shutterstock.com
LIFE STYLE

愛情が恐怖に…私が出会ったストーカー男5つ

2019/03/20

お互いに納得してサヨナラしたはずなのに、やっぱり元恋人のことを忘れられなくて、こっそりSNSをチェックしてしまった経験はありませんか?
「よくないのは分かっているけど、つい気になって……」
「これってもしかして、ネットストーカーかも!?」
そこで今回は、20~30代独身女性を対象に「ストーカー」に関するアンケートを実施! 実際にあった怖いストーカーエピソードを大暴露してもらいました。

(1)誕生日にポストを開けたら…

「別れてから初めて迎えた誕生日。郵便ポストを開けたら、枯れたバラ1輪と元カレの変わり果てた姿を映した証明写真が……。下手に連絡を取ったら思うツボだし、怖くなってすぐに引っ越した」(29歳/金融)

結婚まで考えていた彼氏との別れ。もう二度と交わることはないと心に決めていただけに、こんなアプローチをされたらゾッとしてしまいますよね。
復縁を望んでいるなら素直に気持ちをぶつけてくれたらいいのに……。彼女に振られたことをまだ恨んでいるようですね。この女性はすぐに引っ越しをして、携帯電話も解約したそうです。

(2)SNSを更新してすぐに…

「友達と一緒に遊んだ写真をSNSにアップした瞬間、元カレから“いいね!”がついたときは背筋がゾッとした。私、ネット上で監視されてるんだって……」(28歳/IT)

どうしても忘れられない元恋人の存在。男性も心に棲みついた元カノとの思い出をリセットできないと、つい周りが見えなくなってしまうようですね。
それにしても更新後すぐに「いいね!」やコメントが付くと、いつも監視されているような感じがして怖いかも……。

(3)偶然を装って…

「いつも決まった曜日・時間帯に来るお客さんがいたから顔馴染みになっていたんだけど、最近ちょっと怖くて……。仕事終わりに店の前で待ちぶせをされたり、駅のホームで偶然を装って近づいてくる。今まで仕事の一環だと思って笑顔で対応していたけど、そろそろ潮時かな」(27歳/販売)

接客業をしていると、お客さんに勘違いされてしまうケースが多いといいます。“店員とお客さん”という立場を崩さないよう愛想を振りまいているだけなのに、男性に気を持たせてしまうなんて……。
外に出たら他人のフリをすればいいとはいえ、ここまで待ち伏せされると対応に困ってしまいますよね。この女性は思い切って転職を決意したそうですよ。

(4)1回だけカラダの関係になった男が…

「彼氏との付き合いに魔が差して1回だけカラダだけの関係を持ったんだけど、その相手がかなり厄介な男だったらしくて……。彼氏とデートしているとき、後ろから付けてきて同じ店に入ってきたり、隣の席に座って食事をとってきたり。気分が悪くて吐きそうになった」(28歳/秘書)

彼氏という大切な存在がありながら、他の男性とカラダの関係を持ってしまった悲劇がコレ!
あなたは“遊び”のつもりでも、相手の男性を本気モードにしてしまうこともあります。面倒なトラブルに巻き込まれて、本当に大切な人を失わないようにくれぐれもご注意を……。

(5)家の場所を教えた覚えがないのに…

「まだお付き合いしてない男性といい雰囲気だったとき。突然彼から夜中に“家の近くにいるんだけど、ちょっと会えない?”とLINEが来てゾッとした。まだ家の場所を教えていないのに、家の目の前にいた彼……。一体どうやって私の家を突き止めたの?」(30歳/保険)

今回のアンケートで多かったのが、「住所を教えていないはずの男性が家に訪ねてきた」でした。こっそり後をつけてきたことがあるのか、どこかで住所を調べたのか……。まだ家に招いたことのない男性が突然現れたら、嬉しいどころか「ストーカー気質」を疑ってしまいますね。

ストーカーは愛情の裏返し。恋多きアラサー女性にとって、この恐怖は常に背中合わせなのです。一度は心通った仲、これから恋に進展するはずだった相手、まったくその気のなかった男性……。
あなたのちょっとした振る舞いが原因で相手の男性をストーカーにしてしまうこともあるので、軽率な発言には十分気を付けましょう。

Editor:mook

他の記事もCheck!

▼男性の夜のお誘いをスマートにかわすテクとは?

▼一人暮らしの防犯チェックポイントって?

▼夫が不倫…と思ったら勘違い!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW