪くなるほど、シーツが濡れていた。恥ずかしさと申し訳ない気持ちでいっぱいになった」(30歳/保険)

大好きな彼とのエッチを堪能しすぎて、大きな声を出し過ぎたり、ベッドを汚してしまったり……。プレイが終わってから辺りを見回したら「血まみれになっていた」なんてケースもあるようです。
確かにこれは恥ずかしいというよりも汚してしまったショックと申し訳なさの方が大きいかもしれませんね。

大好きな相手だからこそ「見られたくない」「指摘されたくない」ことがたくさん。
うっかり恥をかかないためには、予期せぬハプニングに備えて日ごろから身も心も整えておくことが大切です。
あなたは今までにどんな赤っ恥を経験したことがありますか? 

Editor:mook

他の記事もCheck!

▼本当に好き?交際後すぐにシたがる男性心理とは

▼忘れられない…♡人生最高の「夜の営み」って?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE