shutterstock.com
LIFE STYLE

ふとした瞬間に…♡男が彼女に愛おしさを感じる瞬間5つ

2019/01/11

大好きな人と付き合えたなら、それは幸せなこと。
でも、そこがゴールではないですよね?
自分のことをもっともっと好きになってもらいたいはず。彼は、普段の仕草や行動もよく見ているので、そういったところも気に掛けたいところ。
では、男性が彼女に愛おしさを感じる瞬間とは……?

(1)無邪気に喜んでる

「彼女とデートしていて、ゲームセンターに入ったんですね。そこでUFOキャッチャーをやったんです。有名なキャラクターのぬいぐるみがあって、それを獲ろうとしてたんです。

すると意外にも、二回目であっさり獲れたので、それを彼女に“はい”って渡したんです。そうしたら、めちゃめちゃ喜んでる。

実は彼女はそのキャラクターが大好きだったみたい。でも、それを言ったら、俺が意地になりかねないと思って言わなかったんだと。無邪気に喜んでる姿が可愛かった……」(31歳/金融)

感情を露わにして、無邪気に喜んでいる姿というのは、まるで子どものよう。
屈託のない笑顔に癒され、愛おしいと感じるんですね。

(2)涙目だけど泣かない

「以前、仕事の都合で、彼女と半年間ほど遠距離の時期がありました。その間は、一ヶ月に一回ぐらいしか会えないんです。だからすごく貴重な時間でした。

最後はいつも、駅の改札で別れていました。そのとき、彼女が泣きそうな顔になるんです。涙目だけど、それを一生懸命に堪えてる。そんな表情見せられたら、人目があろうが何だろうが、抱きしめちゃいますよね」(33歳/公務員)

感情を露わにするのではなく、逆に堪えようとする姿は、男性の目に意地らしく映ります。
守ってあげたい……そんな庇護欲を掻き立てる効果があります。

(3)なんでも美味しそうに食べる

「僕は食べ放題のお店が大好きで、ひとりでもたまに行くんです。まったく高級感のない、焼肉とか寿司とか、ケーキとか、いろんなメニューがあるお店です。その話を彼女にしたら、“行きたい”って言うんですよ。

でもね。家族連れが多くて、まったくオシャレじゃない。大丈夫かな……ってちょっと心配だったんです。ところが、彼女がすごい楽しそうにしている。お肉やお寿司を頬張って、“美味しい!”って喜んでるんですよ。可愛くて仕方なかったなぁ」(30歳/販売)

彼女も、雰囲気で食事を味わうタイプだったんでしょう。なんでも美味しそうに食べている姿は、好感が持てます。
それに、味覚が同じというのは、一緒にいて苦にならない大事な要素です。

(4)無防備な姿を晒す

「彼女とまだ付き合って間もないころ。一緒にベッドに入るんだけど、彼女がなかなか寝ないんですよ。俺よりもあとに寝て、朝は先に起きてる。寝顔を見せてくれなかったんですよね。

三ヶ月くらいしたときでした。二人でソファで並んでテレビを見てたら、彼女がウトウトし始めたんです。そのうち、スヤスヤ寝息を立て始めました。ようやく寝顔を見せてくれました。愛おしかったです」(30歳/IT)

寝顔など、無防備な姿を晒すというのは、相手に心を許している証拠です。
すぐに晒すのではなく、引っ張って引っ張って……といったところが良かったんでしょう。無防備な姿といっても、裸で歩き回るような状況を望んでいるわけではないのでご注意を。

(5)やきもちを焼く

「友だちと飲みに行く約束をしている日でした。そのことは彼女にも伝えてあったんのですが、詳しいことは話していませんでした。夜に予定があるということで、彼女とは一緒にランチをしていました。

そのときに、夜の予定について詳しく伝えたんです。名目は、昔からの女友だちの誕生日会。友だちだし、別に大丈夫だろう……と思ってたんですけどね。彼女が急に不機嫌に……。そして、“いいなぁその人、祝ってもらえて……”と呟いた。

完全にやきもちを焼いていましたね。その姿が愛おしくて、飲み会に行きたくなくなりました」(34歳/建築)

やきもちを焼いて、すねたり、ふくれっ面になったりするような姿は、やはり子どものようで可愛らしい。
自分への愛情も伝わってきて、愛おしく感じます。あまり嫉妬の感情が強いと引かれてしまうので、そこは気を付けたいところです。

こうやって、愛おしさを積み重ねていくことで、二人の関係は強固なものになっていきます。
なので、付き合った時点で満足していてはいけません。愛おしいと思われるような仕草や行動を、日ごろから心掛けていきましょう。

Editor:Annu Ooki

他の記事もCheck!

▼彼が「俺の彼女最高!」と感じる瞬間って?

▼忙しいカップルが上手に付き合うコツって?

▼彼女の「おはよう」LINEにキュン♡

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW