shutterstock.com
LIFE STYLE

正直こわい…男に逃げられる「婚活アピール」5つ

2019/03/20

「結婚したい」と本気で考えているときは、ちゃんとアピールをすることももちろん大切です。
ただ、間違ったアピールややりすぎなアピールをしてしまうと、逆効果になってしまうことも大いにあり得ます。
そこで今回は、男に逃げられてしまう「婚活アピール」を紹介します。

(1)あからさまに「女子力アピール」をする

「女子力を磨くのは素晴らしいことだと思うけど、あからさまにアピールをされると、なんか魂胆みたいなものが見えちゃう気がして引いてしまう」(32歳/男性/イベント制作)

女子力が高い女性は男性からの好感度も高いでしょうし、奥さんにするのにも最高の相手であるでしょう。
ただ、「料理できるアピール」や「掃除好きアピール」、「子ども好きアピール」などをあからさまにされると、「結婚をしたい」という思いが強すぎるように感じるもの。
いつもの素の自分を見せる感じでさりげなくアピールすることを心がけないと、男性には引かれてしまうだけですよ。

(2)「スペック」ばかりを探る

「年収とか学歴とか家族構成といったことをズケズケと聞かれると、なんだか俺の人間性とかは全く見てくれていないように感じる」(29歳/男性/営業)

結婚相手のスペックを重要視するのは当然のこと。これからずっと人生を共に生きていく相手なので、いい条件かどうかを見極めるのはとても大事です。
とはいえ、スペックを探るようなことばかりをしていたら、男性から嫌悪感を抱かれるのも当たり前のことです。

結婚を真剣に考えていることを伝えるためとはいえ、「年収は?」「貯金は?」「両親は何をしているの?」などとストレートに条件面への質問をされたら、男性は査定されているかのような嫌な気分になるはずですよ。

(3)「結婚したら○○したい」と言いすぎる

「結婚したい気持ちはわかるけど、口を開けば結婚のことしか話さないような女性は、やっぱりちょっと重すぎて無理かな」(30歳/男性/広告代理店)

「結婚したら年に2回は家族旅行に行きたい」「結婚したらインテリアに凝った家に住みたい」。
婚活中には、そういった結婚後の憧れや希望を多く語ったりもするでしょう。でも、まだ付き合ってもいない女性からいきなりそんな結婚後の話ばかりをされたりしたら、男性は腰が引けてしまうもの。

将来の話などになったときに、ちょっとした憧れや理想を語るのであれば可愛らしくも感じられますが、常に口を開けば「結婚したら……」という言葉が出るような状態になると、さすがに男性は逃げていくはずですよ。

(4)「仕事辞めたいアピール」をする

「結婚をしたあとに仕事はする気はないと遠回しに言われてしまうと、ちょっと結婚をする勇気はなくなってしまいますね」(33歳/男性/IT)

「仕事疲れちゃったな」とか「子どもができたらできるだけ一緒にいてあげたい」といったアピールは、男性には重荷にもなるもの。
もちろん結婚をしたら一家の大黒柱になるという思いはあるでしょうが、結婚前から「仕事辞めたいアピール」をされると、やはりハードルは一気に上がります。

結婚後の仕事をどうするかというのは、付き合っていく中でふたりで話し合ったりして決めていくことがベストの形であるはずですよ。

(5)「奥さん気取り」な行動を取る

「頼んでもいないのに、会社に俺の分までお弁当を作ってこようとした女性がいて、あれには本気で引いちゃいましたね」(31歳/男性/商社)

「婚活アピール」とは、自分は奥さんにするのにふさわしい女性であるというのをアピールすることでもあります。
でも、いきなり奥さん気取りな行動を取ったりすると、さすがにドン引きされるだけ。

料理を作りに行ったり、部屋を掃除したり、体調管理をしようとしたりするのは、喜ばれるどころか鬱陶しく思われる危険性も高いので、くれぐれも頼まれてもいないのに勝手に行うことだけはやめるようにしましょう。

「婚活アピール」は一歩間違えると、男性から引かれてしまう危険性も秘めています。
それでは結婚が遠のくことにもなりかねないので、過度な言動にだけはとにかく気をつけてくださいね。

Editor:mook

他の記事もCheck!

▼彼氏を「ダメ男」にするNG行動って?

▼彼がマリッジブルーになるNG行動って?

▼言っちゃダメ!男性が実は傷ついている言葉

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW