HOROSCOPE

ヴィーナスマイの2019年上半期占いおとめ座〜

2018/12/15

新月満月占いでお馴染みのヴィーナスマイが、2019年の上半期のメッセージをお伝えします。気になるおとめ座の2019年の運勢は?

2019年の上半期全体運

自分のパワーを取り戻す、開放的で自由な時間

2019年、すべての人に大きな鏡が渡されるわ。そこに写ってるのは、本当のあなた。今まで見たこともないぐらいポジティブでパワフルで美しい、真実のあなたのソウルの姿よ。自由な改革の空気に満ちた1年。すべてのスケールを広げていける、開放的な時間がきたの。

いて座の木星、やぎ座の土星、うお座の海王星と、3つの星が守るべき星座の元に滞在している2019年。大きな星が安定しているからか、とても自由で守られている空気があるわ。だからこそ、何にも邪魔されず、本来の自分の姿を思い出せる。かつての自分は幻で、これから拡大していく自分のほうが、本物よ。スケールの大きなことを考えた方が運気が動く時。グローバルな話題には目を配っておきましょう。深遠で本格的なスピリチュアルの世界への興味も大きく広がるときね。だれもが「学ぶ」ことの尊さに気がついていくでしょう。

3月6日に、おうし座へと移動する天王星の動きは、上半期のキーポイント。ここから金融業界に動きがある予感。電子マネーや仮想通貨など、新時代のお金の感覚は加速しそう。キャッシュレスが当たり前、な時代はすぐそこね。ボディへの意識も大きく変わってくる流れ。新感覚のエクササイズが増えるわ。肉体を改造する、というより、本来のあなたのソウルにふさわしい肉体へと合わせていく感覚ね。

地の星座に星が集まる2月、特に20日のおとめ座の満月付近は、アイデアを形にしやすい時。 今までの行動の結果も受け取れるでしょう。3月はバタバタと星が動く慌ただしい運気。体調管理に気をつけて。 春分と満月と重なる3月21日、もう一度新年をやり直すような、時間の切り替わりを感じるはず。デトックスに最適よ。4月11日から木星、25日から冥王星、30日から土星が逆行開始。大きなことをしようとすればするほど、スローペースにはなるわ。確実に土台を築いたほうがジャンプは高くなるもの。焦らずゆっくり前進を。

鏡が手渡されたこの半年、新しく拡大する自分のイメージと、過去の自分とのギャップが生まれるかもしれない。でも、自由と開放の空気に身を任せていたら、過去にとらわれるのがバカバカしくなるわ。どんなことが起きたとしても、ポジティブでい続けることがとても助けになるサイクル。自分の軸から離れずに、おおらかに人生を満喫して。

おとめ座の全体運

美しく咲くための、準備はちゃんとできている?

凛として高貴なその姿にふさわしく、薔薇は育てるのがなかなか難しいお花よ。水やりはもちろん、適切な土の入れ替えや、剪定、病気の保護…何かと手間がかかる箱入り娘。でもそうやって手塩にかけるからこそ、咲いたときの喜びと美しさは格別ね。

たくさんの品種の中から、あなただけの薔薇を咲かせるために。2019年、おとめ座さんは様々な準備を整えることになるわ。実際に大輪の花が咲くのは2020年のこと。でも小さな花を咲かせたり、新しい土を実験してみたり。2019年はトライ&エラーを繰り返せる時間なの。


薔薇が美しく咲くために、最も大切なのは土台となる“土”。硬すぎたりやわらかすぎたり、栄養過多でもいけないわ。おとめ座さんにとっても、基盤や土台となる場所が、やわらかすぎず、厳しすぎず、いちばん居心地よい状態にすることが最優先。お家の環境はどうかしら? 職場の環境はどうかしら? 人間関係、インテリア、街の様子など、すべてに至るまで心地よくなければ、あなたの花は咲かせられないわ。


雑草をひとつひとつ抜くように丁寧に、あなたの中で心地がよくないと感じているものを整理していきましょう。たとえば、好みじゃないけれど義理で使っているアイテム。オフィスのドレスコード対策のために、そろえたお洋服。興味がないけれど、なんとなく続けている仕事。不満もないけれど、ときめきもない恋人関係。…それ、本当に今のあなたに必要かしら?? 思いきって、捨てるものは捨てても構わないのよ。薔薇の枝だって、ひとつを大きく咲かせるために、他の古いものを切ることもある。勇気を出して切ることが、やがて大きな実りになるの。


「あの美しい薔薇を咲かせたい!」というように、目標を高く設定すると、今の選択が楽になるはずよ。こんな家に住みたい、こんな人と付き合いたい、こんな仕事をしてみたい、という具合に、イメージボードをつくってみるといいんじゃないかしら。天王星がおうし座へと移動する3月6日以降、ちょっと面白い目標を掲げられそうだわ。今まで思いついたことはないけれど、やってみたいとワクワクするような新しい目標。そのためだったら、捨てられるものがありそうね。戻って1月から2月は、捨てるべきものより「これが欲しかった!」という望みを思い出せそうなとき。特に2月20日の「おとめ座の満月」は、本当の望みを口に出せるタイミングよ。4月からは腰を据えて整理整頓にとりかかることになるでしょう。転職などの大きな決断は、下半期に持ち越す人が多そうね。


育てるプロセスに妥協を許さないからこそ、薔薇は気高く美しい花を咲かせることができる。あなたも同じ。「なんとなく」でごまかしていることは、もういらないわ。でも急いで捨てる前に、どれほど自分が「なんとなく」を許していたかを気がつくことも必要なの。そして、なぜそれを許していたかもね。本来のおとめ座さんは、隅々に至るまで自分の美意識を張り巡らせたいこだわり派。もし、妥協をしていたとするならば、誰か他の人の意見や想いを優先していたからじゃないかしら。


あなたにとって、本当に居心地のいい場所は、あなたしかつくることはできないの。そして、あなたが整えた場所に、ふさわしい人や幸運が集まってくるのよ。その素敵な器の中に、いらないものを入れているなんてもったいない! 大輪の花が咲くまでに、まだ時間はたっぷりあるわ。ひとつひとつ必要なプロセスを重ねて、その時に備えましょう。

おとめ座の恋愛運

本当の言葉を、恐れず正しく伝えて

あなたらしい意見を言うことを、恐れないようにしましょう。恋において、相手の反応を気遣って、本当のことをオブラートに包んでいる人は案外多いわ。とはいえ、本音をそのまま伝えることがいいわけでもない。それは感情をぶつけているだけで、子供がヒステリーを起こすようなものよ。ここで言う意見とは、理路整然としたあなたの考え。なんとなく同調したり、空気を読んで黙ったりする必要はないということなの。飲み込んだ言葉や妥協した頷きは、重ねるほどにあなたの恋を居心地悪いものにしてしまうわ。意見に賛成されても反対されても構わない。話が合うことがポイントではなくて、話をできることに意味があるのよ。

ローズカラーのリップやチークを身につけると、やわらかく意見を伝えられるはず。1月と2月に情熱的に盛り上がって以降、上半期の恋は落ち着く様子。大人の恋を育てるときね。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW