FASHION

ネイビースカートで上品カジュアルに【厳選コーデ18】

2018/12/20

どんなトップスと合わせても、きちんと感あるコーデになる安定感が魅力のネイビースカート。しかし、一方で、コーデが地味になってしまう・・・という声も。
ここでは、ネイビーのスカートとトップスの色の合わせから、ジャケット&スニーカーとのコーデ方法まで解説します。

ネイビースカートに合わせる「トップス」は?

ネイビーはダークカラーなので、白やライトグレーといった明るいカラーとは、比較的簡単に合わせることができます。反対に同じダークカラーを合わせると、重くて暗いコーデになりやすくなります。素材や小物で軽さを出したり、明るい差し色を加えたり、コーデ全体のバランスを調整しましょう。

「秋冬」コーデ

ベージュカーディガン×ネイビーロングスカート

コーデの半分以上を占めるネイビーのロングスカートは、ライトカラーのトップスを合わせて軽さを出すのが正解。肌の色に近いベージュなら、垢抜けた印象に仕上がります。

ネイビーのセットアップ

ネイビーとダークカラーの組み合わせは、色によっては不調和を起こす場合がありますが、同じ素材のセットアップなら色合わせも安心。ニット素材のセットアップは、重たくなりやすいので、明るいオレンジのバッグで差し色を。

黒ライダース×ネイビーフレアスカート

黒×ネイビーのダークカラー同士のコーデも、フレアスカートの軽やかな生地感で重すぎることなくマッチ。ストールとバッグで白を効かせることで、ハード過ぎない垢抜けたコーデに。

赤ニット×デニムタイトスカート

女っぷりを上げる鮮やかな赤ニットは、インディゴデニムのタイトスカートでカジュアルダウンすると、程よいフェミニンコーデに。上下のコントラストが大胆な分、グレー・ベージュなど色を抑えた靴・小物で仕上げて。

白ニット×ネイビーフレアスカート

白×ネイビーは、失敗知らずの安定の組み合わせ。ケーブル編みニットとリブスカート、素材に表情のあるもの同士を合わせて、奥行きのあるコーデに。

春夏」コーデ

明るいカラーが多くなる春夏は、ダークなネイビースカートを、トップスの肌見せ具合やカラー使いで、いかに軽く見せるかがポイント。白やライトグレー以外にも、イエローやグリーン、オレンジといったビタミンカラーと合わせてみるのも、春夏らしくて好印象。

イエローTシャツ×ネイビータイトスカート

コーデュロイのタイトスカートには、ビタミンカラーのイエローのワッフルTシャツを合わせて春夏らしいヘルシーなカジュアルコーデに。旬なキャップはスカートと同系色にすることで、派手すぎないクールさをキープ。

ネイビーノースリーブトップス×ネイビーフレアスカート

バックにかけて丈が長くなったラウンドヘムのフレアスカートは、存在感ある一枚。ネイビーのノースリーブトップスなら、トップスがコンパクトにまとまり、春夏らしい軽さも演出。プリント柄で顔周りも明るく華やかに。

グリーンニット×ネイビーフレアスカート

着映えするエメラルドグリーンのニットは、きちんと感あるネイビーのフレアスカートでオフィス仕様に。クラシカルなミニハンドバッグ、シルバーのポインテッドトゥパンプスと、大人のきれいめ小物を効かせて。

白フレンチスリーブトップス×ネイビーフレアスカート

白×ネイビーは、春夏に映える爽やかな組み合わせ。フレンチスリーブのトップスなら、白Tシャツよりもフェミニンな印象に。巾着バッグとクロスデザインのビーチサンダルが、ナチュラルムードをキープしつつ程よいアクセントに。

ブラウンブラウス×ネイビーフレアスカート

ブラウン×ネイビーは大人の落ち着きを感じる組み合わせ。ただし、ダークカラー同士だと重くなるので、ライトブラウンのブラウスくらいの軽さが、春夏には丁度いい。落ち着きあるカラー同士なら、キュートなデザインで遊んでみるのもgood!

「スニーカー(コンバース)」の合わせ方

カジュアルダウンコーデに欠かせないスニーカー。数あるスニーカーの中でも、定番のコンバースなら主張しすぎず、足元をシャープに見せてくれます。
ネイビースカートには、秋冬は黒系コンバース、春夏は白系コンバースと、まずは鉄板な組み合わせで、スニーカー(コンバース)とのコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか?

「秋冬」コーデ

黒コンバース×デニムスカート

ブラウンのざっくりニット×インディゴデニムスカートの秋冬らしいカジュアルコーデ。デニムとベストな相性の黒のコンバースで引き締めて。持ち手がファーのカゴバッグが、重く見えがちなニットスタイルに、軽やかさを与えます。

黒コンバース×デニムジャンパースカート

体のラインに沿ったステッチ使いとフィット&フレアシルエットが、フェミニンなデニムジャンパースカート。黒のコンバースにすることで、リラックス感あるコーデに。さりげなく合わせた上質レザーバッグで品よく仕上げて。

「春夏」コーデ

白コンバース×ネイビーサテンスカート

Tシャツと白のコンバースは、春夏カジュアルの必須アイテム。ブラウンカラーのTシャツと光沢あるサテン素材のネイビースカートが、大人コーデに引き上げているポイント。

白コンバース×ネイビーサテンスカート

上下ネイビーのコーデは、小物で白を加えることで爽やかな夏カジュアルに。服がダークな分、キャップ・バッグ・スニーカーの、それぞれのデザインが引き立ちます。

「ジャケット」の合わせ方

デニムジャケットやレザージャケットといったカジュアルなジャケットは、きちんと感あるネイビーのスカートを、こなれ感ある着こなしにしてくれます。
ただ、カジュアルジャケットと合わせる時こそ、手抜きコーデに見えないよう、着こなし方や小物使いと細部まで気を使いたい。

デニムジャケット

同じブルー系に属するデニムジャケットとネイビーのスカートは、スタイリングがまとまる好相性な組み合わせ。レースのタイトスカートに合わせて、フェミニンなカジュアルダウンコーデに。ショートブーツと合わせた黒レザーのミニショルダーで、辛口にまとめて。

レザージャケット

重量感あるライダースジャケットを合わせる時は、プリーツスカートやフレアシルエットのスカートと合わせると、フェミニンかつ軽やかな着こなしになります。グレー・ネイビー・ベージュ・黒の4色を使った巧みな配色と小物使いが目を引く上級者コーデ。

コーデュロイジャケット

ほっこり感あるコーデュロイジャケットは、同素材・同色のタイトスカートと合わせることで、まとまりが生まれます。ネイビー・ブラウンと2色に絞ったことで、洗練されたカジュアルコーデに。

ボアジャケット

ボアジャケットは、ネイビースカートのまじめさを和らげてくれるアイテム。えり抜きでゆるく羽織るくらいがちょうどいい。足元は、フォルムの美しいパンプスで、大人っぽく仕上げて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW